タクシー転職ガイド 高収入で好条件の求人

やる気があればでも大丈夫です!
待遇もよく高収入稼げます

本気で頑張りたいあなたのために
実際のお仕事や口コミ評判をご案内しています。

稼げるタクシーの仕事

転職をお考えですか?東京のタクシードライバーには実際に年収800万円以上の人もいます。600万円くらいなら努力次第でどなたでも可能です。高年収目指して頑張ってみませんか。

実は今、歩合給でしっかりと稼げるということでこの仕事「タクシードライバー」がとても人気です。 ホワイトカラーでいわゆるデスクワークのサラリーマンの年収が下がり続けています。この先も給料が上がる見込みのない方は多いのではないのでしょうか。
そういった背景もあり、高収入を目的としてタクシー会社の求人に積極的に応募する人が増えています。このサイトを見て、一度、タクシードライバーでしっかり稼ぐことについても考えてみませんか。 未経験から年齢も性別も関係なく女性も活躍しているので、高収入の仕事に転職をお考えの方には非常に魅力があるはずです。

タクシードライバーの業務は、運転してお客様を目的地まで連れて行き、その運賃を貰うことです。 お客様を乗せて車を運転する事はとても大変なことです。
どんな遠くの目的地にでも連れて行く必要が有りますし、拘束時間も長く、大変な業務と感じることもあるかもしれません。 しかし、沢山の方々が非常にやりがいを感じて、タクシーの仕事に取り組んでいることも事実なのです。 時には道路を走り、駅前を待機したり、電話で連絡を受けたりして営業しています。タクシードライバーに転職する前に実際のことをもっとよく知っておきたいですね。

魅力的な会社が多数あり

タクシードライバーはただ運転していればいいだけでは有りません。 様々な道を知っているも大切ですし、しっかりと安全運転を身に付けることも大切です。単純にただ入ればいいというわけにはいきません。 最近は、接客や営業も非常に大切になってきました。特にタクシー会社同士の競争が激しい東京においては非常に重要です。 お客様に名刺を渡し、必要なときには連絡をしてもらうことでお客様を確保するのもタクシードライバーの大切な業務なのです。

タクシードライバーは実際になろうと思えば誰でもなれる職業かもしれません。 しかし、想像以上に忙しくハードなのですが、その分待遇もよく収入も恵まれているので最近は中高年だけでなく女性や若い人にも人気があります。 東京では、普通にやっていれば年収500万円は稼げます。そして、年収600万円以上を稼ぐ人もかなりいるようです。努力次第ではそれほど難しくはないのです。

そして、タクシー会社には未経験からの転職でも充実した研修がある場合が多く、必要な資格取得も支援してもらえるので安心して取り組むことができます。

タクシードライバーの仕事を真剣に考えてみたい方は、タクシー専門求人サイト「タクQ」が便利です。

真剣に考えたらタクQ

タクシードライバーへの転職を真剣に考えたらタクシー求人サイトの【タクQ】をおすすめしています。 こちらでは、無料転職相談のためにフリーダイヤルがありタクシー業界を熟知したスタッフがご希望に合った会社をご案内しています。 フリーダイヤル、メールで受け付けているのでこの職業について考えてみたいのであれば気軽に連絡してみるとよいでしょう。
高歩合、最低給与保障、寮完備などお望みの条件をお伝えください。東京都でもっともふさわしいタクシー会社の優良な案件が見つかります。 また、入社の決まった人には入社祝い金を地方から面接に来る人には旅費を支給しています。とても人気があり、お得なサービス満載です。 それから、入社が決まったら稼ぎ方も指南してくれるようです。転職してタクシーでしっかりと頑張って稼ぎたいという人は、迷わず使ってみましょう。

タクシー会社に転職した後のアフターフォローが実は非常に重要です。その点については、タクQは、本当にバッチリであるといえます。しかも、利用料は一切かからないので安心ですね。 求人を探すとなるとあれこれ悩むことが多く、人生において非常に重要な分岐点となります。後で、失敗したということにならないためにもタクシー業界の求人をよく知るアドバイザーは必要です。 転職するならフリーダイヤルにて一度、ためしに電話して相談してみましょう。なんでも教えてくれますよ。

タクQ
タクQはこちらから

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。

魅力的な求人に応募

イメージ
まず最初にすることは

タクシードライバーになるためには、まずは出ている案件から会社を選んで入社しなくてはなりません。ご自分のご希望にあった条件で選ぶことが大事です。 その次に必要な資格を取らなければなりません。具体的には、第二種自動運転免許が必要になります。ほとんどのタクシー会社では、入社した後に取得させてくれるので心配はいりません。どういった資格なのか、どのようにして取得するのか、こちらで解説しています。まずはお読みください。

応募について知識&情報

地域の情報について

イメージ

タクシードライバーになるといっても、地域によって道などが大きく異なるため、その地域ごとに必要な技能や知識などが求められます。
もっとも人気の東京都でのタクシー会社の求人案件についてご案内します。

基本の知識

イメージ

実際に転職してタクシーの仕事に就くにはどうすればよいのかをかしっかりと知っておいてください。

メリットとデメリットは

イメージ

もし、タクシードライバーに転職したらメリットもありますが、もちろんデメリットも存在します。 その二つを比べてみて、メリットが勝つようならば大いに検討してみてもよいでしょう。

会社の情報について

イメージ

タクシー会社はかなりの数がありますので、もし入るならどこを目指すのか迷ってしまうかと思います。そんな時は、職場環境を見比べましょう。

知っておきたいこと

タクシードライバーの転職を考える時 高校や大学を卒業後に新入社員として企業の一員であるサラリーマンとなる、そして大過なくそのまま勤め上げて、年功序列でそれなりのポジション、役職になって定年退社を迎える。
一昔前なら当たり前だったこの光景は、バブルが膨らみ弾けて飛んでしまった後に追従するように崩壊して、リストラだ、社内いじめで自主退職に追い込まれる、最悪は勤務先が倒産して職場を失ってしまうなど、のんびりと構えていられない状況をつくりだしています。 同時にスキルアップすることによって自分自身に付加価値を付けて、さらなる職場、自分を活かしてくれる企業を探す、「そのために転職をする」タクシードライバーになりたい人はそういった人も増えてきています。

しかしながら、そんな自分に自信を持てる人はごくわずかで、多くは半ば不本意で次の職場を探すのです。サラリーマンにとって企業戦士という言葉は既に死後ですが、それでも家族がいる以上、収入を得て食べて行かなければいけないのです。 そしてそんな中高年の人たちには新たな仕事として、タクシードライバーの業務に人気が出てきています。

収入はどのくらいなのか

転職に際して新しい仕事として考える時、大切なのは収入になります。ではタクシードライバーの月収はどのくらいかというと、東京都では平均して月に30万円前後、年収が400万円ほどになりますから、一般的と言えるでしょう。 これは、稼動日数の少ない定時制の人も含まれていますから、フル稼働している人だけなら年収500万円は超えています。なので、タクシードライバーは少し頑張れば年収600万円は普通に稼げるのです。 ですから、未経験から初めて年齢も関係なくサラリーマンよりも稼げるのです。これが、本当の魅力です。

もっともタクシードライバーの給与は歩合制を取り入れていることが多く、稼いでいない方ももちろんいますが、その人たちは最初からあまり稼ぐ気がない人や、年金受給しながらの定時制の人であることが多いです。 意欲的に頑張る人は皆稼ぐことができる魅力のある仕事なのです。

仕事内容を知りましょう

では、タクシードライバーに転職する前にこの業務がどういったものかというと、多くのタクシー会社で昼勤、夜筋、隔日勤務の三つに分けられていて、最近主流になってきているのが隔日勤務です。これは18時間労働、内3時間は休憩時間になっているので正確には15時間勤務をして、翌日は休み、さらに週に1回公休が入るというシステムが多くなっています。
まず、タクシー運転手の勤務時間が18時間という長期となること大変と思われるかもしれませんが、サラリーマンの場合は休憩を入れても9時間労働が基本なので、翌日は休みとはいえ倍の業務時間になります。 しかし、仮眠時間や休憩時間も含まれています。きっちりと休憩を取らないといけないのです。

さらにサービス業でもあり、時にはいやなお客様の態度に耐えなければいけないのです。これはタクシードライバーだけではなく、他のサービス業も同様のことが言えますが、車内という密室で一対一になってしまうので、増長するお客さまも中にはいるのです。
こういった相手を上手くさばく必要はありますが、最近はタクシー会社もしっかり対策しています。ドライブレコーダーがあるので、へんなことをするお客さんはほとんどなくなっています。転職において不安もあるかもしれませんが、この点は安心と言えます。

夢とメリットがあります

転職する不安は確かにあるかと思います。しかし、タクシーの乗客は決して嫌な相手ばかりではなく、むしろそちらの方が極めて少数で、ほとんどの方は、きちんとした方で普通に意志が通じますし、感謝されて嬉しくなるといったこともあります。 また厳しい世の中ですが、タクシーの仕事は営業努力が実を結べば収入アップにつながりますので、積極的に働く意欲にも繋がって行きます。
さらに定年後に、平均年収が1000万円を超えるという個人タクシーを行う、そういった選択肢も生まれてくるので、年金が不安な今、さまざまな面から考えてこの業界を選ぶ人が増えています。

業界の最新情報

ご利用者の需要

タクシーは、公共の交通機関が発達していて車を持つ必要がない都会で住んでいる人も気軽な足代わりとして、雨が降った際や素早く移動する際には利用しているようです。
中にはマイカーを持ったりレンタカーを借りて出かけるなど、とにかく運転免許証を持っている人も多いのですが。

交通機関が発達していない地方ならなおさら免許を取得しておく必要があり、車がないと買い物や病院にも行けないから車が生活必需品というところもたくさんあります。
こんな車社会の日本ですが、高齢化が進み車の運転が危険になるという人や、飲酒をすれば運転ができないという法律の改正などで利用者からの需要がますます増えています。 しかしタクシー業界ではドライバーが不足しているので、どの会社も異業種からも募集している昨今です。

この仕事の希望者が増えてます

そんな中、サラリーマン生活や他の仕事をしていた人が辞めてタクシードライバーに転職したいというケースも少なくありません。長年勤めてきた勤め先を何らかの理由で退職し、次に何の職に転職して就こうかかと考えた時に、もともと車の運転が好きでいつも車で遠方にも出かけるから、お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら好きな運転をして収入を得たいから、自分の頑張りが収入に反映する、体が続く限り続けられるなどの理由でこの仕事を希望する人も少なくはないのです。

指示を守って上司に気を使って仕事をする毎日よりも、自分の工夫次第でより多くのお客さんを乗せて、しかも好きな運転をして収入を得るというこの職タクシードライバーに憧れる人は、特に今まで会社勤めを長年してきた40代、50代など中高年の人に多く見られます。気が付いている人には本当に良い転職となるのです。

転職が成功するためには

タクシードライバーの不足で転職希望者を必要としている業界ですが、実際には希望が多いことから採用の際の面接が厳しいところも中にはあります。 退職理由を聞かれその質問に対して面接官が納得できる説明をきちんとすることができるかどうかが大きなポイントとなります。 内容によっては、転職して入社してもまたすぐにやめるのではないかと考えられるので、タクシー会社の責任ばかりにしたり、「もっと本人の努力が必要だったのではないか」「本当に辞めるしかなかったのか」という印象を持たれるようなら入社が難しい場合もあります。

また、経験がある場合で他のからの移籍という場合には、横のつながりが深い業界のため、さらに以前の退職理由を厳しく問われることもあります。 また、なぜこの仕事を選んだのか、転職するにあたっての心構えや目標を明確にできることも大切です。

そして実際にタクシー会社に入社をしたもののすぐにやめてしまうというケースも多く見られます。思っていたより顧客がなく収入が少ないとか、やっぱり自分は向いていないのではないかと感じたり、雰囲気が合わないなどが原因となってやめていくケースです。 そのようにタクシー会社の採用時の面接で通らなかったり、入社後にやめたくなるなどなく成功に導くためには、長年勤めていた仕事をなぜやめなければならなかったかを、会社や他の社員の責任にすることなく、自分自身が向上するためであることをしっかりと明確に面接官に伝えることや、事前にしっかりホームページで調べたり説明会に入ったりすることで他社とも比較したり、タクシー会社の勤務体系や先輩の声などを見聞きしてどのような中身かを知っておき、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

成功のポイントのまとめ

タクシードライバーへの転職を成功するためのポイントのまとめとしては、前の会社を辞めた理由が明確で納得してもらえるものであること、また入社後の仕事への意欲と目標を明確にすること、そしてタクシー会社選びの段階で自分に合った内容であるかどうかをしっかり見極めることが大切です。

実際の応募の流れ

必要な知識

タクシードライバーに転職するにあたって大切なのは円満退職をすることや求人を確認することですが、タイミングがとても重要で会社が募集をしていないタイミングで活動をしても面接を受けることが難しい場合もあります。
目指すためには実際に入社するまでのスケジュールを計画してタイミングよく円満退職をして転職することが一番大切です。

タクシー業界について

円満退職をしてタクシードライバーを目指すためにはどのような勤務体系で仕事をしているのか知ることが重要です。 給与体系に関する情報などを集めることで給与の相場がある程度理解できるので、タクシー会社1社だけの情報を集めるのではなく複数の情報を集めるようにしてください。

様々な業者を比較して一番自分の希望に近いタクシー会社を選ばなければなりませんが、面接を受けても条件が合わない場合は不合格になることがあるので、その場合にはもう一度スケジュールを立て直して連絡をすることが重要です。
やみくもに様々なタクシー会社に連絡をするのではなく、転職にあたっては自分にあったところだけを選んで業界に入ることが大切です。

応募するための基礎知識

タクシードライバーに限らず、転職においては求人情報を見つけてから実際に応募をすると履歴書だけではなく、職務経歴書を作成しなければならないので、履歴書はなるべく手書きで記入して、職務経歴書はパソコンで作成しても問題ありません。一部のタクシー会社では指定された用紙で履歴書などを作成しなければならないので、事前に募集要項などを確認して必要な場合には指定された用紙に記入をします。

履歴書には学歴や職歴の他にも志望動機などを書かなければならないのですが、タクシー会社でも空白が多いと仕事に対する意欲が低いと見なされるので空白がないように埋めることが大切で、間違えた場合には修正液を使わずに新しい用紙に記入をし直すのが一般的です。また職務経歴書は時系列で作成するのが一般的なのですが、簡潔にまとめて2枚程度にすると印象が良くなります。

ドライバーになるためのポイント

面接を受けると必ずそのタクシー会社を転職先として選んだ理由を問われるのですが、必ず質問される項目なので事前に回答を準備しておくことが重要で、準備をしないで転職活動をしても希望のタクシー会社には入ることはできません。またネガティブな内容を説明する場合には言葉を選んであまりネガティブな印象を与えないように話す必要があります。
言葉の選び方を間違えてしまうと印象が悪くなることがあるのでイントネーションや声の明るさなどにも気を使って話をする必要があります。

空白期間がある場合には正直に理由を説明する必要はありますが、全てを語る必要はないので、知られても問題のない範囲で説明をする能力が必要になります。タクシー会社を転職を考える場合には必ずきっかけとなる理由があるので、それを十分に説明できるように何度も家で練習をして転職活動をすると希望の会社に合格しやすくなります。
緊張しやすい場合などには実際の会場を思い浮かべながら練習をすることが効果的で、最終的にはコミュニケーション能力の差が合否を分けるので、しっかりと目線を上にあげてポジティブな印象を持たれるように努力をすることで、合格する可能性を高めることができます。
社会人を経験しているので、人事担当者がどのような気持ちで質問をしているのかしっかりと理解をすることができるので、意に沿った回答をして無駄のない時間を過ごすことが大切で、履歴や職務に関する質問で時間をとられて、自分の意志を相手に伝えることができないことがないように事前に十分な準備をして当日に望むことが大切です。
面接についてもわからないことがあれば、タクシー業界でもっとも評判の良い求人サイト「タクQ」に聞いてしまうのが早いでしょう。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

タクシー求人サイト「タクQ」についてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計45万円です。