副業による勤務について

タクシー副業

例えば、週末の土日だけ副業としてタクシードライバーとして働きたいという方もいるかもしれません。アルバイトのような形でタクシードライバーとしての仕事をして副収入を得たいという方は思っている以上に多いものです。基本的にタクシードライバーの仕事というのは、正社員か定時制での雇用となります。つまり、週末の土日だけといった限定的な雇用というのは、基本的に難しいのです。大手のタクシー会社であればあるほど、難しくなると考えていいでしょう。

 

ただ、最近ではタクシードライバーとは別に本業を持っている方がタクシードライバーとして副収入を得たいというケースは増えているようです。そのため、こういった限定的な雇用に対応してくれるタクシー会社もあるにはあります。しかしながら、かなりのレアケースとなりますので、一般的な求人情報誌や求人情報サイトに記載されていることはまずないでしょう。

 

では、どのようにして限定的な雇用を目指していけばいいのでしょうか?結論から言ってしまうと、タクシー会社1社1社に打診していくことになります。言うまでもありませんが、かなりの時間と労力がかかるでしょう。こういったときには、「タクQ」のようなタクシー転職サイトに相談したほうがいいです。タクQであれば就職相談窓口がありますし、そこで副業のような形でタクシードライバーとして働きたいという旨を伝えればタクQのほうで希望に合ったタクシー会社を見つけ出してくれるでしょう。

 

消費税の増税もありますし、不景気で本業として働いている会社での昇給も期待できないという方は多いかと思います。タクシードライバーというのは頑張ればしっかりと稼げる魅力的な仕事でもあります。タクQのほうではやる気のある方を応援してくれるので、タクシードライバーという働き方に魅力を感じているのであれば一度相談しておくといいでしょう。新しい道を示してくれるかもしれません。

 

一方で、タクシードライバーを本業にして副業をしたいという方もいるでしょう。タクシードライバーというのは歩合となる部分も大きいため、毎月給料が一定というわけではありません。稼ぎがいいときもあれば、当然、逆のときも出てくるでしょう。稼ぎがあまりよろしくないときというのは、やはり休みを利用して副業をしたいと考えてしまうものです。実際に副業で収入が少しでもプラスとなれば、生活も安定しやすくなってくるでしょう。

 

タクシードライバーの勤務形態は、12日働いて18日休暇を取るといった隔日勤務が多くなります。タクシードライバーは月間13乗務までと決まっていますので、それ以上勤務することは基本的にないと考えていいでしょう。もちろん、その分、1回の出勤でかなりの時間働くことになるのですが、それでも一般的なサラリーマンと比べると休日は多くなります。1日働けば翌日は必ず休みがもらえますし、その他にも公休日がありますので、休みが多くなるのは当然とも言えるでしょう。

 

タクシードライバーであれば、月に17日から20日ほどが休日となりますので、この休みをうまく活用していけば副業というのは十分に可能なのです。ありがたいことに、就業規則で副業を禁止していないタクシー会社というのは思っている以上に多いものです。ただ、 副業自体はOKでも運転に関する仕事は禁止となっていることもありますので、そのあたりは事前にしっかりと確認をしておきたいところです。

 

タクシー会社で運転に関する仕事が禁止されていないのであれば、やはり運転関連の副業がタクシードライバーには向いていると言えるでしょう。タクシードライバーというのは言うまでもなく、運転スキルが求められます。運転関連の副業であれば、その運転スキルをそのまま活かしていくことができるのです。持っているスキルをそのまま活かせるというのは、やはり便利なものです。

 

例えば、お中元やお歳暮などの時期になると宅配業者は忙しくなりますので、こういった時期を狙って配送のアルバイトをすることもできるでしょう。実際に配送のアルバイトをしているというタクシードライバーも多いようです。役員運転手の仕事というのもひとつの選択肢になってきます。役員運転手は決まった相手を乗せる仕事になりますので、不特定多数を相手にするタクシードライバーよりも気が楽だという方も少なくありません。深夜に走るようなことはあまりありませんし、そういった部分でも魅力を感じられるかもしれません。

 

スキルが活かせる運転関連の副業なのですが、就業規則で運転関連の副業が禁止されていると他の副業を考えなければいけません。もちろん、タクシードライバーで考えられる運転関連以外の副業というのはいろいろあります。例えば、洗車代行のアルバイトです。洗車代行というのは、他の方が使用したタクシーを代行して洗うことです。1台につきだいたい1000円ほどだと言われていますが、慣れてくると1時間で数台洗うことも十分に可能です。洗車が好きな方には最高の副業でしょう。

 

あとは、タクシードライバーならではの土地勘を活かす副業として自動販売機設置場所探しというものが挙げられます。自動販売機を置いて収入が見込めそうな場所を見つけて報告するというものなのですが、場所によっては1件で2万円から5万円ほどの報酬になることもあります。タクシードライバーとして勤務しているといろいろなところを見て回ることになりますので、タクシードライバーとしての経験も活かすことができる副業と言えるでしょう。

 

東京のタクシードライバーであれば、年収は400万円以上だと言われています。一般的なサラリーマンと比べると少なく感じるかもしれませんが、おそらく実際にはもっと稼いでいるでしょう。つまり、タクシードライバーというのは思っている以上に稼ぐことのできる仕事なのです。そこに副業をプラスしていけば、もっと多くの収入を手に入れることができるでしょう。正直なところ、今の日本では年金なども期待できませんし、自分で将来に備えるしかないのです。

 

ありがたいことに、タクシードライバーというのは副業がしやすい勤務体系となっています。自由になる時間も多いです。副業が禁止されていないのであれば、これ以上副業のしやすい仕事はないでしょう。最初からタクシードライバーと同時に副業も考えているという方であれば、タクQのようなタクシー転職サイトで相談しておくといいでしょう。そのあたりも踏まえて、アドバイスをしてくれるはずです。

 

ただし、副業がOKなタクシー会社に勤務することになっても、本業であるタクシードライバーの仕事に影響がない範囲で副業をおこなうようにしましょう。副業で収入がプラスになるからと休みをすべて副業に費やすようなことをしていると、いつか絶対に心身に問題が発生してくるはずです。働いたら休むというのは自然の摂理でもありますので、副業ですべての休みをつぶすことなく、しっかりと心身を休ませる時間を確保するようにしましょう。
それでなくともタクシードライバーというのは人の命を乗せる仕事でもあるのです。副業のせいでタクシードライバーの仕事に影響が出て、事故などを起こしてしまうといったことは絶対に避けなければいけません。休みというのは自分のためだけではなく、お客様のためにも必要なことなのです。

 

副業による勤務について


入社祝い金 業界最大 合計で40万円!

タクシー転職サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。



タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。