タクシー乗務員の年収 東京での転職ガイド

やる気があればでも大丈夫です!
待遇もよく高収入稼げます

本気でタクシー乗務員として頑張りたいあなたに
実際のお仕事についてわかりやすくご案内しています。

実際のタクシー乗務員の稼ぎとは

就職や転職を考える時にもっとも気になるのはやはり収入、給料ひとことでいうと年収の数字になるはずです。確かに好きなもの、やりがいのある仕事というのは素晴らしいものですが、人はそれだけでは生きていくことができないのです。特に家族がいて養わなければいけない時には、自分のことを後回しにしてでも割の良い仕事を見付けたいと思うのが普通のことになります。そして仕事というのは実は続けていれば、考え方次第でいくらでも楽しくなったり、やりがいを見つけることができますが、収入に関してはどれだけ頑張っても難しいというのが現状です。 それでは最近になって就職先、さらには転職先として人気のあるタクシードライバーの年収や平均月収はどうなっているのでしょうか。この業界というのは低収入だということを耳にしますが、同時に働き方次第ではかなりの高収入だという話も聞きます。同じ業界で矛盾が生じている、ここをしっかりと知っておくことで、就職先として考えるポイントになるのでチェックが必要になります。

一般的な稼ぎ

それではタクシードライバーの平均的な年収が幾らかというと、430万円前後といったところになります。これを12ヶ月で割れば平均月収は35万円強となって、それなりに高く感じられるかもしれないです。もっともボーナスや賞与といったものも含まれているので、だいたいは30万前後となって、一般の中小企業のサラリーマンと同じくらいと考えた方がいいでしょう。 しかしながらこの年収の平均というのが曲者で、タクシー業界というのはどこもだいたいは給料に歩合制を取り入れているところが多く、自分の努力次第で収入をアップさせることができるのです。それゆえ平均というのは上から下までを合わせて割ったものなので、参考になるようでならないというのがこの業界の収入なのです。ただし基本給は最低限のものが保証されているので、売り上げが悪くともゼロになったりはしないので安心してください。

しっかり高年収稼げます

この仕事魅力は何と言っても自分の頑張りが給料に繋がるところにあって、一般的な平均月収は中小企業のサラリーマンと同等でも、営業努力を重ねていけばかなり高収入を得ることができるのです。 タクシー業界に限りませんが、現在、ドライバーの多くが実は60才以上で中には年金をもらっていて仕事をセーブしている人もいて、タクシーを求めている乗客に対して、動けるドライバーの数が少ないというのが現状だったりするのです。すなわちこの部分を自分が頑張れば、より効率よくお客様を乗せることによって収入をアップさせることもできるのです。ある意味ではとても分かりやすく、それゆえ努力の甲斐があるとも言えるのです。

先を見据えて仕事を考える

現在の日本は観光地化が進んでいて、さらに2020年には東京オリンピックを控えているので、これからさらに需要は高まると考えられます。観光客にとっては金銭よりも時間の方がずっと大切になっていて、特に都内は電車で回るよりもタクシーをチャーターした方が楽な場合もあります。そういった面を考えるとドライバーの仕事の需要も高まってきますし、今から道を覚える、観光名所を学ぶなど、自分自身のスキルを高めることによって、お客様から求められるドライバーになることができます。気に入られると指名されることもあり、これによってお客様を探す無駄な時間が省けますし、中には長距離を頼んでくる人もいます。 こういった意味で、タクシードライバーの平均収入は一般的ですが、自分自身の努力によって、いくらでも高収入にすることができる職業でもあるのです。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

実際に働くとなると

タクシードライバーは、早朝から翌朝までと一回の勤務時間が長いのですが、その分休みも十分とれます。また日勤だけするという勤務形態もあったりして選ぶことができます。さらに定年が65歳から70歳くらいと長く働けるので、サラリーマンとして企業で働いてきた人が定年退職後に転職先として選ぶことも多いです。実際タクシー業界で働く人の平均年齢は56.8歳と全業種の平均より10歳も上回っています。定年になってからも、もともと車を運転することや他の人とのコミュニケーションを取ることが好きなら応募できる仕事です。

人材不足?」

しかしここ近年の不況で、タクシー業界もなかなか年収が少ないといわれ、人材不足に陥っているので、なかなか若い人の応募がないのが事実です。成人の大多数の人が車の免許を取得していて実際に自分の車を乗っているのでお金を支払って利用するという人は少なくなったことは否めませんが、地方で公共機関が発達していない地域では、車は生活必需品ですが、全員が乗れるとも限らず、運転できる方がもしいなくなればタクシーに頼らざるを得なくなります。今後ますます高齢化社会となっていくので、そのような人も増加することでしょう。 また都会でも通勤などは公共機関を利用する人が多く、都心に勤務していても自宅は駅から遠いところという人も少なくはないので、その人たちがバスに乗り遅れた時や始発や終電に間に合わない時などに利用することもあるでしょう。さらに飲酒運転に罰を課すようになったので飲みに行くときは利用するということもあります。このように需要があるにもかかわらず、ドライバーの希望者が少ないことや体調を壊したり、年収が希望に合わなかったりしてやめていく人も多いためタクシー業界は人材不足に陥っているのです。 「努力次第で頑張れる仕事」このように需要があるのですが、低い固定給に歩合制をとっているところが多いので、稼げないのではないかということで希望者が少ないのですが、実際に若いドライバーでも年収800万円というほど稼げる人もいるのです。収入のほとんどが歩合制なので、お客さんをうまく乗せられずにいれば収入は低くなってしまいますが高い収入を得ている人は自分なりに調査をして効率よくお客さんを乗せているのです。 場所と時間と人の流れについて研究をし、どこに利用者がいるのかを考えて動くことが大切です。たとえばイベントの情報などを知り、それが終わるころを待つとか、深夜バスの到着時間をチェックして停留所近くで待つとか、ホテルのチェックアウトの時間を待つなどあらかじめ情報を仕入れたり、できるだけ長距離のお客さんがいそうなところを調べておくなどの研究をすることによって、どんどんお客さんが利用してくれるようになり稼げるようになるのです。

ベンチャー志向の若者におススメ

タクシードライバーはその会社の従業員でありながら自営業のような要素もあり、自分の努力次第で稼げるようになるので、ベンチャー志向の人にはとても面白い業種ではないでしょうか。特に最近の若者はベンチャー志向が強い人も多く、自分で起業をしようとする人も少なくありません。 そんなときはおススメの業種です。 車を持っている人が多くて稼げないのではないかと考える前に、利用者が増えるように研究をし、実際にその場所に出向くなど工夫と努力次第では、稼げないことなどないのです。自分のアイデアと努力で収入が違うということはまさにベンチャー志向の若者の気持ちと一致していることです。 今後ますます高齢化社会になるにつれ利用者は増える見込みがあるので、ドライバーはおすすめの業種です。

収入アップを目指そう

タクシードライバーの給料は平均すると月に30万円といったところで、これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれです。ただしバブル崩壊後の平均所得から考えると、平均、もしくは少し上といったものになります。もっとも年齢や年季にもよりますし、歩合制の部分もあるので、稼いでいる人はもっと多くなっています。 それではどのくらいまで目指せるのかといえば、月収50万円は可能となっています。子の額なら高収入と言えるでしょうし、特に女性にとってが魅力があると思われます。タクシードライバーというのは男女平等、むしろ女性の方が同性からの望みもあって需要が高くなっていて、稼ぐことも可能となってくるのです。 それではどうしたら月収50万円を目指せるのか、稼ぐことができるのかを考えてみましょう。

空き時間をつくらないこと

タクシーでお金を稼ぐというのは、客を見付けて乗せることになります。そしてタクシーは街中を流して客を探すことが多く、そもそも人はいたるところにいるのです。それを考えればすぐに仕事につながるような気もしますが、残念ながらそういうわけでもないのです。あくまで求めている人を見付けることが重要で、探している間も時間は刻々と過ぎていき、無駄となっているのです。 稼げる人は客を見付けるのが上手く、それが積もり重なって売り上げに繋がって行くのです。しかしタクシーは同じ、外側からではドライバーが誰であるかは分からず、基本的に立場は同じになります。それではその差はどこから生まれるのか、その違いを知ることが大切なのです。

客数をあげるために

まずは売り上げがあまり上がらない人の場合ですが、いつも同じ場所でお客様を乗せているからです。何時のも場所としてあげられるのがタクシー乗り場、他にそれぞれ縄張りが漠然と決まっていて、ポイントを知っているのです。しかしながらお客様を乗せる、そして目的地に運ぶ、その後に同じいつもの場所に戻る、これが問題なのです。これは決して悪いことではないのですが、最後のいつもの場所に戻る、これが無駄になってしまうのです。 そう、稼げる人はお客様を目的地で降ろした後、すぐに最も近いポイントを探し出してそこに向かいお客様を乗せるのです。とにかく客を乗せて回転数をあげる、これが重要になってくるのです。お客様というのはタクシー乗り場に並ぶものと考えるかもしれませんが、実際にドライバー業務をしていればそういうケースだけではないことを知っているはずです。そういったポイントをおさえておくことも重要です。 またリピーターを作っておくことも大切で、車内で会話などをして気に入られると、営業所に指名が入ることがあります。もしもその人物が日常的に使ってくれるのなら、長距離を望んでくれるなら、これほどありがたいものもないです。そのためにも日頃からサービスに徹すること、好まれるドライバーであることが大切です。

好まれるドライバーになろう

収入アップの道はとにかく無駄な時間を浸からないこと、タクシーに常に客を乗せていることが大切です。そしてお客様から好まれること、リピーターになってくれると指名がかかるので、自分からお客様を探す手間が省けますし、長距離になれば売り上げもアップします。 そのために必要なのは学ぶことで、道を知っておく、お客様の多い場所を探す、そういった地味な努力が必要となります。また常に最上のサービスを行うこと、丁寧な運転やトークが大切になります。女性でも月収50万円を目指すことができますので、是非ともこれらを参考にしてチャレンジしてみてください。

仕事や年収を比較

仕事内容と収入が釣り合っているのはどちらか 近年、会社勤めをしてきたサラリーマンがタクシードライバーに転職することが多くなっています。その理由としてリストラや会社の倒産などのマイナスの場合は他に選択肢がないということで疑問はありませんが、それなりの役職について、収入も一定の額をもらっているにも関わらず、転職を実行する人も多くなっています。 その理由として仕事の時間と収入を比較して、損をしていると考えるサラリーマンが増えてきていることがあげられます。昔は一度入社したら定年まで勤めるというのが基本でしたが、最近は自分の働き方は自分で選ぶ人が増えていて、そのために転職は普通のことになっています。 しかしながら本当にタクシードライバーというのは仕事内容と休み、さらに年収のバランスがとれているのでしょうか、一般的なサラリーマンと比較してみると分かりやすいはずです。

一般的な年収を比較してみる 現在、一般的な役職についていない中小企業の会社員の年収は500万円前後になっています。ただし40代までを見れば、400万円になっていればいい方で、それ以下というのもかなり多くなっています。それではタクシードライバーはどうかというと、実はほとんど変わらないものだったりします。ただしタクシーの場合は個人差が一般的な会社員よりも大きくなっていて、それは会社のシステムにあるのです。 だいたいのタクシー会社は基本給に歩合制を取り入れていて、営業の成績次第で収入アップを見込めるのです。これは会社員も営業などに配置されていれば同じようなものかもしれませんが、事務仕事などにはつかないものですし、一般企業の営業で成績をあげるのは至難の業となっているのです。それゆえドライバーによってはかなりの高収入を得ている人もいて、そういったケースを見て転職を考える人が多くいるのです。

仕事時間と休みを考えてみる そして働くにあたって大切なのは公休で、最近の会社員は週休二日制を導入しているところも多いですが、中には一日といったところもあります。対してタクシー業界の場合は、最近は隔日勤務が主流になってきて、月に17〜18日間が休日となっています。多すぎると思われるでしょうが、一度の勤務時間が18時間と普通の会社員の倍なので、次の日に休みになるのは当たり前のことです。ただし連続18時間ですが、3時間は休憩にあてられるので正確には15時間勤務となり、会社員より少しだけ短いと考えられるかもしれないです。 仕事の内容に関してはどちらが楽で、どちらが簡単ということはないですが、タクシードライバーのメリットとしては自分のペースで行えるというものがあって、最低の基本給を守るか、頑張り次第で収入をアップさせるかはそれぞれの自由になります。

どちらが得であるのか こういったことからサラリーマンとタクシードライバーの収入や仕事の内容というのは実は比べることが難しいものであり、結果としてはその人に合っているかどうかというのがもっとも大きなポイントになってきます。収入に関しては歩合制のウエイトが大きいので、自分で頑張らない限り上がりませんが、会社員の場合はまだまだ一部には年功序列の制度が残っているところもあり、ほどほどに勤めていれば年齢に応じてわずかながらでも上がっていくことが可能となります。ただしこれも最近は能力主義で撤廃されていることが多く、結局は自分の能力によって収入に差が出てくるということになります。 稼いでいる人はいますが、誰もがその状態になれるとは限りませんし、会社によっても違ってくるので、転職前にはしっかりと調べて自分に合っているか確かめることが重要です。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索