自分の時間を自由に作れる理由

街中で車を停めて、タクシードライバー同士で楽しそうに雑談をしている光景を目にしたことのある方も多いでしょう。そういう光景を見て、「タクシードライバーって結構自由なんだなぁ……」と思ったこともあるのではないでしょうか?実際に、タクシードライバーというのは自分の時間を自由に作ることができます。極端な言い方をすると、休みたいときに休めるのがタクシードライバーなのです。タクシードライバーが自分の時間を自由に作れる理由には、タクシードライバーならではの勤務体系というものが関係しています。

 

隔日勤務

タクシードライバーの勤務体系にもいろいろなものがあるのですが、まず挙げられるのが隔日勤務というものです。この隔日勤務がタクシー会社では主流となっています。タクシードライバーであれば後ほどご説明する昼日勤と夜日勤というものもあるのですが、このふたつを組み合わせたのがちょうど隔日勤務と言えるでしょう。

 

隔日勤務の場合、出勤した日の仕事終わり、つまり出勤の翌日は「明番」と呼ばれる休みになります。1回で2日分勤務して、翌日が休みといった感じです。簡単に言ってしまえば、1日おきの勤務なのです。勤務時間はだいたい20時間くらいで、その間に3時間の休憩が入るというのが一般的な隔日勤務のスタイルです。ちなみに、隔日勤務の場合には1日の拘束時間が原則21時間以内と法律で決められています。

 

隔日勤務では出勤日である「出番」と仕事が終わった後が休みになる「明番」を2回繰り返した後に、一日丸々休みになる「公休」を繰り返していくような形になります。ただ、同じ隔日勤務であっても勤務する時間帯というのはタクシー会社によって変わってきます。というのも、基本的にタクシー会社は24時間営業をしています。その間、タクシーが常に稼動できるように、どの時間帯でもドライバーが不足しないようにスケジュールが組まれているのです。だいたい複数の時間帯で区切られています。

 

隔日勤務の休日に関してですが、隔日勤務になってくると連休がとりやすくなります。1回休むだけで5連休になるようなこともありますので、家族との時間を大切にしたいという方はもちろん、プライベートを充実させたいという方でも安心です。休みの日の過ごし方というのは人それぞれですし、自由に過ごしてOKです。ただ、タクシードライバーというのは長時間同じ姿勢でいることになりますので、体に思っている以上の負担がかかります。特に、腰痛に関しては職業病とも言われています。休みの日も含めて、こまめに体を動かすようにしておいたほうがいいでしょう。タクシードライバーとして長く働きたいのであれば、こういったことをコツコツと続けることが大切なのです。

 

昼日勤

タクシードライバーには、昼日勤という勤務体系も用意されています。これはどういうことかというと、一般的なサラリーマンと同じような働き方です。というのも、昼間だけ働くというものです。だいたい勤務時間は8時間ほどで、休憩は1時間というのが一般的です。典型的な昼日勤であれば、朝7時から夕方16時まで、朝8時から夕方17時までといった感じになります。もちろん、タクシー会社によって多少の違いは出てくるでしょう。

 

サラリーマンと比べると朝がやや早いかなという印象ではありますが、その分、勤務が終わるのも早くなります。夜勤がないということで、高齢の方や女性でも安心して働くことができます。昼日勤という勤務体系は、タクシードライバーになりたいという方には人気がある一方で、タクシー会社にとってはあまり好ましいことではありません。というのも、昼だけ働くことのできる人ばかりを採用してしまうと、夜間帯のタクシードライバーが不足してしまうからです。夜間は夜間で当然必要になってきますので、そういった中で昼日勤の希望者ばかりを採用してしまうと夜間のタクシーの稼働率が下がり、売り上げも落ちてしまいます。そのため、昼日勤を採用しているタクシー会社というのはあまり多くありません。というよりも、稀といったほうがいいかもしれません。

 

もし昼日勤で働く場合には、早朝が勝負になります。というのも、メインとなってくるお客様は早朝にタクシーで通勤するビジネスマンや病院などへ向かう高齢者の方なのです。だからこそ、早朝のうちにどれだけのお客様を乗せられるかがポイントになってくるのです。早朝に力を入れず、他の時間帯で挽回するというのは難しいでしょう。

 

昼日勤の休みに関してですが、基本的にはシフト制となっているはずです。決まった曜日に休むというよりは、休める曜日がその時々で変わってくるものと考えたほうがいいでしょう。

 

夜日勤

先ほど昼日勤についてお話ししましたので、もう何となく予想はついているという方も多いでしょう。夜日勤というのは昼日勤の逆で、毎日夜間のみ勤務するという働き方になります。夜間勤務ということで大変ではありますが、タクシーには深夜割増料金というものが発生します。そのため、普通に勤務していても昼日勤よりは給料は上がりやすくなる傾向にあります。

 

勤務する時間帯が変われば、客層も異なってきます。例えば、夜間になるとやはり繁華街に向かうというお客様も増えてきます。お酒を飲み終わって帰るという方もいますし、終電を逃してタクシーに乗るという方もいます。明るい時間帯と比べると、距離も長くなります。長距離のお客様が増える上に深夜割増料金もつきますので、売り上げを得やすいと言えるでしょう。ただ、やはり昼日勤と同じように夜日勤だけを採用するといったタクシー会社は少ない傾向にあります。

 

定時制

定時制というとまるで学校のようですが、タクシードライバーで定時制というのはパートやアルバイトのことを指します。いろいろな方がいるのですが、定時制だと年金受給者や女性の方、他にも時間に空きのある方など勤務することになります。勤務回数は隔日勤務の乗務員の3分の2以下とされ、月に8乗務以下と決められています。日勤や夜勤の場合は、16乗務以下となります。

 

定時制で働く場合、労災保険の加入や有給といったものはついてくるのですが、雇用保険や社会保険の加入は適用外となってしまいます。ただ、給料に関しては通常のタクシードライバーと同じ水準となっています。

 

出勤日や勤務時間に関してはそのタクシー会社によって異なってくるのですが、やはり事前に決める必要があります。ただ、タクシー会社によっては定時制以外のタクシードライバーが休んでしまったときなどに定時制のタクシードライバーに出勤日の変更をお願いし、出てもらうといったこともあります。

 

タクシー会社によってはそもそも定時制を採用していないということもありますし、兼業を禁止されていることもあります。もし定時制のタクシードライバーとして働きたいとおもっているのであれば、まずは「タクQ」のようなタクシー転職サイトで相談したほうがいいでしょう。

 

まとめ
タクシードライバーというのは、自分の時間を自由に作ることができます。それはタクシードライバーならではの勤務体系によるものです。ただ、いろいろな勤務体系があるものの、中にはあまり採用をしていないようなものもあります。事前にそのあたりについても「タクQ」のようなタクシー転職サイトで相談しておきましょう。

 

自分の時間を自由に作れる理由


入社祝い金 業界最大 合計で40万円!

タクシー転職サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。



タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。