稼げる人と稼げない人の違いについて

稼げる人稼げない人

タクシードライバーとして働いている方は多いものの、その全員が同じように稼いでいるというわけではありません。もちろん、どのようなタクシー会社に勤めるのかにもよるのですが、同じ条件であっても稼げる人と稼げない人がいます。では、タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人というのはどういったところに違いがあるのでしょうか?

 

タクシードライバーとして稼げる人と稼げない人の違いというのは、効率を意識しているかどうかです。基本的に今の時代はどのような仕事においても効率というものが重視されるものですが、タクシードライバーという仕事でも効率はとても重要になってきます。効率を上げることによって、少ない時間でもより多くのお金を稼げるようになるのです。タクシードライバーというのは、残業が許されない仕事でもあります。だからこそ、限られた時間の中でどれだけ早く稼ぐことができるのかという部分がポイントになってくるのです。

 

タクシードライバーとして稼ぐために効率を上げたいのであれば、まずは時給で換算したときの時給が上がるような立ち回りを意識していきましょう。言ってしまえば、効率的な立ち回りをすることが大切になってくるのです。立ち回りというのは、お客様を乗せて、降ろしたところですぐに次のお客様を乗せるということです。効率的な立ち回りができるようになると、常にお客様を乗せていることになります。当然、効率的に稼げるようになるのです。

 

タクシードライバーとして働く場合、自分が得意としているエリアを決めてそこメインに営業をしていくということもできますし、逆に行った先行った先で営業をするということもできます。どちらが効率的かというと、やはり行った先で営業をするというスタイルのほうです。メインエリアを決めて営業するとなるとやはり帰り時間のロスが発生してきます。しかしながら、行った先で営業をするというスタイルであればそのロスをなくすことができるのです。

 

立ち回りだけではありません。仮にお客様を乗せやすいポイントを見つけたとしたら、お客様を降ろした後にまた最初のポイントに戻って他のお客様を乗せるといったこともできるのです。このように効率というものを意識していくと、時給で換算したときに2000円や3000円となることもあるのです。ちょっとした意識の違いで、タクシードライバーとしての稼ぎにはかなりの差が出てくるようになるのです。

 

また、忘れてはいけないのが情報収集です。タクシードライバーが営業できるエリアというのは決められていますが、それでもその範囲というのはかなりのものになるかと思います。範囲が広いからこそ、どれくらいの時間帯にどのエリアでお客様が増えるのかといった情報をタクシードライバーが把握しておく必要があります。これはどのタイミングでどこに行けば売り上げをアップさせられるのかを知っているようなものですので、自分の収入に直結してくる部分でもあります。

 

もちろん、こういった情報はタクシードライバーとして働きながら地道に見つけていくということもできます。ただ、それでは時間がかかってしまいます。かといって、他のタクシードライバーに聞いたとしてもそういう情報をすんなりと教えてくれるとは限りません。しかしながら、「タクQ」のようなタクシー転職サイトであればそのあたりも含めてアドバイスをしてくれるかもしれません。まったく稼ぐことのできなかったタクシードライバーであっても、稼げるポイントを知るだけで稼げるようになることもあるのです。

 

タクシードライバーに限ったことではないのですが、基本的に仕事というのは一朝一夕でどうにかなるというものではありません。だからこそ、タクシードライバーとして稼いでいくためには根気も必要になってきます。先では情報を得ることが大切だという話をしましたが、情報を得たからタクシードライバーとして大成功するというわけでもないのです。情報をどう活かしていくかという自分の腕も大いに関係してくるのです。

 

シンプルではあるものの、タクシードライバーとして稼ぎたいのであれば明確な目標を設定し、その目標をクリアするまで試行錯誤し、問題点があれば改善していくということが大切なのです。もちろん、タクシードライバーとして稼いでいくために押さえておくべきポイントというのはいくつかあります。ただ、結局のところはタクシードライバーとして自分の感覚でつかんでいくという部分も大いにあるわけです。稼ぐために必要なことはたくさんあっても、「これをすれば絶対に稼げる」といった単純なものではありません。

 

手っ取り早く稼ぎたいという方にとっては面倒に思えるかもしれませんが、最初から楽をして稼ぐというのは好ましいことではありません。楽をして稼げば後になってその分の苦労がどっと押し寄せてくるようなこともあるかもしれません。苦労しながら試行錯誤を繰り返して、その中で自分なりの稼ぎ方というものを見つけていくものなのです。それがタクシードライバーという仕事の面白いところでもあります。

 

タクシードライバーとして実際に働いてみると、思っている以上に自由に使える時間が多いことに気づくでしょう。そういった中でついつい時間を無駄にしてしまっている方も少なくありません。タクシードライバーとして稼ぎたいのであれば、こういった時間の無駄というものもどんどんカットしていきましょう。お客様を乗せているわけでもないし、渋滞にハマってもいいやといった考え方をしていると、どんどん時間が無駄になっていきます。

 

無駄になった時間の分だけ売り上げが減っていくと考えていきましょう。もちろん、タクシードライバーにはどうしようもない理由で渋滞が起こってしまうようなこともあるでしょうが、普段から迂回ルートを把握しておいたり、裏道を活用していったりすることによって無駄な時間というのはどんどんカットしていくことができます。このあたりも効率という部分に関係してきます。

 

そして、先でも触れましたがタクシードライバーとして稼ぎたいのであればどんどん試行錯誤をしていきましょう。中には同じようなやり方もいるかもしれませんが、やり手のタクシードライバーというのは自分なりのやり方を持っているものです。これらはそのタクシードライバーが働きながら身につけたものです。タクシードライバーを始めてすぐに自分のやり方を見つけられるという方はそうそういないでしょう。時間をかけていろいろな角度からアプローチをしてみて、そのやり方に落ち着くのです。

 

もちろん、自分の中で「このパターンだ!」「このやり方だ!」とハマることもあるでしょう。実際にそのパターンややり方で稼いでいくのもいいのですが、そのパターンややり方にこだわりすぎてしまうと今度はチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。タクシードライバーに限った話ではありませんが、ワンパターンになってしまうといつか限界が来てしまうものです。そうならないように自分なりのパターンややり方を見つけても、さらにその先を見据えて試行錯誤を繰り返していきたいところです。それでこそ稼ぎ続けることができるのです。

 

稼げる人と稼げない人の違いについて


入社祝い金 業界最大 合計で40万円!

タクシー転職サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。



タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。