高収入を目指せる理由

タクシードライバーという仕事は高収入を目指せる仕事としても知られています。実際にタクシードライバーとは思えないようなかなりの金額を稼いでいる方も少なくありません。ただ、なぜタクシードライバーで高収入を目指すことができるのでしょうか?それには、タクシードライバーの給与体系が関係しています。

 

A型(給料+賞与)

まずタクシードライバーの給与体系のひとつとして挙げられるのがA型と呼ばれるものです。A型というと聞き慣れないため特殊な給与体系のように思えるかもしれませんが、給料+賞与ということで、一般的なサラリーマンと変わらないタイプとなります。ただ、今のタクシー会社でこのタイプを取り入れているところはあまりありません。ちなみに、このタイプを取り入れているタクシー会社の場合、固定給の部分は通常は変動しないことがほとんどなのですが、タクシー会社によっては1ヶ月の売上のノルマを下回ると固定給の部分が減ってしまうというケースもあるようです。

 

このA型(給料+賞与)のメリットというのは、やはり固定給が存在することです。固定給があるというのは、A型(給料+賞与)における最大のメリットと言えるでしょう。特に、初めてタクシードライバーという仕事にチャレンジする方にとって、いきなり完全歩合制というのはハードルが高いものです。慣れない仕事で十分な売り上げを得られなかったときに、完全歩合制となってしまうと給料も極端に少なくなってしまいますし、場合によっては生活できなくなってしまうかもしれません。こういったリスクを考えると、A型(給料+賞与)のように固定給が発生するものであれば、初めてタクシードライバーにチャレンジするという方でも安心なのです。しかも、A型(給料+賞与)のようなタイプでの固定給であれば、勤続年数に応じて毎年固定給がアップする可能性もあります。地道でも確実に給料をアップさせていきたいという方には向いているのではないでしょうか?

 

ただ、A型(給料+賞与)だからこそ発生してくるデメリットもあります。というのも、固定給だからこそ頑張ってもそれが給料にあまり反映されないのです。極端な話をすると、月に10人しかお客様を乗せていないタクシードライバーでも月に100人ものお客さんを乗せているタクシードライバーでも給料は同じということになります。売り上げが伸びないという方にとってはありがたい固定給ではあるものの、頑張っている方があまり実感を得られないという事態に陥ってしまうのです。初めてタクシードライバーという仕事にチャレンジする方にはA型(給料+賞与)は助かりますが、頑張って売り上げをアップさせているタクシードライバーとは不平等になってしまう部分があるのです。それに一向に売り上げがアップしないタクシードライバーでも年々固定給がアップするということで、タクシー会社にとってもリスクや負担が大きくなります。不景気の中、燃料の高騰などの影響もあり、今はA型(給料+賞与)のタイプをとっているタクシー会社はかなり減っているのです。

 

B型(完全歩合制)

B型というのは、完全歩合制のことを指します。言うまでもありませんが、毎月すべての売上歩合を支給されるという形になります。タクシードライバーの経験者となってくると、このB型(完全歩合制)がもっとも需要のあるタイプで、同時にシンプルでわかりやすい部分もあります。言ってしまえば、頑張れば頑張った分だけそれが給料に反映されるという形になります。

 

タクシードライバーの給与体系というのはいろいろあるのですが、その中でもB型(完全歩合制)というのはもっともわかりやすいものになります。「月間売上×歩合率」という計算式で給料が決まりますので、とてもシンプルなのです。タクシードライバーが頑張れば頑張るほど、その頑張りが直接自分の給料に反映されることになるのです。完全成功報酬型とも言えるでしょう。タクシードライバーとしての経験が豊富で、毎月コンスタントにそれなりの売り上げを得られる方であれば、もっとも稼ぎやすいのがB型(完全歩合制)になります。あまり売上のないタクシードライバーに対して給料を余分に割くということがありませんので、リスクや負担といったものを軽減することができ、タクシー会社にとってもメリットのある給与体系と言えるかもしれません。

 

ただ、B型(完全歩合制)はメリットばかりというわけではありません。あまり売り上げを得られないタクシードライバーにしてみると、かなり給料が減ってしまうのです。さすがにゼロということはないでしょうが、他の給与体系と比べたときにかなり減ってしまうことは間違いないでしょう。どれだけのお客様を乗せることができるのかというのは、月によってかなり変動があるかと思います。その分、毎月の給料にも変動が出てくるということになりますので、B型(完全歩合制)はもっとも変動しやすい給与体系と言えるでしょう。

 

AB型(歩合+賞与)

今タクシー会社の中でもっとも多く取り入れられているのがAB型という給与体系です。これは先でお話ししたA型とB型の両方の特徴を持っているタイプになります。まさにハイブリッド型とも言えるでしょう。AB型では固定給と歩合給の合算によって得られる給与のうち、一定割合を年に2回から3回の賞与として支払っていくことになります。

 

AB型(歩合+賞与)ではA型ならではの安定性はもちろん、頑張った分が反映されるというB型のメリットも得られるようになっています。安定した給料を受け取りつつ、頑張った分はしっかりと賞与に反映されますし、その賞与の額も頑張りに応じてアップしていきます。安定性だけではなく、やりがいも感じられるようになっているのです。仮に、同じ年収であったとしてもB型のように大きな変動もありませんし、社会保険料なども安くなるでしょう。それに積み立てのような形になるからこそ、意識していなくとも貯金ができるような形になります。お金があるとある分だけ使ってしまうという方でも安心です。

 

ただ、このAB型(歩合+賞与)に関してもメリットばかりというわけにはいきません。というのも、タクシー会社によってかなりの違いが出てくるのです。同じAB型(歩合+賞与)であっても、A型の要素が強いようなところもありますし、B型の要素が強いようなところもあります。AB型(歩合+賞与)だからといって、どこのタクシー会社でも同じというわけではないのです。それにA型とB型のハイブリッド型だからこそ、わかりにくくなってしまう部分もあります。転職する際には「タクQ」のようなタクシー転職サイトで詳細を確認しておくのが安心です。

 

まとめ
タクシードライバーにおいては、A型(給料+賞与)、B型(完全歩合制)、AB型(歩合+賞与)といった具合に複数の給与体系が存在します。今はA型とB型のハイブリッド型とも言えるAB型(歩合+賞与)が主流となっているのですが、A型とB型のいいところを持っているからこそ複雑な部分もあります。「タクQ」のようなタクシー転職サイトで詳細を確認した上で、タクシードライバーとして高収入を目指していきましょう。

 

高収入を目指せる理由


入社祝い金 業界最大 合計で40万円!

タクシー転職サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。



タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。