タクシー求人「東京都」おすすめ

やる気があればでも大丈夫です!
待遇もよく高収入稼げます

本気で頑張りたいあなたのに
実際のお仕事についてわかりやすくご案内しています。

大手タクシー求人は「東京都」

タクシードライバーの求人へのご応募をお考えでしょうか。それなら、東京都が一番おすすめです。 地方の方でも、上京してきたほうが良いでしょう。年収が地方とでは2倍から軽く3倍は違ってきます。 そして、寮を完備している会社も多数あります。その中からもっとも自分にふさわしい会社を探せばよいのです。 とにかく、働く以上は収入は非常に大事です。都内であればまず間違いありません。地方都市よりもずっと大きな稼ぎになります。

東京都は非常に人口が多く、人口密集度も大きい都市です。 そして、土地が高いため駐車場代も高く電車の交通も発達しているため自動車を所有していない人も大変多いです。 そこで、バスもありますが手軽に目的地にいけるタクシーを利用する人が非常に多いようです。

人気のタクシー求人「タクQ」

タクシー会社の求人に応募するのであれば、専門サイトを使うのが良いでしょう。おすすめは、「タクQ」です。 厳選したレベルの高い会社のみを取り扱っており、「ハズレ」がありません。 そして、入社祝い金は業界で一番高いようです。また、相談窓口が丁寧に対応してくれるのではじめてであっても心配いらないとのことです。 さらには、地方から面接で東京へ上京する人には交通費も支給してくれるとのことです。

東京に上京してしっかりと稼いでみませんか? 年収800万円も超える人がいるという魅力の業務です。それほど簡単ではありませんが、努力がきちんと報われます。 まずは年収600万円を超えられるように頑張りましょう。やる気さえあれば大丈夫です。 増税もまだまだあり、老後の蓄えもしっかりと作っておきたいですね。応援しています!

実際の東京での業務内容

タクシードライバーの業務内容は、人のいそうなところを流してお客様を乗せて目的地までお連れすることです。 第一種普通運転免許を取得して3年以上がたっていればとなたでも求人にご応募いただけます。 ただし、健康状態や身なりなどで採用してもらえない場合もあります。東京では特に会社により採用基準が異なるようです。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

とても条件の良い仕事

なぜタクシードライバーの募集広告はよく見られるのでしょうか?  タクシードライバーの仕事は、やめる人が多いため、新聞の求人欄や転職情報誌などに、しょっちゅう求人記事が載せられています。  つまり実際勤めている方たちが足りないためこのようなことになるのですが、それにはこの業界特有の理由があるといえます。以下にそれらをご説明させていただきます。

やめる人も多い

 この仕事の求人広告には宣伝効果をねらってか、「数十万以上円の給与保障」「免許取得費用会社が全額負担」などタクシー業界未経験の方たちに魅力的なキャッチフレーズが並んでいることが多々有ります。  しかし、実際務める方でも免許を取得してしまえば辞めてしまおうと考える方や、保障給が適用されない時期になったらやめようと思われる方たちなどがいます。  他には、勤務に実際に携わると最初は皆さん不慣れなことが多いですので、思ったより稼げないという場合や、広告のキャッチフレーズのようにはなかなかいかない、接客業のためお客様とのトラブルが起こる、交通事故や違反といったことが起こり業務継続が不可能になったなどの多々の理由で、タクシードライバーを続けるのが難しくなる場合があるものです。  他業種から転職した方たちが多いといった特性から、都会の複雑な道路事情の中でお客様のご要望に応えるといった仕事の大変さからプレッシャーを感じてしまうこともあります。  このような理由での勤務当初の離職率が高くなりがちになっています。

ベテランの方たちの離職

 タクシードライバーは法人・個人共に高齢ベテランドライバーの方たちが多く働いている業界といえます。  厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(平成22年)」によりますとタクシードライバーの平均年齢は56.8歳で、勤続年数は9.3年だそうです。実際、ご高齢の運転手の方もそれほど珍しくはありません。  特にここ数十年で急速に高齢化が進んだといえるでしょう。  タクシー乗務の仕事は、ずっと車に乗り続けている仕事で体力的にもきついものがあります。よってご高齢の方たちは自然とこの仕事を辞めていかざるをえないのが現状です。これが就業者の減少に一役買っています。

なぜタクシーの求人広告が多い

 

上記のような、この業界を取り巻く厳しい環境は、ドライバー業務に携わる方たちの慢性的な不足を生む要因となっています。  この業界は、お客様を車でお送りするというサービス業ですから、まずそれについての向き不向きがあります。  乗務員募集の内容だけではわからない適性といったものが上記のように数々あるわけです。  また、法律の変更もこの業務の就業条件を難しくしてきた要件になっています。平成14年にはタクシー規制緩和があり台数が増加したり、平成22年のタクシー特措法施行により台数が減少したりして現在も減少傾向が続いています。利用者は横ばいのため、この間街には空車が目立つという結果になりました。これがこの業務の業務条件の改善を難しくしてしまいました。  この業界は競争の激化と、交通ルールの厳格化、求められるサービスの向上などで、求められる資質は決して簡単なものではありません。その人材不足を埋めるために募集をかけ、理想と違っていた適性が合わないなどの理由で離職する人が多く、よってまた募集するといったことが繰り返されているというのが現状といえるでしょう。  どんな仕事でもそうですが、ある程度続けてみないと真の適性はわからないものですが、この仕事は、間口が広い、常に人材を求めているなどの理由で就業しても、勤務初期に辞めてしまう人が多いのが平均勤続年数を下げる大きな要因になっているといえるでしょう。それが求人広告が多く見られるということにつながっています。