タクシーの地理試験 東京都の転職ガイド

やる気があればでも大丈夫です!
待遇もよく高収入稼げます

本気で頑張りたいあなたのに
実際のお仕事についてわかりやすくご案内しています。

東京都で必須のタクシーの地理試験

タクシー運転手には地理試験が必要な場合があります。東京の特定指定地域と大阪府、神奈川県内でタクシー運転手を行う場合に必要になる物です。特定指定地域というのは、23区と武蔵野市、三鷹市です。 東京、大阪、神奈川は必要量も多く、道路も混み合い運転が難しい地域とされています。 他の地域では必要のない地理試験が必要になってしまうのです。 内容は、道路に関する事、地名の読み方等、署名建造物について、公園、名所、旧跡等の質問、鉄道駅の所在等の筆記試験です。 問題数は40問あり32問以上正解での合格となります。 正解率が80パーセント以上ですが、そこまで難しい試験でも無いです。 それぞれ地域のタクシーセンターで受ける事ができます。

地理試験は基本的にマークシートで行う事ができます。 マークシート方式なら感で当てる事が出来ると考える方も居るでしょう。 しかし、意外に難しい問題も紛れているのです。 勉強をせずに受験をすると、不合格に成る方も多いでしょう。 実際に受ける場合は、事前にしっかりと勉強をして置く事が大切です。

また、試験を合格する為ではなくタクシー運転手になる為に勉強をする事です。 人の多い地域だと、様々な地域へ運転の要請をされるでしょう。 しっかりと道路について知っておく事が要求されるでしょう。 地理試験に合格する為だけでは無くプロとして働く為にしっかりと勉強をしておきましょう。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

ドライバーとして働くために必要な試験

最近は女性の中にもタクシードライバーとして働くことに興味を持っている人が増えています。男性でも女性でもタクシードライバーとして働くために必要になるのは運転免許です。普通車の二種免許があれば、通常のタクシーならば運転することができます。ですがあまり知られていませんが、一定の場所でタクシードライバーとして働くためには試験に合格することが必要な場合があります。それは特定の地域に関する地理試験です。これは特定の地域でタクシードライバーとして働く場合には流しで営業をすることが多くなるために、地理を頭に入れておく必要があるからです。

試験の概要
東京都内でタクシードライバーとして働くために地理試験が課せられているのは、23区と三鷹市、武蔵野市で営業を行う場合です。神奈川県では横浜市、川崎市、三浦市、横須賀市で営業を行う場合に地理試験に合格する必要があります。関西地方では大阪府の大阪市、守口市、泉大津市、和泉市、忠岡町、門真市、堺市、高石市、池田市、高槻市、摂津市、島本町、豊中市、吹田市、箕面市、茨木市、東大阪市、八尾市で営業を行う場合に地理試験の合格が必須になります。試験を行っているのは東京都は東京タクシーセンター、神奈川県は神奈川タクシーセンター、大阪府は大阪タクシーセンターの各センターです。これらのセンターに赴いて試験を行います。試験を受けるためには受験料を支払う必要があります。受験料は東京の場合には6800円になります。これは地理の試験の他に受けなければいけないタクシー事業に係る法令、安全及び接遇に関する試験と合わせた料金です。各科目ごとの料金は3400円になります。

試験の内容
試験の具体的な内容としては基本的な知識を問う問題と応用問題が全部で40問出題されます。試験ではこの40問のうち80パーセントにあたる32問正解すれば合格となるので非常に難しい試験と言えます。出題の形式はすべてマークシート方式となっており、複数の選択肢の中から正しいと思った選択肢を塗りつぶしていくことで解答をしていきます。このような試験の形式に馴れていない人にとってはペース配分なども難しい試験です。男性でも女性でも試験に合格するためには受験勉強が必須になります。地理に不慣れな人にとっては特に難しい試験となっています。試験勉強をする時に役に立つのは過去問や問題集を解くことです。試験の基本的な問題としては主要な道路と交差点と施設に関する問題が出題されます。道路は主要な六つの幹線道路に関する問題に限られているので、それらの道路に関する交差点や主要施設を暗記すれば良いことになります。これらの基本的な問題は試験の中でも簡単なものに分類されるので、これらの問題をできるだけ多く正解できるようにすることが試験では有利になります。試験は難しいですが一度落ちたとしても何回でも続けて受験できるのが、この試験の便利なところです。東京の場合は毎週月曜日、火曜日、金曜日が試験日になっているので、一週間に三回もチャンスがあります。何度も受験をしていればそのうちに相性の良い問題に当たる可能性も高くなるでしょう。

まとめ
地理試験は難しいですが基本的には暗記をするだけで良いので、しっかりと事前に勉強をしておけば、誰でも受かることができる試験です。一度落ちた場合でも諦めないで、何度でもチャレンジすることが合格するうえでの一番大切なことになります。何回も試験を受けていればそのうち自然に知識も身についてくるので、辛抱強く勉強をし続けることがとても重要です。実際にドライバーを希望するほとんどの人がこの試験に受かっています。

合格するための5つのポイント

タクシードライバーは転職してくる率の高い業界です。未経験者大歓迎のため敷居が低く、車の運転免許証は誰でも持っている時代だからです。地理に不案内でもやる気があれば入社試験に合格することはできます。最近はほとんどのタクシーにナビが付いていますし入社後の研修で身に付けることができるからです。 しかしながら東京や大阪でタクシードライバーになるのであれば地理試験を勉強する必要があります。地理試験というのは東京や大阪、神奈川の指定地域でなるために必要な地理の知識を試す試験で、問題数40問中32問以上正解で合格となります。 試験や、合格した際の許可証の発行は各所轄のタクシーセンターにて行っています。それぞれの地域で受験価格は2800円と統一されており、試験時間は60分となっています。毎週水曜日と木曜日に実施されています。 地理試験の合格率は50パーセント前後です。1回で合格するのは難しいとされるレベルの高い試験で、満点を取るのはほぼ不可能です。満点は無理でも合格するための傾向と対策を知り、勉強方法を変えることで合格点に近づくことはできます。合格のためのポイントは5つあります。

勉強方法の1つ目は、過去問を見ることです。タクシードライバーの地理試験は出題方法はほぼパターン化されています。ベテランタクシードライバーでも解けないような難しい問題が5問程度ありますが、それ以外の35問中32問正解できるよう勉強するようにしましょう。 最初の15問は幹線道路の名前や交差点の名前について、次の10問は施設名について、残りの15問は交差点の名称や首都高の名称、入り口、出口について、有名な建造物や公園や名所、ホテルや病院、鉄道の駅の所在などが出てきます。 残りの15問の中に難問は出てきます。乗車地と降車地の間に通過する交差点を順番に回答するというものです。これは捨てて他のものを解くほうに力を注ぐようにしましょう。これがあるために満点がほぼ不可能なもの試験となっているのです。 センターのWEBサイトにも過去問が5回分だけですが公開されています。

タクシー会社に入社すると、ほとんどのタクシー会社で試験に特化した研修を行ってくれます。その中で、出題傾向や合格のための勉強方法を教えてくれるので、それにそって勉強するようにしましょう。 幹線道路や交差点、施設名は必ず出てくる問題なので、すべて暗記するようにしましょう。語呂合わせを作って覚えるようにしたらやりやすいです。 過去問からの分析で、各会社で出題される問題の範囲はほぼ推定されています。それもすべて暗記するようにしましょう。 地理試験はタクシーセンターで行われますが、タクシーセンターが作成している練習問題集もあります。この中には実際に出題されるものも多く含まれているのでこれをすべて正解できるまで暗記するようにしましょう。 解答方法はマークシート式となっています。そのためたとえ分からなかったとしてもとにかくすべてのマークを生めるようにしましょう。ほとんどが暗記さえしておけば答えられるものです。合格率は4割程度となっています。失敗を恐れず何度かチャレンジをすればいつかは合格できるのです。 会社のほうも、合格させるために傾向と対策を考えたり、研修スタッフがいたりと力を入れています。 試験に合格したドライバーが多いほうが会社としての実績があがりますし、威信にもかかわるからです。そのため研修を受け、先輩ドライバーからのアドバイスをもらった上で、暗記を頑張ればよい結果となります。 合格者は運転者証が交付されます。助手席の前に写真や氏名とともに表示されているのを見ることができます。