タクシー乗務員の給料 東京での転職ガイド

やる気があればでも大丈夫です!
待遇もよく高収入稼げます

本気でタクシー乗務員として頑張りたいあなたに
実際のお仕事についてわかりやすくご案内しています。

実は稼げる タクシー乗務員の収入

タクシー乗務員の給料は、年齢、勤務時間等を考慮すると、とても安いとイメージしている方も多いかもしれません。 日本全国では、年収平均は300万円いかない位のはずです。拘束時間の割にはとても安く、平均すると本当に少ない金額だと思われるかも知れません。けれども、あくまで平均値なのです。

何事もそうですが、平均値を語ることにはあまり意味がありません。 細分化してみることが必要なのです。 タクシー乗務員の仕事は地域によって大きく収入が変わってきます。やはりもっとも稼げるのは東京都です。 東京都だけに限れば、平均で年間支給の給料は400万円を超えます。そして、この数値は、月に8日勤務の定時制の人も含まれての数字です。 定時制の人を含まなければ、年収で500万円は超えるのです。ごくごく普通にやってさえいれば、500万円は稼げてしまう仕事なのです。
そして、本気で頑張れば年収600万円も超えますし、タクシー乗務員のトッププレイヤーになればかなりの給料になり年収800〜1000万円も十分に可能なのです。 これが歩合給の世界です。成果を上げさえすればそれなりの額を給料として稼げるのです

待遇は魅力的です

おおよそ東京でタクシー乗務員として頑張れば最初の半年ほどは保障される給料が35万円ほどあります。 実際には、やる気を出して頑張ってしまえば、この保障給などを超える歩合給を稼いでしまうので、すぐに意味がないことになります。 本当なのか?と疑問に思われるかもしれませんが、本当です。 多くの人がやはり最初は不安なようですが、実際にやってみると東京では街中に乗りたい人が多く流していると手を上げてくれる人がたくさんいます。 地方とはやはりこの点が大きく違います。ですから、東京でのタクシー乗務員は魅力なのです。

長くサラリーマンをやっていると、そもそも毎月支払われる給料は決まっていて当たり前だという錯覚に陥りがちです。 しかし、その給料というのは紛れもなく会社の利益から出ているのです。その意味では、利益に貢献した人が多くもらうことこそが公平なのです。 タクシー乗務員の仕事には学歴も年齢も関係ありません。どれだけ貢献したかがすべてです。 一件、シビアに思われるかもしれませんが、当然のことと捉えて会社のためにも自分のためにも売上を上げられるよう努力をすればよいのです。 努力をすればきちんと向く割るのがこの仕事の良いところです。まったく無駄にはなりません。

今現在、いくらほどの年収を稼いでいますでしょうか?バブルが崩壊し、雇用環境が悪くなってからというもののリストラも横行し、40台以上は再就職もできない状況です。 そして、20代30代は入社してからほとんど昇給もなく年収で300万円程度の人がとても多いようです。 であれば、きちんと稼げるタクシー乗務員の仕事をしてみませんか? まず、稼がないと生きていくことはできません。年とともに必要なお金は増えていきます。年収・給料の上がらない仕事に固執する必要などありません。 今の倍の年収600〜800万円を稼げるようにタクシー乗務員に転職しませんか? 不安なことがあれば、タクQに相談すれば大丈夫です。稼ぎたい気持ちさえあればなんとでもなります。

給料の良い会社選びはタクQ

タクQは、入社された後もしっかりと稼げるようにアフターフォローさせていただいています。 具体的には、稼いでいるドライバーのノウハウをお教えしています。これはマスターしてしまえば、しっかりと「勝ち組の給料」を稼げます。 東京都内のどこをどのように流せば、長距離乗ってくれるお客さんを拾えるのか、といった最重要なことを教えてもらえるのです。 これで、稼げないはずはありません。自信を持って、タクシー乗務員として頑張ってください。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

給料は安いか高いか

現在、20代から40代の平均年収は300万円から500万円と言われています。これは一昔前と比べて明らかに低く、そして平均ということは高収入の人もいれば低収入の人もいるというわけで、ばらつきがでてしまうのは仕方がないことです。特に長引く不況によってボーナスや賞与がカットされたのが収入の低さに拍車をかけています。それ以上に物価の上昇、消費税の値上がりの方がダメージは大きく、厄介なことと言えるかもしれません。 そして面白いのがタクシードライバーの仕事で、同じ職場にいつつも年収が平均値の300万円の人もいれば600万円以上を稼ぐ人もいるのです。タクシードライバーといえば給料が安いと言われていたものですが、実は歩合制を取り入れているタクシー会社が多く、自分の営業努力、頑張りがそのまま収入に反映されているのです。昔は安月給と言われていた職業ですが、自分の才覚次第ではいくらでも伸ばすことができるチャンスも秘めていて、それゆえ最近では就職先や転職先に選ばれることも多くなっています。 では本当のところドライバーの平均年収は幾らなのか、就職を、転職を考えている人にとっては、気になるところだと思われます。

東京都の平均は年収400万円

平成25年度の東京都のタクシードライバーの平均年収は400万円で、これを12ヶ月でわると月収は33万6千円となりますが、この中にはボーナスや賞与も含まれているので、だいたいは30万円前後と考えるのがいいでしょう。それなりにもらえている方だと思われるかもしれませんが、数字というのは注意が必要で、これはあくまで平均値で600万円クラスの人間がいるということは、その反対に営業成績が伸びずもっと低い人もいるということです。 最近のタクシー会社の多くは、給料制度に固定給に歩合制を取り入れていることが多く、残念ながら固定給に関しては平均値よりも下に設定されていることが多くなっています。ただし歩合制によって、仕事を頑張れば頑張るだけ増えるのでやる気につながるというわけです。

どのくらい稼ぐことができるのか

そして歩合制ということで長時間労働すれば誰でも給料が上がると考える人もいるかもしれませんが、タクシードライバーの業務は法律上で時間が定められているのです。あくまで決められた時間内で仕事をしなければいけない、それゆえ働いた分だけというのは少し語弊があって、実際のところはいかに効率よく働くかにかかってくるのです。 確かに時間無制限で働くことができればお客様を多く乗せることも可能ですし、営業成績だって伸びるでしょうが、タクシー業界には厳しい「拘束時間」と「走行距離」が定まっています。これはドライバーの健全性を考えて、無理をさせないために国が定めたものであり、破ると法律違反になって会社にペナルティーが加算されるので、今は違反に対してかなり厳しくなっています。 即ち一定の時間、最近多い隔日勤務の場合は18時間内で効率よく働くことが大事になってくるのです。

頑張りは報われる給料体系

歩合制というと働けば働いた分だけ収入として給料ががアップすると思って業界に入ってくる人もいますが、実際のところ、それは間違ってはいませんが少し違っています。勤務時間は決まっているので、効率よく働くことが求められて、しなければいけないのはタクシーを常に客が乗った状態にしておくということです。このためには客の多いエリアを探す、常連を付ける、そういった努力が必要となってきます。ドライバーの業務は車を走らせるだけではなく、地道な営業も必要となってきて、突き詰めればサービス業であるということも大きく、好意を持たれることも必要となるのです。