タクシー運転手へ転職する人が増えているその背景と事情とは

タクシー会社に応募する人が増えている

働きやすい会社

今はどこの業界も人手不足なので、転職というのは転職希望者のほうが有利に進められると言われています。実際にそれを実感している転職者も多いでしょうし、自分の思うような転職先を見つけられたという方もいるでしょう。そういった中で、なぜいまタクシー会社への転職というものが注目されているのでしょうか?要はタクシードライバーとしての転職ということなのですが、その転職理由について考えてみたいと思います。

 

転職理由というのは実にさまざまなのですが、そのひとつとして定年退職後の転職先というものが挙げられます。昔は定年退職後というのは退職金や年金でのんびりとした老後を過ごすのが定番でしたが、昔と比べると退職金もそこまで期待できないですし、年金なんてもっと期待できません。「人生100年時代」と言われるような今の時代ですから、定年退職後の人生もかなり長いわけです。そう考えると、お金というのはいくらあっても足りないでしょう。

 

だからこそ、定年退職後にも働く必要が出てくるのです。悲しいことだと思われる方もいるでしょうが、今の時代を生き抜いていくためには必要なことなのです。そこで選択肢として浮上してくるのがタクシードライバーなのです。定年退職後の転職先としてタクシー会社を選び、そこでタクシードライバーとして働くという選択をする方は少なくありません。タクシードライバーの業界には、定年退職という制度がないところもありますし、定年を延長することで65歳を過ぎても働くケースが多いのです。

 

定年退職後、タクシードライバーとして働く方が多いからこそ、タクシードライバーの平均年齢が高くなっている部分もあるでしょう。実際にタクシードライバーというのは、中高年の方が多いものです。定年退職後からタクシードライバーを未経験で始めて、そのまま10年勤務するという方もいるほどです。70歳を過ぎていても現役のタクシードライバーとして第一線で活躍している方もいます。

 

また、長く働くことができるからこそ、タクシー会社に転職し、タクシードライバーとして仕事をしているという方もいます。今の時代は、新しい商品やサービスが生まれてもすぐに消えてしまうものです。何事にもおいても選択肢が多いからこそ、入れ替わりも激しいのです。そのため、せっかく入社した会社が数年でなくなってしまうこともあります。そういった中で転職を繰り返す方も少なくはないでしょう。

 

ただ、タクシードライバーであれば長く働くことができるのです。先でもお話ししましたようにタクシードライバーであれば定年退職の制度がないタクシー会社が多いですし、仮に定年退職の制度があったとしても人手不足などによって定年を延長するケースも珍しくないのです。70歳を過ぎてもタクシードライバーとして働く方がいるくらいなのですから、年齢を重ねても長く活躍していくことができるのです。

 

では、逆に年齢の上限というのはどうなっているのでしょうか?これはそれぞれのタクシー会社の判断に任せられることになりますし、あとはタクシードライバーの自己判断によるところが大きいです。ただ、タクシードライバーを引退する目安としてはだいたい75歳あたりを考えておくといいでしょう。ちょうど判断力などが低下してくる年齢です。他の仕事では、定年退職は60歳から65歳ほどとなります。これを考えても、やはりタクシードライバーは長く働くことができるのです。

 

「中高年からでも始められる」ということで、タクシー会社への転職を考える方も少なくありません。他の仕事であれば、一定の年齢を超えてしまった中高年というだけでネックになってしまう部分があります。実際にそれで転職活動などで苦労してきたという方も多いでしょう。しかしながら、タクシードライバーであれば仮に中高年の方であっても年齢がネックになることはほとんどないのです。

 

なぜ中高年の方でも年齢がネックにならずに済むのかというと、ひとつはもともと平均年齢が高いという部分が理由として挙げられるでしょう。それに加えて、タクシー業界というのは今人手不足となっているのです。もともと給与体系もタクシー会社がそこまで損をしないようになっていますので、中高年の方でも遠慮なくバンバン採用することができるのです。
給与体系の話が出ましたが、タクシー会社というのは歩合制を取り入れているところがほとんどです。これを理由にタクシードライバーとして、タクシー会社に転職をする方もいます。頑張った分だけそれが給料に反映されることになりますので、慣れるまで最初のうちは安定した収入を確保するのが難しいかもしれませんが、逆に効率よく仕事ができるようになったり、仕事そのものに慣れてきたり、地理に慣れてきたりすることによって給料もぐっと増えてくるのです。

 

タクシー会社によっては、ノルマがないところもあります。このノルマがないという部分に魅力を感じて、タクシー会社に転職する方も少なくありません。先でもお話ししましたように、タクシードライバーは基本的には歩合制の部分がありますので、どれだけ売り上げを上げられたのかによって給料が決まるようになります。もともときちんとしたタクシー会社であれば、利益がなくて人件費の支払いや会社の経営ができなくなるといった心配はほとんどありません。

 

言ってしまえば、タクシー会社は余裕のあるところが多いのです。だからこそ、ノルマのないタクシー会社もかなり見られるようになっています。そのため、働く量は自分で管理することができますし、休憩も自分の好きなようにとれるようになっているのです。ノルマに追われることがなければ、自分ともしっかりと向き合うことができます。心身ともによりよい状態でタクシードライバーとしての仕事に励むことができるのです。

 

パワハラやストレスなど人間関係による問題が少ないからこそ、タクシー会社に転職するという方もいます。実際にタクシードライバーとしてタクシーを走らせている間というのは、自分ひとりか乗せているお客様とやり取りをするかという形になってきます。常に同じ相手と一緒にいるというわけではないので、一般的なサラリーマンと比べたときにパワハラやストレスなどの人間関係による問題というのは少なくなってくるでしょう。

 

組織の中で働くということに大きなストレスを感じていた方であればあるほど、タクシードライバーならではの解放感にハマってしまうのかもしれません。あくまでも仕事ですから好き放題していいわけではないものの、やはり自由度というのはかなり高くなってきます。マイペースに働きたいという方にとっても、タクシードライバーというのは最適な仕事と言えるのです。

 

そして、タクシー会社への転職理由に休みを挙げる方も少なくありません。というのも、タクシードライバーというのは思っている以上に休みが多い仕事でもあるのです。そのため、連休が取りやすい傾向にあります。もちろん、それぞれのタクシー会社の勤務カレンダーにもよるのですが、ほとんどのタクシー会社で3連休くらいなら簡単に取得できるものと考えていいでしょう。しっかりと休みを確保したいという方にもタクシードライバーというのはおすすめできる仕事なのです。

 

タクシーの仕事探すなら「タクQ」


「業界最大級の入社祝い金」合計で40万円!

タクシー求人サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。