女性のタクシードライバーの求人

やる気があればでも大丈夫です!
待遇もよく高収入稼げます

本気で頑張りたいあなたのに
実際のお仕事についてわかりやすくご案内しています。

今人気 女性でタクシーの求人

タクシードライバーをしている女性はまだ珍しいと思われるでしょう。 確かに、基本的には男性が大半を占める職業です。最近では、若い方も多いのですがまだまだ年配の男性が多いのではないでしょうか。 まだまだ珍しい存在といえるかもしれません。 若い男性も稼げる職業として捉えるようになってきているので、男女を問わず求人はこれからますます人気になりそうです。

最近は女性も増えてます
そして、最近は女性でもタクシードライバーの求人に応募し、就かれる方もかなり増えているのです。対象とした求人広告も見かけるかと思います。 特に経験や資格も必要なく誰でもすぐに働けることができる店が魅力的だからなのではないでしょうか。 それだけでなく、充実した福利厚生や35万円以上の最低給与保障や高い歩合給もこの求人の魅力です。実際に年収500万円くらいは稼げるようになりますから。
夜勤が嫌だという方は、昼間のみでも勤務できます。

実際に運転する車に乗った方は、最初は驚いたりもするようです。 しかし、実際は変わらずに運転技術もあり、男性と変わらず業務をしています。 また、逆に丁寧な運転で安心するという方も中にはいらっしゃいます。

もしかしたら、リピーターを増やしやすい存在なのかもしれません。 男性に比べると、地図を見ることができない、方向感覚が分からない、道を覚えるのが苦手であったり、運転技術が拙い方が多いともいわれています。 しかし、それはあくまでも統計的に見たことであって、タクシー運転手に適している方も多いのです。 また、男性には無い気配りを行うことができるというのも魅力となります。

特に女のお客様は、安心することができるという人も多いのです。 もしかしたらそのうち、女性のみのタクシー会社ができるかもしれませんね。 それ程、ここ数年で増えてきているのです。まずは求人へのご応募を考えてみませんか。

※ 以下の動画は実際に「春駒交通」で働く女性を取材したものです。
ご参考までにご覧ください。

女性も高収入を稼げます

東京都では平均して年収は400万円ですが、この数字は乗車日数の少ない定時制の人も含むため、フルに稼働してきちんと営業すれば年収500万円くらいは難しくないようです。 歩合給で給料が決まるため、年齢も性別も関係がありません。女性も地道にコツコツと頑張ればそれなりに稼ぐことができます。 ほかの仕事のように女性だからといって不利になるようなことがありません。それがこの仕事、応募する求人の魅力でもあります。

一般事務の求人が相変わらず人気なのですが、おおよそ年収は300万円かそれ以下になります。 現在は男性の年収も下がっています。女性であってもアテにすることなく自分自身で稼ぐことも必要です。
普通に頑張れば、年収500万円以上や600万円は十分に可能です。
これからはますます経済が不安定で不安な世の中です。 女性であってもタクシードライバーでしっかりと稼ぐのも良いのではないでしょうか。 たった一度の人生です。今後の生活や老後のことなどもきちんと考えてみませんか? 貯蓄を作ったり、マンションを購入したりといった資金を作るのも良いでしょう。稼げる時に稼いでおくのはとても大事なことです。まずは業界のNo.1サイトタクQから求人情報をチェックしてみませんか。

使えるタクシー専門の求人サイトはタクQ
女性を歓迎している会社の求人を探すには、業界の専門求人サイトタクQを使うのが良いでしょう。 働きやすい環境を提供している会社もここで見つかります。夜勤が嫌だという方は、日勤のみの会社をご希望とお伝えください。
また、嬉しいことに
入社が決まると入社祝い金を支給してくれます。
それから、地方から面接に上京した場合には旅費を支給してくれます。ほかに、こんなことしてくれる求人サイトはありません。 こんなに便利ですから、女性のあなたもしっかり利用させてもらいましょう。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

高収入の稼げるタクシー

未経験者大歓迎ということで、求人に応募して転職する人も多いです。最近では女性のドライバーも増えています。女性であれ男性であれ、タクシードライバーとして稼げる人は成功のためのコツをつかんでいるのです。
ただ頑張るのではなくコツをつかんで業務を行えば、女性でも稼げる職種です。

まずは、しっかり走ることが大事です。駅や空港のタクシー乗り場でお客様を待っていればいつかはお客様が回ってきます。しかしながら待ち時間はロスです。時間帯によっては積極的に走らせる流し営業のほうがお客様獲得のチャンスが多くなります。稼げるドライバーはそのメリハリをつけているのです。楽だからとタクシー乗り場でのんびりと待っているのではなく、その時間は流し営業で頑張りましょう。

ただ闇雲に流し営業に出かけてもお客様が獲得できるとは限りません。情報収集力が必要になります。 お客様の流れは天気や曜日によって異なります。天気が悪ければ駅から利用して行こうと考える人も多くなり駅で待っているほうが稼げます。電車の遅延状況をチェックしておけば遅延が発生している駅の前ではお客様が長蛇の列になっているのです。 イベント情報を収集しておけば、イベント終了時刻の会場前はタクシーで帰ろうと考えるお客様がたくさん出てきます。高速道路の入り口の近くには長距離で移動したいと考えるお客様が現れやすいです。 いつどこに行けばよいのか把握しておき、効率的に回りましょう。

タクシードライバーはずっと車に乗ったまま何時間も勤務することになります。効率的に長し営業に回ろうにもその体力がなければ稼ぐことはできません。女性も普段から体調管理に気をつけ適度な運動をするようにしましょう。勤務時間中も疲れたら無理せず会社に戻って休むことも大切です。会社もベテランドライバーと話が出来、情報収集にうってつけの場所なのです。

長年勤務した実績から、稼げるポイントや時間帯などよく知っているので、それを聞き出せれば更に効率よく回れるようになります。疲れたまま運転して事故してしまうよりこの方が利益になるのです。

未経験者でももちろんOK

性別不問で女性も未経験者でもOKという求人を出している会社も多いので、その会社周辺の地理に詳しくなくても面接には合格します。その後も、最近の車にはカーナビが搭載しているので道に迷うということはありません。ですが、就職後はできるだけ地理に詳しくなっている方が稼ぐのには有利です。情報収集で得た目的の場所までの近道を知っていれば誰よりも早くたどり着け、お客様を獲得することができます。お客様の側としても、早く目的地に着けるほうがありがたいです。

同じように運転手という職種であってもバスや電車はその運転技術の高さが重要になってきます。時間に正確に安全に目的地にたどり着くことが大切なのです。 もちろん、この業界も運転技術や安全性も大切なのですが、他と違うのは接客業であるということです。お客様を気持ちよく目的地まで送ることができなければ、次からは他の会社を選ぶようになり、会社の業績も下がってしまいます。稼いでいる人の中には固定客が付いている人もいます。この人に運転してもらいたいと思わせる話術や接客力が必要なのです。 女性ならではのきめ細かいサービスというのも接客力アップには大きく役立ちます。そのため稼いでいる人の中には女性も少なからずいるのです。そこまで考えて広告を出している会社もあります。

さらにうまく稼ぐためには自分にあった会社選びと求人広告の選別をすることが大事です。地理に不案内であっても大丈夫ですが、できれば自分が知っているところの方がすぐに稼げるようになります。一日中運転し続けるので、更に通勤にも時間がかかっていれば疲労も増します。 歩合制や離職率なども詳しく調べ、女性であっても効率よく稼ぐことができる会社と求人広告を見極めるようにしましょう。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索

タクシー会社の選び方

最近のタクシーは業界自体が成績低迷していると言われがちですが、新しい形態で顧客を取り込もうとどの会社も様々な取り組みを行っています。そんな中で、最近特に増えてきているのが「女性ドライバー」の存在です。

一昔前はタクシーのドライバーといえば男性というイメージが強かったものですが、
最近は女性のドライバーも多く活躍していて、その存在も珍しくなくなってきました。

男性の仕事と思われがちだった業界に参入する女性たちは、どのような経緯、選び方でタクシードライバーになったのでしょうか。
調べてみると、ハードだと思われがちなタクシー業界も、会社の制度の充実や、自由のきく勤務形態などから、男女関係なく、働きやすい環境になってきているようです。例えば歩合制が普遍的なタクシー業界の給与システムの中で、最近では時給制を導入する会社もあり、ノルマがない業態も珍しくないようです。
時間も固定枠ではなく、フレックス制であったり、子どもや家庭を持つ女性でも安心して働ける制度を充実させた会社が増えてきています。

働く女の人が増えた現在ですが、やはり出産や育児などのライフイベントを抱えるのも女の人なので、働くキーポイントになるのはワークバランスだと言えます。 仕事と家庭の両立を求められる現代では何よりも働き方が重要です。
ワークバランスを考えたタクシー会社が増えてきており、女性でもドライバーに就きやすくなったと言っても過言ではありません。不規則なイメージのある職種ですが、フレックスに加えノルマもないのであれば、女の人でもドライバーになりやすいですし、会社にとっても丁寧で細やかな気配りができる女の人が増えるほうがメリットが大きいです。

どのように求人を選べば良いか

今後業界に就職しようと思う人たちはどのように求人情報を見て会社を選べばよいのでしょうか。上記を踏まえて女の人の目線で考える、タクシー会社の選び方を考えていきましょう。
まず第一に女の人を歓迎しているタクシー会社を選ぶことです。女の人の参入を歓迎、推進している会社はワークバランスを考えた会社が多いですし、働く女の人を応援する制度が整っているところが多いからです。
二つ目に「最低給与保障」がある会社を選びましょう。福利厚生がきちんとしている会社に就職できれば、オーバーワークなどをして家庭との両立を妨げることもありません。
三つ目は高齢者や妊婦さんなどの利用者が多い会社を選ぶとよいでしょう。女の人ならではの気配り、心配りといった配慮ができるのはもちろんのこと、何よりも利用者に重宝されて、指名をもらえる事が増えるからです。ドライバーが同性というだけで安心材料に繋がりますし、利用者に喜んでもらえるので、仕事をしていてやりがいを感じるでしょう。

男性が考えるタクシー会社の目線ではなく、「女」だからこそ意識したい点は必ずあります。そこをないがしろにせず、業界へ参入しようと思うのであれば、上記をしっかり念頭に置いて就職活動をするようにしましょう。

珍しくなくなったとはいえ、まだまだ古い考えが残る業界でもありますので、過度な期待は禁物です。業務体系や社内の雰囲気、既に女の人がドライバーとして活躍しているかなどをしっかりと確かめたうえで、自身のワークバランスに沿った会社を選べるのがベストです。 安易に決断して間違えた選び方をしないように、事前にリサーチすることも大切です。実際に現場へ赴いたり、そのタクシー会社を利用してみるのも一つの手です。 もちろん、
業界を熟知したタクQの無料転職相談ダイヤルに電話して聞いてみることがもっとも手っ取り早いでしょう。

入社してから失敗した、という結果にだけはならないように、周りの人に感じの良かった会社を聞いて参考にするのもよいでしょう。 いずれにしても、ドライバーは笑顔で気配りのできる人に限ります。自分自身が楽しくイキイキと働ける会社と求人案件を選ぶように心がけましょう。

女性だからできる接客

バブル崩壊後に長く続いていた不況から抜け出せそうな昨今、女性にとってもタクシー業界も明るい光が見えはじめてきています。景気が良くなればタクシーの需要も増えて、その結果、求人が多くなって経済が回って行くのです。しかしながら一昔前と違って、最近はタクシーに、ドライバーに対する求めが少しずつ変わってきています。

これまでは目的地に早く着けばよかったのですが、今は居心地の良さ、サービスの向上といったものが求められるようになってきて、特に女性ドライバーに人気がでてきています。 少し前までは女の仕事ではない、珍しいといわれていましたが、昨今はタクシー強盗や性的な犯罪などもあって、ドライバーが同性であることを望む人も増えているのです。またサービス面からも細やかな接客をしてくれると評判で、さらに需要が高まる傾向にあるのです。 それに伴い、女性にとっても魅力的な求人も増えているようです。

そもそもタクシーに求めるものとしてもっとも大切なのは、目的地まで早く安全に運んでくれること、基本はこれです。ただしその時間を車中で過ごすのですから、少しでも居心地の良い寛げる空間であることが望ましくなります。そしてこういった居心地の良さをプロデュースする能力は男よりも女性の方が勝っていて、特に同性相手は強いですし、異性であっても丁重な接客とマナーの良さは高評価に繋がっていきます。 特に最近は、女性を中心に嫌煙家が増えてきて、匂いに敏感な人も増えてきています。

タクシードライバーの業務というのは長時間に及ぶもので、夏場などどうしても人によっては体臭が濃くなる人もいて、特に男性は気にしてデオドラントなどを使うと、それが逆に臭い、不快だということになってしまいます。こういったところも男女の差があって、仕方がないとはいえ客は正直なものなのです。

好感度が高収入につながる

そしてタクシーというのはドライバーを指名することもできて、一度乗って気に入った人がいると、営業所に連絡して予約を頼む、そしてリピーターになっていく場合があります。やはり乗客も人間ですから、同じお金を払うなら居心地の良く過ごしたいもので、普段の態度というのは大きなものになります。 そう、接客を良くするというのは結果的に自分自身の得にもなって、高収入に繋がっていくのです。

さらに、お客様によってはチップをくれる人もいるので、これも大きなポイントになります。(女性は余計にもらえたりします。) 最近の傾向として女性ドライバーが多くなっているのですが、需要が増え続けていることから、女性であっても男性よりも高収入だという人も少なくはないのです。ただしこれは性別というよりもその人の努力であり、清掃や接客に気を抜かず、丁寧に行うことによってお客様から信頼されて、また乗りたいと思われるようになるのです。

タクシーの目的は望む場所まで安全に早く運んでくれること、もちろん、これがもっとも必要とされることです。そのためには道を知って的確なルートを選べること、安全運転などがあり、それに気配りが加われば完璧になります。居心地の良さ、また利用したいと思われるようにするためには、お客様が望んでいることを読み取って行うことが大切になります。 そして女性ならではの心遣いというのもあって、それが笑顔と声かけになります。同性ならホッとできますし、男性なら異性に笑顔を向けられて嫌な気持ちになるということはまずないはずです。

ただし、話しかけるのはお客様の様子によって変える必要があって、挨拶くらいはいいですが、作業などに没頭している場合は邪魔になるので避けた方が無難です。そう、お客様を観察して必要な対応をとること、これが好かれるタクシードライバーに求められることになります。女性には備わっている資質ともいえます。

タクQ ならご希望の条件で優良タクシー会社が見つかります!

\ 入社祝い金 業界最大 合計で45万円 /
タクQの無料転職相談ダイヤル(TEL 0120-5963-15)にご相談ください。
ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。お気軽にご利用ください。
Webサイトは 「タクQ」で検索