タクシー転職成功ガイド 失敗しない勝ち組への道

最終更新日 2022年6月14日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

 

当サイトにアクセスいただきありがとうございます。タクシー転職成功ガイドでは、これから、タクシーのお仕事をしたいとお考えの方のために失敗しない勝ち組への道として会社選びの方法と役に立つ情報を提供しています。 真剣に転職をお考えの方はぜひ最後までお読みください。

 

タクシー求人サイト【タクQ(タク求・タクキュウ)】とトラック求人サイト【トラQ(トラキュウ)】を運営している株式会社しごとウェブ(代表取締役:佐藤 哲津斗)が当サイトを運営・管理しています。
トラQ

 


【運営サイト】タクQ

 

タクQについては、下記のページで詳細を説明しています。
【しごとウェブ】事業概要「タクシー求人サイト - タクQ」

 

タクQを解説した動画です。ぜひ、ご覧ください。

 

このページの目次

しっかりと稼げるタクシーの仕事は魅力的

今人気の仕事です

転職をお考えですか?
東京のタクシードライバーには実際に年収800万円以上の人もいます。
600万円くらいなら努力次第でどなたでも可能です。高年収目指して頑張ってみませんか。

実際に東京都の平均として410万円ほどなのですが、これは勤務日数の少ない定時制の方も含まれているのです。都内で正社員として励めば、おおよそ500万円以上は稼げます。

 

【参考】【一般社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会】平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

しっかりと稼げます

実は今、歩合給でしっかりと稼げるということでこの仕事「タクシードライバー」がとても人気です。 ホワイトカラーでいわゆるデスクワークのサラリーマンの年収が下がり続けています。この先も給料が上がる見込みのない方は多いのではないのでしょうか。
そういった背景もあり、高収入を目的として求人に積極的に応募する人が増えています。このサイトを見て、一度、タクシードライバーでしっかり稼ぐことについても考えてみませんか。 未経験から年齢も性別も関係なく女性も活躍しているので、転職に成功し、高収入を得たいとお考えの方には非常に魅力があるはずです。この仕事をおすすめします。

 

【参考記事】タクシー運転手の仕事で実は高収入を目指せる理由と本当に稼げるワケ

 

タクシードライバーの業務とは

タクシードライバーの業務は、運転してお客様を目的地まで連れて行き、その運賃を貰うことです。 お客様を乗せて車を運転する事はとても大変なことです。
どんな遠くの目的地にでも連れて行く必要が有りますし、拘束時間も長く、大変な業務と感じることもあるかもしれません。 そして、たくさんの方々が非常にやりがいを感じて、しっかりと稼ぐために前向きに仕事に取り組んでいることも事実です。

そして、時には道路を走り、駅前を待機したり、電話で連絡を受けたりして営業しています。タクシードライバーになる前に実際のことをもっとよく知っておきたいですね。

 

【参考記事】タクシー運転手の仕事の魅力について

 

魅力的な会社が多数あり

タクシードライバーはただ運転していればいいだけでは有りません。 様々な道を知っているも大切ですし、しっかりと安全運転を身に付けることも大切です。単純にただ入ればいいというわけにはいきません。 最近は、接客や営業も非常に大切になってきました。特に会社同士の競争が激しい東京においては非常に重要です。 お客様に名刺を渡し、必要なときには連絡をしてもらうことでお客様を確保するのもタクシードライバーの大切な業務なのです。

 

タクシードライバーは、転職して実際になろうと思えば誰でもなれる職業かもしれません。 しかし、想像以上に忙しくハードなのですが、その分、待遇もよく収入も恵まれているので最近は中高年だけでなく女性や若い人にも人気があります。

 

【参考記事】未経験からタクシー運転手に転職するには

 

東京ならしっかりと稼げます

東京では、普通にタクシー業務をやっていれば年収500万円は稼げます。そして、年収600万円以上を稼ぐ人もかなりいるようです。努力次第ではそれほど難しくはないのです。

そして、、会社には未経験からの転職でも充実した研修がある場合が多く、必要な資格取得も支援してもらえるので安心して取り組むことができます。

 

【求人はここで探そう】タクQ・東京都のタクシー求人・入社祝い金

 

優良なタクシー専門の求人サイト

 

タクQ

 

タクシードライバーを真剣に考えたら専門求人サイトの【タクQ】をおすすめしています。「無料転職相談」がとても便利なので利用されてみるとよいでしょう。

無料相談の専用のフリーダイヤルとLINE、メールがあり業界を熟知したスタッフがご希望に合った会社をご案内しています。 この職業について考えてみたいのであれば気軽に連絡してみるとよいでしょう。

高歩合、最低給与保障、寮完備などお望みの条件をお伝えください。東京都、大阪府を中心にでもっともふさわしい会社の優良な求人の案件が見つかります。

また、面接に要した交通費を支給・入社祝い金支給のある案件もあります。とても人気があり、お得なサービス満載です。 それから、入社が決まったら稼ぎ方も指南してくれるようです。しっかりと頑張って稼ぎたいという人は、迷わず使ってみましょう。成功したい方にはおすすめのサイトです。

【こちらからご連絡ください】【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

 

アフターフォローが重要です

タクシー会社に入社した後のアフターフォローが実は非常に重要です。その点については、タクQは、本当にバッチリであるといえます。しかも、利用料は一切かからないので安心ですね。 求人を探すとなるとあれこれ悩むことが多く、人生において非常に重要な分岐点となります。後で、会社選びを失敗してしまったということにならないためにも、成功するには業界の求人をよく知るアドバイザーは必要です。 フリーダイヤルにて一度、ためしに電話して相談してみましょう。なんでも教えてくれますよ。

 

【参考記事】タクシー転職サイトから支給の入社祝い金をもらおう

 

なんでもお気軽にご相談ください!

魅力的な会社に応募しよう

まず最初にすることは

タクシードライバーに転職するためには、まずは出ている案件から会社を選んで入社しなくてはなりません。ご自分のご希望にあった条件で選ぶことが大事です。 その次に必要な資格を取らなければなりません。具体的には、第二種自動運転免許が必要になります。ほとんどのタクシー会社では、入社した後に取得させてくれるので心配はいりません。どういった資格なのか、どのようにして取得するのか、こちらで解説しています。

応募について知識&情報

地域の情報について

タクシードライバーになるといっても、地域によって道などが大きく異なるため、その地域ごとに必要な技能や知識などが求められます。
もっとも人気の東京都でのタクシー会社の求人案件についてご案内します。

基本の知識

実際に転職して、タクシーの仕事に就くにはどうすればよいのかをかしっかりと知っておいてください。

メリットとデメリットは

もし、タクシードライバーに転職したらメリットもありますが、もちろんデメリットも存在します。 その二つを比べてみて、メリットが勝つようならば大いに検討してみてもよいでしょう。

会社の情報について

タクシー会社はかなりの数がありますので、もし入るならどこを目指すのか迷ってしまうかと思います。そんな時は、職場環境を見比べましょう。

知っておきたいこと

タクシードライバーの仕事を考える時 高校や大学を卒業後に新入社員として企業の一員であるサラリーマンとなる、そして大過なくそのまま勤め上げて、年功序列でそれなりのポジション、役職になって定年退社を迎える。
一昔前なら当たり前だったこの光景は、バブルが膨らみ弾けて飛んでしまった後に追従するように崩壊して、リストラだ、社内いじめで自主退職に追い込まれる、最悪は勤務先が倒産して職場を失ってしまうなど、のんびりと構えていられない状況をつくりだしています。 同時にスキルアップすることによって自分自身に付加価値を付けて、さらなる職場、自分を活かしてくれる企業を探す、「そのために転職をする」タクシードライバーになりたい人はそういった人も増えてきています。

 

【参考記事】定年後の仕事探しとタクシー運転手に再就職

 

心機一転で頑張れます

しかしながら、そんな自分に自信を持てる人はごくわずかで、多くは半ば不本意で次の職場を探すのです。サラリーマンにとって企業戦士という言葉は既に死後ですが、それでも家族がいる以上、収入を得て食べて行かなければいけないのです。 そして、そんな中高年の人たちには新たな仕事として、タクシードライバーの業務に人気が出てきています。

 

【参考記事】業界の最新情報

 

収入はどのくらいなのか

転職して、新しい仕事を考える時、大切なのは収入になります。ではタクシードライバーの月収はどのくらいかというと、東京都では平均して月に30万円前後、年収が400万円ほどになりますから、一般的と言えるでしょう。 これは、稼動日数の少ない定時制の人も含まれていますから、フル稼働している人だけなら年収500万円は超えています。なので、東京都のタクシードライバーは少し頑張れば年収600万円は普通に稼げるのです。 ですから、未経験から初めて年齢も関係なくサラリーマンよりも稼げるのです。これが、本当の魅力です。

 

【参考記事】タクシー運転手の仕事で実は高収入を目指せる理由と本当に稼げるワケ

 

多くの場合は歩合制

もっともタクシードライバーの給与は歩合制を取り入れていることが多く、稼いでいない方ももちろんいますが、その人たちは最初からあまり稼ぐ気がない人や、年金受給しながらの定時制の人であることが多いです。 意欲的に頑張る人は皆稼ぐことができる魅力のある仕事なのです。

 

【参考記事】タクシー運転手の仕事で「稼げる人」と「稼げない人」の違い

 

仕事内容を知りましょう

では、タクシードライバーに転職する前にこの業務がどういったものかというと、多くのタクシー会社で昼勤、夜勤、隔日勤務の三つに分けられていて、最近主流になってきているのが隔日勤務です。これは18時間労働、内3時間は休憩時間になっているので正確には15時間勤務をして、翌日は休み、さらに週に1回公休が入るというシステムが多くなっています。
まず、タクシー運転手の勤務時間が18時間という長期となること大変と思われるかもしれませんが、サラリーマンの場合は休憩を入れても9時間労働が基本なので、翌日は休みとはいえ倍の業務時間になります。 しかし、仮眠時間や休憩時間も含まれています。きっちりと休憩を取らないといけないのです。

 

【参考記事】
勤務形態「昼日勤」について
タクシー運転手の勤務体系「隔勤」とはその仕組み
勤務体系のタクシー運転手で夜日勤とは

 

ドライブレコーダーもあるから安心

さらにサービス業でもあり、時にはいやなお客様の態度に耐えなければいけないのです。これはタクシードライバーだけではなく、他のサービス業も同様のことが言えますが、車内という密室で一対一になってしまうので、増長するお客さまも中にはいるのです。
こういった相手を上手くさばく必要はありますが、最近はタクシー会社もしっかり対策しています。ドライブレコーダーがあるので、へんなことをするお客さんはほとんどなくなっています。転職において不安もあるかもしれませんが、この点は安心と言えます。

 

【参考記事】受け入れる体制が整っています

 

夢とメリットがあります

不安は確かにあるかと思います。しかし、タクシーの乗客は決して嫌な相手ばかりではなく、むしろそちらの方が極めて少数で、ほとんどの方は、きちんとした方で普通に意志が通じますし、感謝されて嬉しくなるといったこともあります。 また厳しい世の中ですが、タクシーの仕事は営業努力が実を結べば収入アップにつながりますので、積極的に働く意欲にも繋がって行きます。
さらに定年後に、平均年収が1000万円を超えるという個人タクシーを行う、そういった選択肢も生まれてくるので、年金が不安な今、さまざまな面から考えてこの業界を選び人が増えています。

 

【参考記事】タクシー運転手の業務に向いている性格はどんなのか

タクシー業界の最新情報

ご利用者の需要

タクシーは、公共の交通機関が発達していて車を持つ必要がない都会で住んでいる人も気軽な足代わりとして、雨が降った際や素早く移動する際には利用しているようです。
中にはマイカーを持ったりレンタカーを借りて出かけるなど、とにかく運転免許証を持っている人も多いのですが。

 

交通機関が発達していない地方ならなおさら免許を取得しておく必要があり、車がないと買い物や病院にも行けないから車が生活必需品というところもたくさんあります。
こんな車社会の日本ですが、高齢化が進み車の運転が危険になるという人や、飲酒をすれば運転ができないという法律の改正などで利用者からの需要がますます増えています。 しかしタクシー業界ではドライバーが不足しているので、どの会社も異業種からも募集している昨今です。

 

【参考記事】東京新聞 高齢運転手 業界手探り タクシーなど人手不足、衰え 個人差大きく

 

この仕事の希望者が増えてます

そんな中、サラリーマン生活や他の仕事をしていた人が辞めてタクシードライバーになりたいというケースも少なくありません。長年勤めてきた勤め先を何らかの理由で退職し、次に何の職に就こうかかと考えた時に、もともと車の運転が好きでいつも車で遠方にも出かけるから、お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら好きな運転をして収入を得たいから、自分の頑張りが収入に反映する、体が続く限り続けられるなどの理由でこの仕事を希望する人も少なくはないのです。

 

【参考記事】仕事をする上で大切なポイント

 

工夫次第の仕事

指示を守って上司に気を使って仕事をする毎日よりも、自分の工夫次第でより多くのお客さんを乗せて、しかも好きな運転をして収入を得るというこの職タクシードライバーに憧れる人は、特に今まで会社勤めを長年してきた40代、50代など中高年の人に多く見られます。気が付いている人には本当に良い転職となるのです。

 

【参考記事】自営業経験者こそタクシードライバー向き

 

タクシー運転手に転職するメリットとデメリット

タクシー運転手に転職するメリットは、採用してもらいやすくその割には「好待遇」で高収入が稼げるということです。 一般的な会社員の職種の求人は、多くの場合年齢による制限があり、年齢を重ねれば重ねるほど応募する側は不利となります。 大概、40歳を超えるとかなり採用してもらうのが難しくなるようです。 しかし、タクシー会社の求人はこのような年齢制限がありません。 40代でも50代でも未経験から歓迎してもらえます。会社によっては60代でもまったく問題なく採用してもらえるようです。

 

【参考記事】中高年から始められる仕事

 

寮付きなどの好待遇

そして、非常に好待遇です。寮は、きれいなマンションが完備されていて安い家賃で入ることができます。 会社には仮眠室のほか大浴場があるので、仕事終わりに一風呂浴びてすっきりとしてから帰宅することができるのです。 また、会社には駐車場があるので、自動車通勤ができる場合が多いです。そして、仲間と楽しく交流する場も大いにあります。

 

【参考記事】社宅・寮・住居手当有のタクシー求人情報・転職情報

 

給料は歩合制

月に12か13勤務がおおよそになりますが、給料は歩合でしっかりと稼ぐことができます。6割ほどが乗務員の取り分になります。 車両にかかる費用や、ガソリン代、車検代などはすべて会社持ちになっています。なので、しっかりと稼ぐ人は600万円位は稼ぎます。 そして、中には800万円や1000万円近くを稼ぎ出す人もいるのです。 やる気さえあれば、年齢も関係なく採用してもらえてこれだけ稼げる仕事は他になかなかありません。これこそがタクシードライバーに転職する最大のメリットといえるのではないでしょうか。

 

【参考記事】しっかりと稼げます

 

自由度の高い仕事

また、ほかにもあります。 それは、ずばり仕事の自由度が高いことといえるでしょう。 もちろん、職場には上司や先輩等がいるでしょう。しかし、ほとんどの時間帯が個人行動による営業時間なのです。 営業時間中は会社の人と会話すると言っても無線でのやり取りが多いのです。会社の先輩後輩関係や上司とのお付き合いが苦手な方には良いのでは無いでしょうか。 自分のペースに合わせて、だれに指示されることもなくできる非常に気軽な仕事なのです。ストレスを受けたくない方にはぴったりの職場といえます。

 

顔を合わせることも朝の朝礼位で、帰宅時間はバラバラがな事が多い職場なのです。 気軽に自由に過ごす事が出来るでしょう。歩合制の仕事は、きっちりと稼ぎさえすればよいのです。稼ぎさえすれば自分の収入も問題なく、誰にも文句を言われることもありません。 実際に疲れたらいつでもすきなだけ休憩時間にしても良いのです。

 

【参考記事】タクシー経験者の声とは?

 

勤務日数が少ない

務時間は長いけれども勤務日数が少ないこともとっても大きな転職するメリットです。 タクシー運転手は、月間勤務数が12勤務ほどです。先述しましたが。 出勤すると次の日は休みの様な仕事形態が続くでしょう。 沢山働き次の日は休みと言う様な仕事形態を行いたい方には 良い職場なのでは無いでしょうか。このように休みが多くあるので、趣味を楽しみたい方にはうってつけです。 釣りやゴルフ、草野球など同じ趣味の仲間も多くいるので思いっきり楽しむことができます。しっかりと稼いで人生を謳歌したいという人にはこれ以上はない環境です。

 

【参考】タクQ タクシー運転手の勤務形態と勤務時間を解説

 

経験・年齢も問いません

必要資格や経験、年齢も殆ど問わないでしょう。 普通運転免許さえもっていれば、後はタクシー運転手としての面接に合格すれば二種免許を取り、 地域によっては地理試験を受けるだけで良いのです。

 

【参考】タクQ 未経験者歓迎のタクシー求人情報・転職情報

 

腰に負担のかからない車両もあります

実際に、転職を希望すれば多くの方が就くことができる仕事です。 逆にデメリットと言うと、車に乗っている時間が長いので 腰を痛める方が多いということでしょうか。この点については、しっかりと休憩を取ることと、「腰に優しい車両を導入している」タクシー会社を選択することです。 タクQに相談するとよいでしょう。こういったこともきちんとアドバイスしてもらえます。やはりタクシー運転手はずっと車に乗っている仕事なので、体を痛めることもあります。 体が資本なので、万全を期して仕事に取り組むようにしたいですね。

ジャパンタクシーがかなり普及してきました。乗り心地もよく乗務員にとっても体の負担が少ない車両です。腰にもやさしいです。

 

【参考】トヨタ自動車WEBサイト トヨタ ジャパンタクシー

 

稼げるので心配不要

また、タクシードライバーの給与は歩合制なので、転職を考えたとき最初は非常に不安になりやすいということもあります。 しかし、やってみるとすぐに取り越し苦労に終わります。東京では簡単にお客様を拾えてすぐに保障給与以上に稼げてしまうのです。 月40万円以上は3ヶ月もあればだいたいクリアできるので心配する必要がありません。まずは保障給与をもらいながらやってみることでしょう。 タクQは稼ぎ方も指南してくれるようですので、一度聞いてみると良いかもしれませんね。

 

タクQ


転職で成功するためには

タクシードライバーの不足で希望者を必要としている業界ですが、実際には希望が多いことから採用の際の面接が厳しいところも中にはあります。 退職理由を聞かれその質問に対して面接官が納得できる説明をきちんとすることができるかどうかが大きなポイントとなります。 内容によっては、入社してもまたすぐにやめるのではないかと考えられるので、タクシー会社の責任ばかりにしたり、「もっと本人の努力が必要だったのではないか」「本当に辞めるしかなかったのか」という印象を持たれるようなら入社が難しい場合もあります。

 

【参考記事】【タクQ】タクシー転職体験談 毎日、笑顔で仕事を頑張ってます!

 

志望動機を明確にする

また、経験がある場合で他社からの移籍という場合には、横のつながりが深い業界のため、さらに以前の退職理由を厳しく問われることもあります。 また、なぜこの仕事を選んだのか、転職するにあたっての心構えや目標を明確にできることも大切です。

 

【参考記事】未経験からタクシー運転手に転職するには

 

事前の情報取集が大事

そして、実際にタクシー会社に入社をしたもののすぐにやめてしまうというケースも多く見られます。思っていたより顧客がなく収入が少ないとか、やっぱり自分は向いていないのではないかと感じたり、雰囲気が合わないなどが原因となってやめていくケースです。 そのようにタクシー会社の採用時の面接で通らなかったり、入社後にやめたくなるなどなく成功に導くためには、長年勤めていた仕事をなぜやめなければならなかったかを、会社や他の社員の責任にすることなく、自分自身が向上するためであることをしっかりと明確に面接官に伝えることや、事前にしっかりホームページで調べたり説明会に入ったりすることで他社とも比較したり、タクシー会社の勤務体系や先輩の声などを見聞きしてどのような中身かを知っておき、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

 

【参考記事】成功するタクシー会社の選び方

 

ポイントのまとめ

タクシードライバーへの転職を成功するためのポイントのまとめとしては、前の会社を辞めた理由が明確で納得してもらえるものであること、また入社後の仕事への意欲と目標を明確にすること、そして、タクシー会社選びの段階で自分に合った内容であるかどうかをしっかり見極めることが大切です。
そして、【タクQ】におすすめの会社をアドバイスしてもらいと良いでしょう。

 

【参考記事】未経験からタクシー運転手に転職するには

 

実際の応募の流れ

必要な知識

タクシードライバーになるにあたって大切なのは円満退職をすることや求人を確認することですが、タイミングがとても重要で会社が募集をしていないタイミングで活動をしても面接を受けることが難しい場合もあります。
目指すためには実際に入社するまでのスケジュールを計画してタイミングよく円満退職することが一番大切です。

 

【参考記事】【タクQ】タクシーってこんなお仕事です!仕事内容を解説

 

タクシー業界について

円満退職をしてタクシードライバーを目指すためにはどのような勤務体系で仕事をしているのか知ることが重要です。 給与体系に関する情報などを集めることで給与の相場がある程度理解できるので、タクシー会社1社だけの情報を集めるのではなく複数の情報を集めるようにしてください。

 

【参考記事】実は稼げる タクシー乗務員の収入

 

様々な業者を比較して一番自分の希望に近いタクシー会社を選ばなければなりませんが、面接を受けても条件が合わない場合は不合格になることがあるので、その場合にはもう一度スケジュールを立て直して連絡をすることが重要です。
やみくもに様々なタクシー会社に連絡をするのではなく、転職にあたっては自分にあったところだけを選んで業界に入ることが大切です。

 

【参考記事】【タクQ】タクシー会社の賢い選び方を解説

 

応募するための基礎知識

タクシードライバーに限らず、求人情報を見つけてから実際に応募をすると履歴書だけではなく、職務経歴書を作成しなければならないので、履歴書はなるべく手書きで記入して、職務経歴書はパソコンで作成しても問題ありません。一部のタクシー会社では指定された用紙で履歴書などを作成しなければならないので、事前に募集要項などを確認して必要な場合には指定された用紙に記入をします。

 

履歴書には学歴や職歴の他にも志望動機などを書かなければならないのですが、タクシー会社でも空白が多いと仕事に対する意欲が低いと見なされるので空白がないように埋めることが大切で、間違えた場合には修正液を使わずに新しい用紙に記入をし直すのが一般的です。また職務経歴書は時系列で作成するのが一般的なのですが、簡潔にまとめて2枚程度にすると印象が良くなります。

【参考記事】 タクシーで面接時の履歴書と職務経歴書の書き方

 

面接で聞かれること

面接を受けると必ずそのタクシー会社を転職先として選んだ理由を問われるのですが、必ず質問される項目なので事前に回答を準備しておくことが重要で、準備をしないで活動をしても希望のタクシー会社には入ることはできませんし成功には至りません。またネガティブな内容を説明する場合には言葉を選んであまりネガティブな印象を与えないように話す必要があります。
言葉の選び方を間違えてしまうと印象が悪くなることがあるのでイントネーションや声の明るさなどにも気を使って話をする必要があります。

 

面接が不安な方もご相談ください!

 

空白期間がある場合には

空白期間がある場合には正直に理由を説明する必要はありますが、全てを語る必要はないので、知られても問題のない範囲で説明をする能力が必要になります。タクシー会社を転職を考える場合には必ずきっかけとなる理由があるので、それを十分に説明できるように何度も家で練習をして転職活動をすると希望の会社に合格しやすくなります。

 

【参考】ハタラクティブ 空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介

 

面接で緊張しやすい場合

面接で緊張しやすい場合などには実際の会場を思い浮かべながら練習をすることが効果的で、最終的にはコミュニケーション能力の差が合否を分けるので、しっかりと目線を上にあげてポジティブな印象を持たれるように努力をすることで、合格する可能性を高めることができます。

 

【参考】ランスタッド 【アナウンサーが伝授!】面接で緊張しない方法?準備から当日対策まで?

 

意に沿った回答をすること

社会人を経験しているので、人事担当者がどのような気持ちで質問をしているのかしっかりと理解をすることができるので、意に沿った回答をして無駄のない時間を過ごすことが大切で、履歴や職務に関する質問で時間をとられて、自分の意志を相手に伝えることができないことがないように事前に十分な準備をして当日に望むことが大切です。
面接についてもわからないことがあれば、タクシー業界でもっとも評判の良い求人サイト「タクQ」に聞いてしまうのが早いでしょう。 失敗の不安なく、転職を成功させる近道です。

 

【参考記事】成功する会社の選び方について解説

 

タクシー会社なら初めての方も大丈夫

タクシードライバーという仕事に興味を持っている方は多いでしょう。ただ、未経験だからこそ不安があるという方という方もいるでしょう。初めてのことというのはやはり誰もが不安を抱くものですが、タクシードライバーという仕事は研修を受けることになりますので初心者の方でも安心です。

 

【参考記事】グリーンキャブは未経験者にオススメの優良な会社

 

さまざまな試験や研修制度がある

基本的に新人としてタクシー会社に入社したら、タクシードライバーとしてデビューするまでにさまざまな試験や研修を受けることになります。もちろん、このあたりはタクシー会社によって違ってくるのですが、だいたいの流れというのは同じになるかと思います。

 

【参考記事】タクシー会社への入社後の流れと研修内容とは

 

健康診断があります

まず、タクシー会社への入社手続きをする段階で健康状態をチェックすることになります。運転適性診断や健康診断を受けることになるでしょう。というのも、ご存知のようにタクシードライバーの勤務形態というのは基本的に長時間労働となります。長い時間、長い期間にタクシードライバーとして働いていくことができるのか、その適性や健康状態をチェックする必要があるのです。

 

【参考記事】タクシー会社で面接後の健康診断と採用について

 

健康管理が重要

激しく体を動かすわけではないのであまりそういうイメージがないかもしれませんが、タクシードライバーという仕事は体力勝負なところがあります。ここをクリアできないことにはタクシードライバーを目指すことはできないでしょう。ただ、そこまで不安に思う必要はありません。というのも、多くの方が問題なくクリアしているのです。自身がないのであれば、今日からでも健康的な生活というものを心がけていきましょう。栄養バランスのとれた食生活、十分で質のいい睡眠、適度な運動、ストレス発散……こういった当たり前の健康的な生活習慣を実践していくことが大切です。特に、タクシードライバーというのは人を乗せるのと同時に、その人の命をも乗せているのです。タクシードライバーデビューすることになれば、よりいっそう健康管理が求められます。健康維持や健康増進といったものを意識していきましょう。

 

【参考】タクシー転職のきっかけ タクシー運転手の心がける健康管理について解説

 

二種免許が必須

また、タクシードライバーとして働く上で必須となってくるのが二種免許です。二種免許を取得していなくともタクシードライバーを目指すことはできるのですが、未取得の方であれば二種免許の取得からスタートすることになります。二種免許を取得するためには教習所への通学や合宿などの方法があるのですが、基本的には多くのタクシー会社が二種免許取得にかかる費用を負担してくれたりサポートしてくれたりするものです。このあたりに関しては事前にしっかりと確認しておきましょう。普通免許を持っていれば最短で10日ほどで取得できるとも言われています。最近では、普通免許すら持っていないという方でもタクシー会社のほうがサポートしてくれる場合があります。ただ、これは新卒採用でのケースがほとんどですので、転職ということであれば先に普通免許を取得しておくようにしましょう。

 

【参考】タクシー転職のきっかけ 稼げるタクシー運転手に未経験からなるには

 

二種免許とは

二種免許は総重量3500kg、最大積載量2000kg未満の車で、乗車定員10名以下の人を運転することができるという免許になります。21才以上で、3年以上普通免許を取得している方であれば誰でも取得することができます。二種免許の取得は、運転試験場で技能試験を受けて合格するか、公安委員会の指定した公認自動車学校に通って取得するかという選択になってきます。

 

運転試験場での技能試験というのは判定が厳しいことで知られています。かなり高い熟練度が求められるのです。1回で合格できれば費用を抑えることはできるのですが、1回で合格するのはかなり難しいと言われています。だからこそ、多くの方が公認自動車学校のほうを選びます。

 

【参考】マイライセンス 第二種免許 普通自動車とは?

 

免許の取得について

公認自動車学校での二種免許取得というのは、普通免許の取得と似ています。第1段階では技能8時間、学科7時間を受けて、その後に第二段階として技能10時間、学科12時間を受けることになります。これを通過することができれば、無事に種免許を取得することができるのです。運転試験場よりはハードルが低いというだけであって、決して簡単なものではありません。普通免許を取得した上でさらにプラスが求められることになるのですから当然です。ただ、公認自動車学校のほうではきちんとポイントをアドバイスしてくれますので、その点は安心です。

 

【参考記事】タクシー転職のきっかけ 「普通二種免許」の取得費用はタクシー会社の負担

 

地理試験も必要

二種免許を取得すれば、いよいよタクシードライバーとしての研修を受けることができます。ただ、これは一部エリアを除く話です。というのも、例えば都内でタクシードライバーを目指すのであれば地理試験というものをクリアしなければいけないのです。実は、この地理試験というのはタクシードライバーを目指す上で最難関と呼ばれているものでもあります。東京の特定指定地域と大阪府、神奈川県内でタクシードライバーを目指すのであれば、この地理試験が必要になってきます。ちなみに、東京の特定指定地域というのは23区と武蔵野市、三鷹市です。なぜこの地理試験が必要になってくるのかというと、地理試験が必要となってくるエリアというのは他の地域に比べて道が複雑で、利用者が多いからです。お客様を乗せたものの、道がわからなかったり迷ったりしてしまっては話になりません。

 

【参考】タクQ 地理試験とは

 

東京都の場合には

もし東京でタクシードライバーを目指すのであれば、財団法人東京タクシーセンターが開催する4日間の講習を受けた上で、地理試験を受けることになります。問題数は40問あり、32問以上正解での合格となります。正解率が80パーセント以上で、基本的にマークシートでおこなうことになります。地理試験が必要のないエリアでも社内で地理教育がおこなわれますので、どちらにしても知識は必要になるのです。

 

【参考】東京タクシーセンター 研修について

 

社内研修について

あとは、社内研修です。机上での社内研修では道路交通法などの法令研修といったものはもちろん、マナーやロールプレイングも含めたお客様への対応に関する研修、無線営業やタクシーチケットやクレジットカードの取り扱いなどの研修、事故防止に関する研修など基礎知識を身につけていきます。

 

【参考】日本交通HP 未経験でも安心な研修制度

 

先輩ドライバーが指導してくれます

実地での社内研修では、実際のタクシーに教官役の先輩ドライバーが同乗する形で実技研修を受けることになります。自動ドアや料金メーター、無線機といったものはタクシーならではになるかと思いますが、こういった機器の使い方を学ぶだけではなく、乗客を拾いやすいエリアや接客の仕方なども身につけていくことになります。聞き流すのではなく、わからないことはとことん質問し、大切なことはメモに残すようにしましょう。タクシードライバーデビューは目前まで迫っているのですから、必要なものはとことん吸収しておくべきです。この研修は最後のチャンスとも言えるのです。

 

【参考】神奈中タクシーHP ドライバー・指導班長運転士正社員・ナイト勤務の先輩社員の声

 

いよいよデビュー

そして、研修を終えればいよいよ運転手デビューです。すべてのハードルを順調にクリアできれば、入社してだいたい1ヶ月ほどでタクシードライバーとしてデビューすることができます。売上も気になるところではありますが、最初のうちはタクシードライバーという仕事に慣れることを考えていきましょう。

 

【参考記事】 タクシー入社後の最初のシフトは?

 

未経験者の方も心配は不要

このようにタクシードライバーを目指す未経験者の方であっても、しっかりとした研修体制がありますので安心です。確かに簡単とは言えないものもありますが、基本的に真面目に勉強をしていれば十分にクリアできるものです。思ったよりも時間がかかると思った方もいるかもしれませんが、逆に言えばそれだけ時間をかけるからこそ初心者の方でも安心なのです。

 

【参考】タクシー転職のきっかけ 未経験からタクシー運転手になれるのかを解説

 

実際にタクシー運転手として必要な資格とは

タクシー運転手になる為に必要な資格は第二種自動車免許です
しかし、この第二種運転免許はタクシー運転手として採用された後でも取得する事が出来ます。 その場合は、取得を職場がサポートしてくれる事が多いのです。 タクシー運転手になりたいと思った場合は、通常の第一種自動車免許のみで良いでしょう。

 

他になにも必要無く、経歴が無くても採用され易いのがタクシー運転手の特徴なのです。 資格も経験も無いと言う方にはとても働き始めやすい環境だと思います。

 

【参考】タクQ 未経験者歓迎のタクシー求人情報・転職情報

 

タクシー運転手は「地理試験」が東京などで必須

地域によっては、地理試験に合格する事も必要になってきます。 東京、大阪、神奈川の一部では、この地理試験に合格しなければ タクシー運転手として働く事が出来ません。 しかし、この地理試験も採用された後に受ける事が出来る物なのです。 地理試験は言葉の通り地理についての試験です。 東京、大阪、神奈川は地理が複雑で様々な地名があります。 沢山の土地へ運転する事になるでしょう。 この地理試験に合格しなければタクシー運転手として働く事が出来ません。

 

【参考】地理試験に合格 東京都のタクシー会社に転職

 

特定指定地域について

特定指定地域というのは、23区と武蔵野市、三鷹市です。 東京、大阪、神奈川は必要量も多く、道路も混み合い運転が難しい地域とされています。 他の地域では必要のない地理試験が必要になってしまうのです。 内容は、道路に関する事、地名の読み方等、署名建造物について、公園、名所、旧跡等の質問、鉄道駅の所在等の筆記試験です。 問題数は40問あり32問以上正解での合格となります。 正解率が80パーセント以上ですが、そこまで難しい試験でも無いです。 それぞれ地域のタクシーセンターで受ける事ができます。

 

【参考】東京タクシーセンター 輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験

 

地理試験はどのような試験か

地理試験は基本的にマークシートで行う事ができます。 マークシート方式なら感で当てる事が出来ると考える方も居るでしょう。 しかし、意外に難しい問題も紛れているのです。 勉強をせずに受験をすると、不合格に成る方も多いでしょう。 実際に受ける場合は、事前にしっかりと勉強をして置く事が大切です。

 

また、試験を合格する為ではなくタクシー運転手になる為に勉強をする事です。 人の多い地域だと、様々な地域へ運転の要請をされるでしょう。 しっかりと道路について知っておく事が要求されるでしょう。 地理試験に合格する為だけでは無くプロとして働く為にしっかりと勉強をしておきましょう。

 

【参考記事】地理試験と営業エリアをチェック

 

運転免許のみでもOK

勿論他の地域ではこの様な地理試験は必要無く、 第一種、第二種の免許さえ持っていれば働く事が出来るでしょう。 最近は業務の経験が無ければ働く事の出来ない職場も増えました。 しかし、タクシー運転手は資格を持っていない方にも働き易い環境なのでは無いでしょうか。 運転免許さえ持っていれば、後は入社した後に会社側がサポートをしてくれるのです。

 

タクQ


タクシー運転手はいつまで働けるか

タクシー運転手の求人には基本的には年齢制限はありません。 何歳の方でも、経歴がどの様な方でも、面接に合格してタクシー運転手として 必要な資格をそろえる事でお仕事を始めることがができます。想像以上に年配の方も多いのでは無いでしょうか。

 

定年制度がない

定年退職という制度がありません。 実際には75歳以上の方は引退するともいわれていますが、 本当のところ、自由なのです。経験を積んで個人タクシーを開業してしまえば、本当に個人での経営なので極端な話ですが80歳以上の方でも 年齢などは関係がありません。ですから実質的には制限は無いのです。

 

【60歳以上でも歓迎の会社】【タクQ】日興自動車グループ各社の求人情報

 

若い方も大丈夫

また、若い方でもまったく問題などないでしょう。 車の免許を取る事が出来る18歳以上でしたら誰でもなる事は出来ます。 しかし、若い内から目指す人は少ないでしょう。 ある程度になり、職場を離れ、タクシー運転手として再出発する方が 多いので年齢層が高いのでは無いでしょうか。

 

【20代30代の方は使ってみよう】【タクQ】20代30代のタクシー求人・無料転職支援サービス

 

始めやすい仕事です

運転手の求人は本当に多く見かけます。 制限無し、経歴も必要無し、必要な資格は運転免許証のみとなると 仕事を復帰したい方にはとても働き易い環境なのだと思います。 この様に、年配も方からでも始めやすい仕事で、 独立すると年齢制限無く働く事が出来る仕事なのです。 その点で層が高く感じるのかも知れませんね。

 

【参考】【タクQ】タクシー転職体験談 毎日、笑顔で仕事を頑張ってます!

 

タクQ


成功する会社の選び方について解説

現在タクシー会社はどんどん増えている状態となっているのですが、 これはそれだけタクシーを利用するお客様が多いと言った事の証になります。

 

実際にドライバーに転職する人も増えていて、 どのようなタクシー会社で働けば良いのかといった「選び方」で悩む人がいますが、 まず大切にするべきなのは収入の部分に関してでは無く、作業に関してになります。

 

【参考記事】 タクシー転職相談で成功する会社選び

 

営業車両も重要

例えばどんなに収入が良くても、とても古い車両ばかりを扱っている会社などの場合には 走行中に故障が起きるようなケースがあり、お客様に迷惑を掛ける事になります。 また、タクシードライバーとして働いているのであればタクシーは本当に 自分の中での癒しの場所で無ければならないので、余りにも古い車両の場合、 エンジン音が気になったりシートが固かったりと言った問題もあります。 ですから、出来る限り新しい車両を使っている会社を選んでいくと良いでしょう。

 

そしてお給料の部分に関してですが、これはほとんどの会社で 基本給に歩合がプラスされる形となりますが、更に無事故でいた場合に対して 無事故手当があったり、有給などもしっかりと利用させてくれるような会社が望ましいですね。 また地方で働きたいと言う場合には 社宅が完備されているようなタクシー会社を選ぶと良いでしょう。

 

【参考記事】 受け入れる体制が整っています

 

「選び方」は非常に重要

近年ではタクシー会社での勤務条件もどんどん良くなっていますので、 転職するのであれば今が最もチャンスなのかも知れません。「選び方」は非常に重要です。 転職は勇気の要る事ですが、実際にドライバーに転職をした人達は 会社の中で息が詰まる思いをして働いていた時に比べると ドライバーになった今の方が充実していて、楽しいと言います。

 

【参考記事】 タクシー会社の賢い選び方 これから転職するために

 

タクシー運転手の業務に向いている性格とは

タクシー運転手に向いている性格は、真面目で記憶力が良く、愛想が良く自己管理の出来る人なのでは無いでしょうか。 タクシー運転手は覚える事が多い仕事です。 様々な道を覚える事が好きな人はタクシー運転手に向いているでしょう。 ある程度真面目で仕事が好きな方やもともとドライブの好きな方でしたら道の覚えも良いのでは無いでしょうか。

 

【参考記事】 タクシー転職体験談 毎日、笑顔で仕事を頑張ってます!

 

道を知っておくこと

ある程度の道を知っていると、どの辺りがお客様を確保しやすいか、お客を誘導しやすいか、道路の混みあう時間帯か、等を良く覚えておく事が出来るでしょう。 この様な細かな記憶力が大切なのです。 また、愛想は大切です。 最近はタクシー運転手が増えて、愛想を求める人も少なくなりました。 しかし、実は固定客をつかむ事も出来る仕事なのです。 良い対応でしたら、また利用したいと思うでしょう。 電話番号を記乗した名刺を渡しておくと、必要な時に電話で要請をされる事も多いでしょう。 タクシー運転手として稼いでいる方の中には固定客をつかみ日々お客様を沢山確保している方も居るのです。
実は、とても愛想や接客が必要な物なのです。

 

【参考記事】 道を覚えること

 

時間の自由が利く

それから、仕事中は自由が利きやすいのです。 つまり、自由時間も多い仕事なのです。 ある程度休み、ある程度仕事をし、と自己管理をしっかりとして仕事をする事でストレスを溜める事無く働く事が出来るでしょう。

 

【参考記事】 自由度の高い仕事

 

タクシー会社への転職のポイント

タクシードライバーになりたいという気持ちはあるものの、いざタクシードライバーを目指すにあたってどのタクシー会社を選べばいいのかで迷ってしまう方は少なくありません。実際にタクシー会社と一口に言っても、実にさまざまなタクシー会社が存在します。もちろん、言うまでもないことですが、タクシー会社であればどこでもいいというわけではありません。タクシー会社には選び方というものがあるのです。

 

転職理由を明確にしておく

まず、タクシードライバーを目指すにあたってその転職理由というものを明確にしていきましょう。就職活動や転職活動においては自分のテーマを決めることが重要であるといった話をよく見聞きするかと思いますが、まさにそのテーマが転職理由なのです。別に難しい言葉を連ねる必要はありません。シンプルになぜ自分がタクシードライバーに転職したいのかを考えればいいのです。収入をアップさせたいのであれば収入面をメインに考えればいいですし、人間関係を重視したいのであれば人間関係をメインに考えていけばいいでしょう。

 

【参考記事】 タクシードライバーの面接時の転職理由について

 

詳細な部分をチェック

転職理由というものを明確にしていくと、自然と選ぶべきタクシー会社の特徴が見えてくるはずです。ただ、そういう部分というのはぱっと見ではわからないものです。だからこそ、自分のほうからタクシー会社に尋ねるといったことが必要になってくるのです。もちろん、「タクQ」のようなタクシー転職サイトであれば、そういった部分も代わりに聞いてくれるでしょうし、その他の詳細についても教えてもらえるでしょう。タクQだからこそ、タクシー会社の雰囲気や人間関係などの求人情報には載っていないような細かい情報まで教えてもらうことが可能なのです。

 

【参考】タクQ 利用者の声

 

収入面をチェックしておく

実際にタクシー会社を選んでいくポイントというのはいろいろあるのですが、もし収入面を重視している方であれば、歩率のいいタクシー会社を選ぶというのもひとつの選択肢です。タクシー会社の給与体系はそれぞれ異なってくるのですが、基本的にはほとんどのタクシー会社で売上によって変動する歩率というものが存在します。いわゆる歩合給のことです。この歩率が高ければやはり得られる収入も増えてくると考えていいでしょう。

 

【参考記事】 タクシー運転手に転職するメリットとは何か

 

大手4社を選ぶのもいい

単純に大手のタクシー会社を選ぶというのもいいでしょう。ご存知かもしれませんが、タクシー会社には大手4社と言われるタクシー会社が存在します。こういった大手タクシー会社のグループ会社になってくると、大手4社のタクシー会社の専用のりばやタクシーチケットなどの営業メリットが受けられようになります。そうなってくると、当然、売上も安定してくることになるでしょう。

 

大手4社の求人情報をチェックしよう

日本交通株式会社・各営業所の求人情報

国際自動車株式会社・各営業所の求人情報

大和自動車交通グループ各社の求人情報

帝都自動車交通株式会社・各営業所の求人情報

 

地理試験と営業エリアをチェック

タクシードライバーを目指す上で大きなハードルとなってくるのが地理試験です。地理試験が必要になってくるエリアとそうでないエリアがあるのですが、基本的に地理試験が必要になってくるエリアというのは人口が多いです。それゆえにたくさんのお客様を乗せられるようになりますので、収入もアップしやすい傾向にあります。高いハードルをクリアするからこそ、多くの収入が望めるようになるのです。

 

【参考】タクQ 地理試験とは

足切りの有無をチェック

一般的な仕事ではノルマを課せられることもあるかと思うのですが、タクシードライバーにおいてもタクシー会社によっては足切があります。言ってしまえば、ノルマを達成できなければ歩率が下がり、収入が減るのです。ただ、タクシー会社の中には足切なしのところもあります。そういったところを選べば、極端に収入が減ってしまうといったことはなくなるでしょう。

 

【参考】タクQ 給与補償制度有のタクシー求人情報・転職情報

 

マイカー通勤OKかをチェック

タクシードライバーを目指していく中で、待遇面を重視しているという方もいるでしょう。待遇面にもいろいろなものがありますが、例えばマイカー通勤OKといったものもひとつのポイントになってきます。タクシー会社の営業所というのは、だいたい最寄り駅からはちょっとばかり距離があるものです。そのため、マイカー通勤OKのタクシー会社だと通勤が一気に楽になります。

 

【参考】タクQ マイカー通勤可のタクシー求人情報・転職情報

 

研修制度をチェック

未経験の方であれば待遇面では研修制度も気になるところでしょう。基本的にタクシードライバーの求人というのはそのほとんどが「研修制度あり」となっているものです。ただ、具体的にどのような研修をおこなっていくのかはそれぞれのタクシー会社によって異なってきます。事前にどのような研修をおこなっているのかも含めて確認をしておいたほうがいいでしょう。

 

【参考】タクQ 未経験者歓迎のタクシー求人情報・転職情報

 

二種免許の取得制度をチェック

未経験の場合には、第二種免許の取得もしなければいけません。第二種免許の取得のための制度というのも待遇面のひとつのポイントです。ただ、これはほとんどのタクシー会社にある制度でもあります。そのタクシー会社が提携している教習所で取得できるでしょうし、費用もタクシー会社が負担してくれることがほとんどです。費用に関しては月々の給与から天引きするシステムをとっているところがほとんどですので、勤続年数が最低でも何年と決まっていることも少なくありません。

 

【参考】タクQ 資格取得支援有のタクシー求人情報・転職情報

 

寮と定年制度をチェック

あとは寮や定年制度といったところもポイントになってきます。寮完備のタクシー会社は少なくありませんし、タクシー会社によってタイプや費用といったものも違ってきます。定年に関しては、タクシー会社ではだいたい65歳だと言われているのですが、「定年制度無し」のタクシー会社を選べば定年後のことも考えずに済みます。「定年制度有り」の会社でも定時制という勤務スタイルで無理なく働くことができますので、そのあたりもどちらが自分に合っているのかを考慮していきましょう。

 

【参考】タクQ 社宅・寮・住居手当有のタクシー求人情報・転職情報

 

勤務形態をチェック

タクシー会社の勤務形態というのは、隔日勤務という朝から翌朝まで勤務するといったスタイルとなっていることがほとんどです。そのため、昼間だけ働く、夜だけ働くといったことが難しい傾向にあります。ただ、タクシー業界も人手不足で人員を確保するために勤務形態を選べるようにしているところも見られるようになりました。このように勤務形態が選べるタクシー会社から絞り込むというのもひとつのアプローチでしょう。

 

【参考】タクQ 勤務時間選択可のタクシー求人情報・転職情報

 

車両設備をチェック

地味にチェックしておきたいのが車両設備です。例えば、「カーナビ全車搭載」と記載のあるタクシー会社であれば、地理に不安を持っている未経験の方でも安心できるでしょう。「ETC/クレジット決済機能搭載」といった記載があれば、現金だけではなく、クレジットカードしか持っていないというお客様や長距離移動で料金がお高くなってしまうお客様の対応も十分に可能となります。乗せられるお客様が多くなるわけですから、当然、売上のアップも期待できるでしょう。

 

【参考】タクQ カーナビ搭載のタクシー求人情報・転職情報

 

人間関係の良さをチェック

そして、人間関係です。タクシー会社に限らず、どのような仕事においても人間関係というのはとても重要なポイントになってくるものです。社会人の抱える悩みの多くが人間関係に起因するものです。つまり、人間関係に恵まれているタクシー会社を選ぶことができれば、それだけで大きなストレスを回避することができるのです。ただ、人間関係というのは実際に勤めてみないとわからないものです。それこそ求人情報からだけでは把握できないものです。

 

【参考】人間関係が良く働きやすい会社! 株式会社グリーンキャブの求人情報

 

タクQがお応えします

そこで役立ってくれるのがタクQのようなタクシー転職サイトなのです。本来であれば実際に働いてみないとわからないような職場の雰囲気なども含めて、詳細を教えてくれるでしょう。人間関係に不安があるなら、それを事前に伝えておけば配慮してくれるはずです。

 

タクQ


真剣にこの仕事に挑戦してみませんか

お仕事探しとタクシー会社への転職を真剣にお考えでしょうか。 はじめての業務に対してはどうしても不安が付きまとい、疑問に思うことなどもいろいろあったりするものです。 周りや自分の知り合い、友人にこのタクシードライバーの業務についている人がいれば気軽に相談することもできるのでしょうが、そうでない場合には相談する相手はまずいないのではないのでしょうか。
真剣に相談したいなら、業界をよく知るタクQのスタッフに相談してもらうのが良いかと思います。

 

【参考】タクQ 利用者の声

 

実は高待遇!タクシーの運転手の仕事とは

タクシー運転手は殆どが正社員です。(一部、定時制の方がいます。)会社に所属し、職場の車を運転する事がドライバーの仕事です。

 

自由度の高い仕事

タクシー運転手となると勤務時間やノルマも決められている事が殆どです。勤務時間は、21時間程の勤務が殆どなのでは無いでしょうか。 時間帯にするととても多く感じられますが、一人で走っている時間の方が多いでしょう。 常にお客様を確保する事は難しいのです。 自由な時間が多い分、ある程度自由な事が出来るのです。 正社員としてはとても自由時間が多い物なのでは無いでしょうか。

 

【参考】タクQ 勤務時間選択可のタクシー求人情報・転職情報

 

ノルマは気にしなくていい

また、会社によっては、ノルマもありますが、まったく気にする必要はありません。ふつうにやっていれば誰でも超えられる非常にハードルの低いものです。 正社員として働くわけですからしっかりと仕事をすればよいというだけです。何の問題もないでしょう。

 

【参考】タクQ 給与補償制度有のタクシー求人情報・転職情報

 

給与保証がある場合も

しかし、運転手として正社員で働く事で一定金額の給与は保証されていると言う事なのです。募集しているところは待遇もしっかりしています。 最近は、会社員をやめて転職される方も多くいます。。 個人で開業する場合は、会社員として10年以上続けた方がなる事が出来るものです。 個人で開業すれば勿論ノルマ等の必要は有りません。 仕事終わりに職場に収めるお金も無いので、全て自分で給与を管理する事が出来るでしょう。

 

【参考記事】収入面をチェックしておく

 

しかし、会社に雇用されている正社員とは違い完全に個人の仕事の度合いで給与が決まります。 会社員として働く方が一定金額の給与は保障されているので安心感は高いのでは無いでしょうか。 タクシードライバーとして働くのならば、まずは正社員からはじめてみましょう。タクQで募集を確認するところからはじめてみませんか。

 

まずは使ってみよう!
【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

相談してみることが大事

では、タクシードライバーへの転職についてどこの誰に相談したらよいのでしょうか。タクシー業界専門求人サイト「タクQ」のコンサルタントが評判がいいようです。 親切丁寧になんでも教えてくれます。Webでの情報を見ただけではわからないようなことまで事細かに教えてくれるのはここしかありません。 フリーダイヤルで電話して話をすることができるので気軽に利用してみたらよいでしょう。多くのタクシードライバー希望の方が利用しているみたいです。

 

【参考記事】タクシー転職で後悔しないための対策

 

知らないことは教えてもらおう

タクシー会社への転職に限らずですが、自分の知らないことや周りの人に聞いても教えてもらえないことは知っている人に聞くことがもっとも手っ取り早いです。 このタクシーの仕事に少しでも興味がわいているんでしたら、まずはどのようなものなのか、自分の不安や疑問に対してはどうなのかといたことをきちんと聞いた上できちんと理解してクリアにする必要があるでしょう。
なにも調べもせずに自分で勝手に解釈して本当のことを知らずにずっと過ごしてしまうのはとてももったいない話です。 タクQは、無料でどんな相談にも乗ってくれるので、気軽に利用してみたらよいでしょう。

 

まずは使ってみよう!
【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

高収入でとても魅力的

中高年になると、応募できる会社も非常に限られているため多くの人が仕事探しに苦労しています。 1年どころか2年3年と就職活動をしている人も珍しくはありません。売り手市場とはいっても一部の人気の職種と30代までの若い人に人気が集中してしまっています。 そのため、中高年ともなるとなかなか転職先が見つかりません。
それなら、思い切って高収入稼げるタクシードライバーに転職したらよいのではないでしょうか。年収もそれなりに稼げますし、中高年の同僚もたくさんいるのですんなりと受け入れてもらえます。 思っておられるよりもずっとよいですよ。楽しく気軽にやっている人もたくさんいます。未経験からはじめて本気で年収800万円を目指している人もいます。タクシーの仕事は実はそれだけ稼げるのです。

 

【参考記事】タクQ タクシー転職でよかったと実感できる点

 

優良な会社をご案内します

実際にこの仕事タクシードライバーを考えてみたいという方は、タクQを利用したらよいでしょう。親切丁寧に要望どおりの優良なタクシー会社を案内してくれます。 入社祝い金もどこよりも大きな金額をもらえるようなのでしっかりともらっておきましょう。 老後の蓄えも作らないと不安な世の中です。年金だけで生活することはできません。しっかりと稼げるタクシー会社で高収入を目指して頑張ってまだまだ働きましょう!

 

【参考記事】タクQ タクQの強み

 

気楽にやれる仕事です

もちろん、転職となると誰しも人間関係が不安なのですが、タクシー会社はその点まったく心配が要りません。 まず、上下関係がないのです。ですから、厳しい上司などはいません。
無理な指示や要求などを上司にされると本当に疲れるし精神的にもへとへとになりことですが、タクシーではそのようなことがないのです。 これが完全歩合給の良さです。気楽にやりながら、しっかりと稼いでしまえばそれでいいのです。

 

【参考記事】タクQ 気になる給与体系は「歩合給」

 

応援します仕事探し

タクシーで頑張りたいあなたを応援します! 日本では、なぜか転職に対してあまりイメージが良くないようです。回数が多いとそれだけで評価が悪く採用してもらえなくなったりということがまだまだ平気で行われています。 欧米では、転職せず逆に一社しか経験していないほうが評価されないという文化のようです。

 

【参考】成功する賢い会社の選び方

 

転職を成功させる

転職は確かに人生の分岐点になることが多く、失敗だけはしてほしくありません。このタクシー会社を選んでよかった!と思えるようにしてもらいたい。 そこで、求人票に書かれていることやイメージだけではなく、実際のことをしっかりと調べて選んでいただきたいと思います。 それには、知っている人に聞くのが一番です!タクシーのことであれば、一番詳しいのはタクQの無料転職相談のスタッフです。電話して聞いてみてください。なんでも答えてくれるはずです。

 

【参考】タクシーの転職で成功する方法を教えます

 

専門サイトのタクQ

タクQは株式会社しごとウェブが運営している、このタクシー業界の情報を扱った専門サイトです。各企業に依頼されて優秀なタクシードライバーを募集しています。 きちんと厚生労働省の認可もとり、営業しているわけですから、しっかりと信頼できますね。掲載している企業もそれなりにタクシー業界での大手から有名企業が多く、こういった点からも安心して利用できそうです。

 

まずは相談してみよう

転職を考えるにあたって不安なことや疑問なことなどもすべて悩んでいるよりもタクQに電話して相談してみましょう。タクシー業界と求人について熟知しているようでなんでも丁寧に答えてくれます。 こんなこと聞いてもいいかな。。なんて思っていることでもまったく心配要りませんよ。本当に電話で親切に教えてくれますから。 こんな親切な会社があるんですね。転職のためタクシーの仕事を探している方にとっては本当に頼もしい救世主になります。思う存分活用してしまいましょう。

 

まずは使ってみよう!
【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

 

応募する人が増えています

今はどこの業界も人手不足なので、転職というのは転職希望者のほうが有利に進められると言われています。実際にそれを実感している転職者も多いでしょうし、自分の思うような転職先を見つけられたという方もいるでしょう。そういった中で、なぜいまタクシー会社への転職というものが注目されているのでしょうか?要はタクシードライバーとしての転職ということなのですが、その転職理由について考えてみたいと思います。

 

【参考】この仕事を選ぶ理由は年代でさまざま

 

定年後の仕事にもなります

転職理由というのは実にさまざまなのですが、そのひとつとして定年退職後の転職先というものが挙げられます。昔は定年退職後というのは退職金や年金でのんびりとした老後を過ごすのが定番でしたが、昔と比べると退職金もそこまで期待できないですし、年金なんてもっと期待できません。「人生100年時代」と言われるような今の時代ですから、定年退職後の人生もかなり長いわけです。そう考えると、お金というのはいくらあっても足りないでしょう。

 

だからこそ、定年退職後にも働く必要が出てくるのです。悲しいことだと思われる方もいるでしょうが、今の時代を生き抜いていくためには必要なことなのです。そこで選択肢として浮上してくるのがタクシードライバーなのです。定年退職後の転職先としてタクシー会社を選び、そこでタクシードライバーとして働くという選択をする方は少なくありません。タクシードライバーの業界には、定年退職という制度がないところもありますし、定年を延長することで65歳を過ぎても働くケースが多いのです。

 

【参考】タクQ 定年後の仕事探しとタクシー運転手に再就職

 

70歳過ぎでも働いている方もいます

定年退職後、タクシードライバーとして働く方が多いからこそ、タクシードライバーの平均年齢が高くなっている部分もあるでしょう。実際にタクシードライバーというのは、中高年の方が多いものです。定年退職後からタクシードライバーを未経験で始めて、そのまま10年勤務するという方もいるほどです。70歳を過ぎていても現役のタクシードライバーとして第一線で活躍している方もいます。

 

【参考】タクQ 70歳過ぎまで働くなら 株式会社グリーンキャブ

 

また、長く働くことができるからこそ、タクシー会社に転職し、タクシードライバーとして仕事をしているという方もいます。今の時代は、新しい商品やサービスが生まれてもすぐに消えてしまうものです。何事にもおいても選択肢が多いからこそ、入れ替わりも激しいのです。そのため、せっかく入社した会社が数年でなくなってしまうこともあります。そういった中で転職を繰り返す方も少なくはないでしょう。

 

長く働くことができる

ただ、タクシードライバーであれば長く働くことができるのです。先でもお話ししましたようにタクシードライバーであれば定年退職の制度がないタクシー会社が多いですし、仮に定年退職の制度があったとしても人手不足などによって定年を延長するケースも珍しくないのです。70歳を過ぎてもタクシードライバーとして働く方がいるくらいなのですから、年齢を重ねても長く活躍していくことができるのです。

 

では、逆に年齢の上限というのはどうなっているのでしょうか?これはそれぞれのタクシー会社の判断に任せられることになりますし、あとはタクシードライバーの自己判断によるところが大きいです。ただ、タクシードライバーを引退する目安としてはだいたい75歳あたりを考えておくといいでしょう。ちょうど判断力などが低下してくる年齢です。他の仕事では、定年退職は60歳から65歳ほどとなります。これを考えても、やはりタクシードライバーは長く働くことができるのです。

 

【参考】タクQ 年金受給者歓迎のタクシー求人情報・転職情報

 

中高年から始められる仕事

「中高年からでも始められる」ということで、タクシー会社への転職を考える方も少なくありません。他の仕事であれば、一定の年齢を超えてしまった中高年というだけでネックになってしまう部分があります。実際にそれで転職活動などで苦労してきたという方も多いでしょう。しかしながら、タクシードライバーであれば仮に中高年の方であっても年齢がネックになることはほとんどないのです。

 

【参考】中年世代の考え方はまた違います

 

平均年齢が高い

なぜ中高年の方でも年齢がネックにならずに済むのかというと、ひとつはもともと平均年齢が高いという部分が理由として挙げられるでしょう。それに加えて、タクシー業界というのは今人手不足となっているのです。もともと給与体系もタクシー会社がそこまで損をしないようになっていますので、中高年の方でも遠慮なくバンバン採用することができるのです。
給与体系の話が出ましたが、タクシー会社というのは歩合制を取り入れているところがほとんどです。これを理由にタクシードライバーとして、タクシー会社に転職をする方もいます。頑張った分だけそれが給料に反映されることになりますので、慣れるまで最初のうちは安定した収入を確保するのが難しいかもしれませんが、逆に効率よく仕事ができるようになったり、仕事そのものに慣れてきたり、地理に慣れてきたりすることによって給料もぐっと増えてくるのです。

 

【参考 この仕事を選ぶ理由は年代でさまざま

 

ノルマのない会社もある

タクシー会社によっては、ノルマがないところもあります。このノルマがないという部分に魅力を感じて、タクシー会社に転職する方も少なくありません。先でもお話ししましたように、タクシードライバーは基本的には歩合制の部分がありますので、どれだけ売り上げを上げられたのかによって給料が決まるようになります。もともときちんとしたタクシー会社であれば、利益がなくて人件費の支払いや会社の経営ができなくなるといった心配はほとんどありません。

 

言ってしまえば、タクシー会社は余裕のあるところが多いのです。だからこそ、ノルマのないタクシー会社もかなり見られるようになっています。そのため、働く量は自分で管理することができますし、休憩も自分の好きなようにとれるようになっているのです。ノルマに追われることがなければ、自分ともしっかりと向き合うことができます。心身ともによりよい状態でタクシードライバーとしての仕事に励むことができるのです。

 

【参考記事】ノルマは気にしなくていい

 

人間関係のストレスが少ない

パワハラやストレスなど人間関係による問題が少ないからこそ、タクシー会社に転職するという方もいます。実際にタクシードライバーとしてタクシーを走らせている間というのは、自分ひとりか乗せているお客様とやり取りをするかという形になってきます。常に同じ相手と一緒にいるというわけではないので、一般的なサラリーマンと比べたときにパワハラやストレスなどの人間関係による問題というのは少なくなってくるでしょう。

 

組織の中で働くということに大きなストレスを感じていた方であればあるほど、タクシードライバーならではの解放感にハマってしまうのかもしれません。あくまでも仕事ですから好き放題していいわけではないものの、やはり自由度というのはかなり高くなってきます。マイペースに働きたいという方にとっても、タクシードライバーというのは最適な仕事と言えるのです。

 

【参考記事】気楽にやれる仕事です

 

実は休みが多い仕事

そして、タクシー会社への転職理由に休みを挙げる方も少なくありません。というのも、タクシードライバーというのは思っている以上に休みが多い仕事でもあるのです。そのため、連休が取りやすい傾向にあります。もちろん、それぞれのタクシー会社の勤務カレンダーにもよるのですが、ほとんどのタクシー会社で3連休くらいなら簡単に取得できるものと考えていいでしょう。しっかりと休みを確保したいという方にもタクシードライバーというのはおすすめできる仕事なのです。

 

まずは使ってみよう!
【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

 

タクシー運転手の仕事の魅力について

タクシー運転手の魅力は自分なりにいくらでも工夫をする事が出来る所でしょう。 多くの仕事は、沢山の業務と職場を共有しながら働きますよね。 営業職でも、多くの営業先を回ると言えども社内での仕事も多いでしょう。 様々な方と接する接客業でも、接客する場所は決まっている事が殆どです。 しかし、毎日運転する場所が違います。待機場所は基本的には決められています。営業戦略は好きに立てて良いのです。

 

【参考】工夫次第では大きく稼ぐことが可能な業種

 

自由にできる仕事です

今日はどのルートを走り、どの待機場所で待機し、どのお客様を見つけようかを考える事が営業戦略に繋がります。 タクシー運転手は自由時間も多いので、お客様を乗せていない間は自由に出来る事も多いでしょう。 暇であれば好きな時に昼食をとっても良いですし、テレビを見ても、音楽を聞いても好きにしても良いのでは無いでしょうか。 勿論仕事をさぼる事はいけません。 タクシー運転手の社内は、カメラが付いている場合も多いですし、勿論GPSが付いている車が殆どでしょう。 他にも、お客様を乗せて行先が決まれば行先を連絡する必要があります。 この様に、自由だけれどもある程度の拘束が有るのです。 ある程度自由に運転をしながら、自分なりの戦略を立てて、どれだけ1日にお客様を乗せる事が出来るかを考えるととても楽しいでしょう。

 

タクシー運転手は向いている人だといくらでもお客様を乗せる事が出来ると思います。 勿論運もありますが、自分なりの戦略を立てる事が出来る所が楽しいのではないでしょうか。

 

【参考】 タクシーの仕事には自由がある

 

本当のタクシー会社での転職の口コミと評判

タクシードライバーへの転職をお考えでしょうか。 もし、未経験の方であれば、全くわからない世界に入ってこれから働くというのは非常に不安があることと思います。 そのようなとき、やはりタクシーの転職についての相談相手が必要です。

 

Webで検索していると非常にたくさんのサイトが出てきます。 フリーペーパーや折込チラシといった紙媒体の広告よりも圧倒的に情報が充実しているので非常に便利といえます。 どのサイトがよいのでしょうか。ずばり、タクシー専門の転職相談を行っているタクQを利用してみましょう。

 

実際の転職体験談はこちらから
【タクQ】タクシー転職体験談 毎日、笑顔で仕事を頑張ってます!

条件に合った会社が見つかる

タクQの無料転職相談がおすすめなのはなぜか、という理由をご説明します。 まずは、厳選した優良企業のみをご案内しているという点です。 評判の良くない会社は取り扱わない方針とのことで、会社を厳密にチェックしているようです。 入社した後に満足できる環境であるかを第一に考えているということのようです。 給料や、寮そのほか細かな待遇についても会社によってそれぞれ違いますから、どのような待遇や条件を希望するのかといったことは明確に決めておき、タクQに相談すると良いでしょう。 もっとも希望に近い会社を紹介してもらえます。

 

【こちらからご連絡ください】【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

 

業界を熟知したスタッフが対応

そして、タクQには転職相談があるのですがこちらに電話を掛けると業界をよく知ったベテランスタッフが対応してくれます。 タクシードライバー経験者がスタッフにいるので、当然ですが実際の業務についても非常に熟知しています。 求人情報には書かれていないことでもなんでも聞いてしまうと良いでしょう。なんでも丁寧に答えてくれますよ。 また、内定が出ましたら入社後にタクシードライバーとしてどのような心構えが必要なのか、どのように努力すれば稼げるようになるのか、具体的な稼ぐためのコツも聞いてみると良いでしょう。 非常に面倒見の良いスタッフがいるのでこういった質問にも答えてくれるのです。 実際にタクQを使って、アドバイスしてもらえたことを忠実に実行してすぐに月収で50万円を超えてしまった人がいるようです。 今はさらに月収が延びているのだとか。。すごいですね。口コミ評判もかなりいいようです。

 

【参考】【タクQ】タクQの強み

 

入社祝い金が明確

入社祝い金についても、他のサイトと比較してよく見てみるとわかるのですが、面談の前に支給額と支給の条件を明示してくれます。 これはとても嬉しいですね。転職するための準備にもなにかとお金がかかります。 少しでも多くもらえたほうが心強いのです。入社祝い金はできるだけたくさんもらえたほうが間違いなくいいでしょう。

 

【参考】【タクQ】タクシー求人の入社祝い金について

 

情報収集にも使える

もちろん、利用料は無料なのですからこれは使わない手はありません。 タクシードライバーの仕事をお考えの方にとってのベストな情報収集手段といえる転職パーフェクトガイドzは文句なしに、タクQですね。 まずはWebサイトを見てみることをおすすめします。各社の詳細な条件や最近の評判なども教えてくれるようです。

 

【参考】【タクQ】利用者の声

 

仕事をする上で大切なポイント

タクシー運転手を行う上で大切な事は、安全運転をする事でしょう。 お客様がお急ぎの場合はどうしても急いでしまう事もあるでしょう。 しかし、お客様を安全に送り届ける事が一番タクシー運転手に大切な事なのです。

 

交通事故を起こさないこと

タクシーでの交通事故についての動画ニュースを見てみましょう。

 

 

もし、タクシー運転手を行っている最中に車の事故を起こしてしまうとタクシー運転手として復帰する事は出来ないでしょう。 その為、交通事故に気を付けてしっかりと運転を行う事が大切です。

 

道を覚えること

また、道をしっかりと覚える事も大切です。 タクシー運転手は道のプロだと思っている方も多いでしょう。 簡単な住所、近くの建物等を言うだけで目的地に連れて行ってくれると思っているお客様も多いはずです。 勿論知ったかぶりはいけませんが、ある程度道に把握している方が、タクシー運転手として頼れる存在になるでしょう。

 

道はタクシー運転手として働いているうちに覚えます。 また、お客様を乗せていない時の運転でも道を学ぶ事は出来るでしょう。

 

沢山の抜け道、とまでは言いませんが、ある程度有名な建物、地名等は覚えておく様にしましょう。 カーナビよりも自分の感覚の方が運転では便りになる事も多いのです。 しっかりと道を把握して運転をする事が、タクシー運転手には大切なのです。

 

【参考記事】 タクシードライバーが積極的にカーナビを使わないワケ

 

接客の意識も大切

また、タクシー運転手は接客業です。 お客様とは一期一会で、再度同じお客様と乗り合わせる事は少ないでしょう。 しかし、接客はとても大切な物です。
任せてよかったと思える様な接客を心掛けましょう。

 

大手はしっかりとした研修があるので安心です!

【参考】国際自動車グループ 国際自動車グループが誇る業界トップクラスの研修体制

 

未経験からタクシー運転手に転職するには

タクシー運転手になるには募集している会社へ求人応募する事が一番早くなる方法でしょう。会社に所属する形が一番多いのです。 タクシー会社の求人に応募すると、まずは面接があります。 応募に至った動機などを話します。 また、この仕事に向いているかどうかもこの時に見極めるのです。

 

健康診断があります

次に健康診断を行う企業が多いです。健康な体がとても大切な仕事です。 また、仕事中は座っている事が多いです。 タクシー運転手を初めてから腰痛が酷くなる方も多いでしょう。 事前にしっかりと健康診断を行う企業が多いのです。

 

その後は書類選考等もあります。 今までの経歴等を見る事も大切なのです。 勿論運転免許証が有る事も必須となっている職業です。
これらの試験に合格する事で、なる事が出来るでしょう。

 

【参考記事】タクシー会社への入社後は健康診断を受ける必要がある

 

二種免許の取得が必要です

 

合格した後は様々な勉強を行う必要が有ります。 まずは二種免許を取得しましょう。 二種免許は、お客様を乗せて運転をしても良いかどうかのテストです。 二種免許が終わったら、自動車事故対策センターでの研修の必要があります。 東京、大阪では地理試験を行う必要もあるでしょう。 その後、実務、路上研修を行い働く事が出来る様になります。 だいたい一か月から一か月半程度でタクシー運転手としての仕事が出来るでしょう。 二種免許をお持ちの方でしたら、10日程でなる事が可能です。

 

【参考】【タクQ】タクシー運転手に必要な資格について解説

 

はじめてこの仕事を志す方へ

未経験でも歓迎してくれて、大きく稼ぐことができる職業といえばタクシードライバーです。
これまで企業で勤務していた人などは、わずらわしい人間関係から解放されて、上下関係もなく気軽に1人で仕事をする姿に憧れていたりすることもあり、 転職を考える人もいるようですが、これまで別の仕事をしていたのであれば当然、これからとなりますから、本気で考える際には様々な不安がありますよね。
特に運転が上手くなければいけないといったイメージや、 朝とても早い時間から夜遅い時間まで働かなければいけないので全然、自分の自由な時間がないようなイメージがあるようですが、 実際の勤務時間はかなり生活にゆとりがあり、趣味に打ち込むこともできるような時間を十分確保することが可能になっています。

 

【参考記事】タクシーの仕事には自由がある

受け入れる体制が整っています


【画像:日本交通HPより】日本交通のタクシー 車種一覧

 

ドライバーの育成に取り組んでいます

多くのタクシー会社では、ドライバーの育成に取り組んでいますし、使用する車両に関しても当然最新のものになっていますので、 走行中に故障が起きてしまうような心配もほとんどありません。また、未経験で道を知らないといった場合でもカーナビを使って仕事をすることが可能です。

 

また一時期タクシードライバーに関しての様々な事件などが相次ぎましたが、 現在ではドライブレコーダーを搭載している車両が殆どになっているため、勤務中の乗務員を狙った犯罪などはほとんど無くなって来ていますから、こうした部分でも安心だと言えます。

 

【参考】日本交通HP 業界初!日本交通「ドライブレコーダー」タクシー全車両に装着!

 

楽しみながらできる仕事

ある程度仕事を続けていくことによって道に詳しくなるだけでは無く、様々な観光名所に出かけて行く事はや、 今までは知らなかった場所に出かけていくことなども可能になるので、 自分にとってもプラスになる部分が非常に多い職業だと言えます。 ですから、未経験からタクシードライバーに転職する人はどんどん増えている状態となり、 しっかりと収入を得ながら自分なりに仕事を楽しんでいる人が多いようです。

 

【参考】日本交通HP 未経験でも安心な研修制度

稼げるのは『東京都』のタクシー会社

タクシードライバーの求人へのご応募をお考えでしょうか。それなら、東京都が一番おすすめです。 地方の方でも、上京してきたほうが良いでしょう。年収が地方とでは2倍から軽く3倍は違ってきます。 そして、寮を完備している会社も多数あります。その中からもっとも自分にふさわしい会社を探せばよいのです。 とにかく、働く以上は収入は非常に大事です。都内であればまず間違いありません。地方都市よりもずっと大きな稼ぎになります。

 

東京都は非常に人口が多く、人口密集度も大きい都市です。 そして、土地が高いため駐車場代も高く電車の交通も発達しているため自動車を所有していない人も大変多いです。 そこで、バスもありますが手軽に目的地にいけるタクシーを利用する人が非常に多いようです。

 

【参考】タクQ 東京都のタクシー求人と転職情報・入社祝い金

 

業界で人気のサイト「タクQ」

タクシー会社に応募するのであれば、専門サイトを使うのが良いでしょう。おすすめは、「タクQ」です。 厳選したレベルの高い会社のみを取り扱っており、「ハズレ」がありません。 そして、入社祝い金は業界で一番高いようです。また、業界を熟知したスタッフが丁寧に対応してくれるのではじめてであっても心配いらないとのことです。 さらには、面接に要した交通費も支給してくれるとのことです。

 

【参考】タクQの強み - 面接へ行くのに要した交通費を支給します

 

上京してしっかりと稼いでみませんか? 年収800万円も超える人がいるという魅力の業務です。それほど簡単ではありませんが、努力がきちんと報われます。 まずは年収600万円を超えられるように頑張りましょう。やる気さえあれば大丈夫です。 増税もまだまだあり、老後の蓄えもしっかりと作っておきたいですね。応援しています!

 

実際の業務内容

タクシードライバーの業務内容は、人のいそうなところを流してお客様を乗せて目的地までお連れすることです。 第一種普通運転免許を取得して3年以上がたっていればとなたでも求人にご応募いただけます。 ただし、健康状態や身なりなどで採用してもらえない場合もあります。東京では特に会社により採用基準が異なるようです。

 

【参考】仕事を探してる方から良くあるQ&A

 

とても条件の良い仕事

なぜタクシードライバーの募集広告はよく見られるのでしょうか?  やめる人が多いため、新聞の求人欄や転職情報誌などに、しょっちゅう募集広告が載せられています。  つまり実際勤めている方たちが足りないためこのようなことになるのですが、それにはこの業界特有の理由があるといえます。以下にそれらをご説明させていただきます。

 

稼げると謳っているものの実際は

この仕事の求人広告には宣伝効果をねらってか、「数十万以上円の給与保障」「免許取得費用会社が全額負担」などタクシー業界未経験の方たちに魅力的なキャッチフレーズが並んでいることが多々有ります。  しかし、実際務める方でも免許を取得してしまえば辞めてしまおうと考える方や、保障給が適用されない時期になったらやめようと思われる方たちなどがいます。  他には、勤務に実際に携わると最初は皆さん不慣れなことが多いですので、思ったより稼げないという場合や、広告のキャッチフレーズのようにはなかなかいかない、接客業のためお客様とのトラブルが起こる、交通事故や違反といったことが起こり業務継続が不可能になったなどの多々の理由で続けるのが難しくなる場合があるものです。  他業種から転職した方たちが多いといった特性から、都会の複雑な道路事情の中でお客様のご要望に応えるといった仕事の大変さからプレッシャーを感じてしまうこともあります。  このような理由での勤務当初の離職率が高くなりがちになっています。

 

【参考】しごとウェブ転職 タクシー業界からの転職先はどこがおすすめ?

 

ベテランの方たちの離職

タクシードライバーは法人・個人共に高齢ベテランドライバーの方たちが多く働いている業界といえます。  厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(平成22年)」によりますと平均年齢は56.8歳で、勤続年数は9.3年だそうです。実際、ご高齢の運転手の方もそれほど珍しくはありません。  特にここ数十年で急速に高齢化が進んだといえるでしょう。  仕事は、ずっと車に乗り続けている仕事で体力的にもきついものがあります。よってご高齢の方たちは自然とこの仕事を辞めていかざるをえないのが現状です。これが就業者の減少に一役買っています。

 

【参考】政府統計の総合窓口 賃金構造基本統計調査 平成22年賃金構造基本統計調査

 

なぜ募集の広告が多いか

上記のような、この業界を取り巻く厳しい環境は、ドライバー業務に携わる方たちの慢性的な不足を生む要因となっています。この業界は、お客様を車でお送りするというサービス業ですから、まずそれについての向き不向きがあります。  乗務員募集の内容だけではわからない適性といったものが上記のように数々あるわけです。

 

【参考】タクシー転職相談で成功する会社選び 入社して満足する会社を見つけるコツ

 

法律による規制もある

また、法律の変更もこの業務の就業条件を難しくしてきた要件になっています。平成14年には規制緩和があり台数が増加したり、平成22年のタクシー特措法施行により台数が減少したりして現在も減少傾向が続いています。利用者は横ばいのため、この間街には空車が目立つという結果になりました。これがこの業務の業務条件の改善を難しくしてしまいました。

 

【参考】法令検索 タクシー業務適正化特別措置法施行規則

 

離職する人も多いです

この業界は競争の激化と、交通ルールの厳格化、求められるサービスの向上などで、求められる資質は決して簡単なものではありません。その人材不足を埋めるために募集をかけ、理想と違っていた適性が合わないなどの理由で離職する人が多く、よってまた募集するといったことが繰り返されているというのが現状といえるでしょう。

 

【参考】タクシー転職のきっかけ タクシードライバーの転職で後悔していること

 

残念ながらやめていく人もいます

どんな仕事でもそうですが、ある程度続けてみないと真の適性はわからないものですが、この仕事は、間口が広い、常に人材を求めているなどの理由で就業しても、勤務初期に辞めてしまう人が多いのが平均勤続年数を下げる大きな要因になっているといえるでしょう。それが求人広告が多く見られるということにつながっています。

 

【参考】タクQ タクシーの転職を失敗と感じやすい原因とは

 

実は稼げる タクシー乗務員の収入

タクシー乗務員の給料は、年齢、勤務時間等を考慮すると、とても安いとイメージしている方も多いかもしれません。 日本全国では、年収平均は300万円いかない位のはずです。拘束時間の割にはとても安く、平均すると本当に少ない金額だと思われるかも知れません。けれども、あくまで平均値なのです。

 

何事もそうですが、平均値を語ることにはあまり意味がありません。 細分化してみることが必要なのです。 タクシー乗務員の仕事は地域によって大きく収入が変わってきます。やはりもっとも稼げるのは東京都です。 東京都だけに限れば、平均で年間支給の給料は400万円を超えます。そして、この数値は、月に8日勤務の定時制の人も含まれての数字です。 定時制の人を含まなければ、年収で500万円は超えるのです。ごくごく普通にやってさえいれば、500万円は稼げてしまう仕事なのです。
そして、本気で頑張れば年収600万円も超えますし、タクシー乗務員のトッププレイヤーになればかなりの給料になり年収800~1000万円も十分に可能なのです。 これが歩合給の世界です。成果を上げさえすればそれなりの額を給料として稼げるのです

 

【参考】全国ハイヤー・タクシー連合会 平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

 

待遇は魅力的です

おおよそ東京でタクシー乗務員として頑張れば最初の半年ほどは保障される給料が30万円ほどあります。 実際には、やる気を出して頑張ってしまえば、この保障給などを超える歩合給を稼いでしまうので、すぐに意味がないことになります。 本当なのか?と疑問に思われるかもしれませんが、本当です。 多くの人がやはり最初は不安なようですが、実際にやってみると東京では街中に乗りたい人が多く流していると手を上げてくれる人がたくさんいます。 地方とはやはりこの点が大きく違います。ですから、東京でのタクシー乗務員は魅力なのです。

 

【参考】給与保証6ヶ月間32万円 【タクQ】グリーンキャブの求人

 

頑張った分稼げるのも魅力

長くサラリーマンをやっていると、そもそも毎月支払われる給料は決まっていて当たり前だという錯覚に陥りがちです。 しかし、その給料というのは紛れもなく会社の利益から出ているのです。その意味では、利益に貢献した人が多くもらうことこそが公平なのです。 タクシー乗務員の仕事には学歴も年齢も関係ありません。どれだけ貢献したかがすべてです。 一件、シビアに思われるかもしれませんが、当然のことと捉えて会社のためにも自分のためにも売上を上げられるよう努力をすればよいのです。 努力をすればきちんと向く割るのがこの仕事の良いところです。まったく無駄にはなりません。

 

【参考記事】 収入はどのくらいなのか

 

年齢の関係ない給料

今現在、いくらほどの年収を稼いでいますでしょうか?バブルが崩壊し、雇用環境が悪くなってからというもののリストラも横行し、40代以上は再就職もできない状況です。 そして、20代30代は入社してからほとんど昇給もなく年収で300万円程度の人がとても多いようです。 であれば、きちんと稼げるタクシー乗務員の仕事をしてみませんか? まず、稼がないと生きていくことはできません。年とともに必要なお金は増えていきます。年収・給料の上がらない仕事に固執する必要などありません。 今の倍の年収600~800万円を稼げるようにタクシー乗務員に転職しませんか? 不安なことがあれば、タクQに相談すれば大丈夫です。稼ぎたい気持ちさえあればなんとでもなります。

 

【参考】FROM40 40代の転職が「厳しい」「地獄」と言われる理由と対処法

 

給料の良い会社選びはタクQ

タクQは、入社された後もしっかりと稼げるようにアフターフォローさせていただいています。 具体的には、稼いでいるドライバーのノウハウをお教えしています。これはマスターしてしまえば、しっかりと「勝ち組の給料」を稼げます。 東京都内のどこをどのように流せば、長距離乗ってくれるお客さんを拾えるのか、といった最重要なことを教えてもらえるのです。 これで、稼げないはずはありません。自信を持って、タクシー乗務員として頑張ってください。

 

実際のタクシー乗務員の稼ぎとは

就職や転職を考える時にもっとも気になるのはやはり収入、給料ひとことでいうと年収の数字になるはずです。確かに好きなもの、やりがいのある仕事というのは素晴らしいものですが、人はそれだけでは生きていくことができないのです。特に家族がいて養わなければいけない時には、自分のことを後回しにしてでも割の良い仕事を見付けたいと思うのが普通のことになります。そして仕事というのは実は続けていれば、考え方次第でいくらでも楽しくなったり、やりがいを見つけることができますが、収入に関してはどれだけ頑張っても難しいというのが現状です。 それでは最近になって就職先、さらには転職先として人気のあるタクシードライバーの年収や平均月収はどうなっているのでしょうか。この業界というのは低収入だということを耳にしますが、同時に働き方次第ではかなりの高収入だという話も聞きます。同じ業界で矛盾が生じている、ここをしっかりと知っておくことで、就職先として考えるポイントになるのでチェックが必要になります。

 

【参考】 結局タクシーの仕事でいくら稼げるの?

 

一般的な稼ぎ

それではタクシードライバーの平均的な年収が幾らかというと、430万円前後といったところになります。これを12ヶ月で割れば平均月収は35万円強となって、それなりに高く感じられるかもしれないです。もっともボーナスや賞与といったものも含まれているので、だいたいは30万前後となって、一般の中小企業のサラリーマンと同じくらいと考えた方がいいでしょう。 しかしながらこの年収の平均というのが曲者で、タクシー業界というのはどこもだいたいは給料に歩合制を取り入れているところが多く、自分の努力次第で収入をアップさせることができるのです。それゆえ平均というのは上から下までを合わせて割ったものなので、参考になるようでならないというのがこの業界の収入なのです。ただし基本給は最低限のものが保証されているので、売り上げが悪くともゼロになったりはしないので安心してください。

 

【参考】全国ハイヤー・タクシー連合会 平成29年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況

 

しっかり高年収稼げます

この仕事魅力は何と言っても自分の頑張りが給料に繋がるところにあって、一般的な平均月収は中小企業のサラリーマンと同等でも、営業努力を重ねていけばかなり高収入を得ることができるのです。 タクシー業界に限りませんが、現在、ドライバーの多くが実は60才以上で中には年金をもらっていて仕事をセーブしている人もいて、タクシーを求めている乗客に対して、動けるドライバーの数が少ないというのが現状だったりするのです。すなわちこの部分を自分が頑張れば、より効率よくお客様を乗せることによって収入をアップさせることもできるのです。ある意味ではとても分かりやすく、それゆえ努力の甲斐があるとも言えるのです。

 

【参考】タクQ 気になる給与体系は「歩合給」

 

先を見据えて仕事を考える

現在の日本は観光地化が進んでいて、さらに2020年には東京オリンピックを控えているので、これからさらに需要は高まると考えられます。観光客にとっては金銭よりも時間の方がずっと大切になっていて、特に都内は電車で回るよりもタクシーをチャーターした方が楽な場合もあります。そういった面を考えるとドライバーの仕事の需要も高まってきますし、今から道を覚える、観光名所を学ぶなど、自分自身のスキルを高めることによって、お客様から求められるドライバーになることができます。気に入られると指名されることもあり、これによってお客様を探す無駄な時間が省けますし、中には長距離を頼んでくる人もいます。 こういった意味で、タクシードライバーの平均収入は一般的ですが、自分自身の努力によって、いくらでも高収入にすることができる職業でもあるのです。

 

【参考】定年後の仕事探しとタクシー運転手に再就職

 

 


タクシー会社に勤務する上での重要なルール

タクシー運転手には暗黙の了解と言う物があります。 暗黙の了解と言うか、大切な決まり、鉄則と言う物でしょう。

 

それは、タクシーの順番待ちです。車道を走っている時に止められてお客様を乗せる事が多いです。 しかし、好きに道を走っていてもお客様を必ず乗せる事が出来るとは限りませんよね。

 

待機場所を利用しよう

そんな時は、待機場所に着く方が良いでしょう。 タクシー運転手には待機場所が決められています。 駅前等には待機場所がありますよね。専用の待合場所が有るのです。

 

この場所には順番があり、前から順番にお客様を乗せる仕組みになっています。 時間帯によってはタクシーの列が長打に成り何時間もお客様を待つ事になるでしょう。 しかし、この順番は抜かす事は出来ませんし、お客様が来たとしても前の列から順番に譲る事が大切なのです。運転手にはこの待機列の順番が暗黙の了解となっています。

 

しかし、この待機列はお客様を選ぶ事が出来ません。 タクシー運転手はお客様を乗せて走った距離がお給料に反映されます。 出来る限り長距離のお客様を乗せる方がタクシー運転手としては嬉しい事でしょう。

 

【参考】日本交通株式会社HP 日本交通専用タクシー乗り場

 

遠距離のお客を乗せよう

出来れば1メーター、もしくは1000円以内よりも長い距離を希望するお客様を選びたい物なのです。暗黙の了解は待機列を守る事ですが、早く待っているからと言って長距離のお客様を乗せる事が出来るとは限りません。
タクシー運転手になったら、この暗黙の了解をしっかりと守るようにしましょう。

 

女性でも稼げる優良なタクシー運転手の仕事

タクシードライバーをしている女性はまだ珍しいと思われるでしょう。 確かに、基本的には男性が大半を占める職業です。最近では、若い方も多いのですがまだまだ年配の男性が多いのではないでしょうか。 まだまだ珍しい存在といえるかもしれません。 若い男性も稼げる職業として捉えるようになってきているので、男女を問わず求人はこれからますます人気になりそうです。

 

【参考】タクQ 女性専用の施設完備のタクシー求人情報・転職情報

 

最近はかなり増えてます

そして、最近は女性でもタクシードライバーの求人に応募し、就かれる方もかなり増えているのです。対象とした求人広告も見かけるかと思います。 特に経験や資格も必要なく誰でもすぐに働けることができる店が魅力的だからなのではないでしょうか。 それだけでなく、充実した福利厚生や35万円以上の最低給与保障や高い歩合給もこの求人の魅力です。実際に年収500万円くらいは稼げるようになりますから。
夜勤が嫌だという方は、昼間のみでも勤務できます。

 

実際に運転する車に乗った方は、最初は驚いたりもするようです。 しかし、実際は変わらずに運転技術もあり、男性と変わらず業務をしています。 また、逆に丁寧な運転で安心するという方も中にはいらっしゃいます。

 

【参考】日の丸交通株式会社 女性が活躍している会社です!
なでしこタクシーのご利用について

 

女性ならではの気配りも魅力

もしかしたら、リピーターを増やしやすい存在なのかもしれません。 男性に比べると、地図を見ることができない、方向感覚が分からない、道を覚えるのが苦手であったり、運転技術が拙い方が多いともいわれています。 しかし、それはあくまでも統計的に見たことであって、タクシー運転手に適している方も多いのです。 また、男性には無い気配りを行うことができるというのも魅力となります。

 

【参考】タクQ 女性もタクシーの求人に応募しています

 

女性のお客様にも人気

特に女性のお客様は、安心することができるという人も多いのです。 もしかしたらそのうち、女性のみのタクシー会社ができるかもしれませんね。 それ程、ここ数年で増えてきているのです。まずは求人へのご応募を考えてみませんか。

 

【参考】 読んでみよう! 女性歓迎のタクシー会社と求人

 

※以下の動画は実際に「春駒交通」で働く女性を取材したものです。
ご参考までにご覧ください。

 

 

実際に高収入を稼げます

東京都では平均して年収は400万円ですが、この数字は乗車日数の少ない定時制の人も含むため、フルに稼働してきちんと営業すれば年収500万円くらいは難しくないようです。 歩合給で給料が決まるため、年齢も性別も関係がありません。女性も地道にコツコツと頑張ればそれなりに稼ぐことができます。 ほかの仕事のように女性だからといって不利になるようなことがありません。それがこの仕事、応募する求人の魅力でもあります。

 

【参考】 しっかりと稼げます

 

女性も稼げる仕事です

女性には一般事務の求人が相変わらず人気なのですが、おおよそ年収は300万円かそれ以下になります。 現在は男性の年収も下がっています。女性であってもアテにすることなく自分自身で稼ぐことも必要です。
普通に頑張れば、年収500万円以上や600万円は十分に可能です。
これからはますます経済が不安定で不安な世の中です。 女性であってもタクシードライバーでしっかりと稼ぐのも良いのではないでしょうか。 たった一度の人生です。今後の生活や老後のことなどもきちんと考えてみませんか? 貯蓄を作ったり、マンションを購入したりといった資金を作るのも良いでしょう。稼げる時に稼いでおくのはとても大事なことです。まずは業界のNo.1サイトタクQから求人情報をチェックしてみませんか。

 

【参考】京王自動車株式会社 女性タクシードライバー求人情報

 

女性歓迎のタクシー求人ならタクQ

女性を歓迎している会社の求人を探すには、業界の専門求人サイトタクQを使うのが良いでしょう。 働きやすい環境を提供している会社もここで見つかります。夜勤が嫌だという方は、日勤のみの会社をご希望とお伝えください。
また、嬉しいことに入社祝い金を支給してくれる案件があります。(すべてではありません。)
それから、面接に要した旅費を支給してくれます。ほかに、こんなことしてくれる求人サイトはありません。 こんなに便利ですから、女性のあなたもしっかり利用させてもらいましょう。

 

【参考】タクQ 女性のタクシー求人・無料転職支援サービス

 

運転業務と天気との関係とは

タクシードライバーは運転業務を行っていく上で 常に天気を気にしていると言われています。実際に天気が変わることでタクシー業務にどのような影響が出るのかを説明します。

 

降雪したとき

例えば雪が降ってしまったと言った場合などには雪用のタイヤに交換したり、 チェーンを巻いたりする必要があるため、天気によって大変な思いをしなければならないのかと 思っている人もいるようですが、基本的に急な天候の事情で雪が降ってしまった場合などは 自分だけでチェーンを付けたりするのでは無く、会社からフォロースタッフが 駆け付けてくれますのであまり不安を感じるような事はありません。

 

【参考】ウェザーニュース HP 雨や雪の日にタクシーの売上げはどれだけUPする?

 

急な雨で客が増える

また、以前より頻繁に耳にするのは運転業務を行っていく中で お天気の良い日はあまりお客様が乗らないなどと言われているのですが、 これは以前の話になり、近年ではこうした天候による お客様の違いはほとんど無いと言われています。 ただ雨が降ったりすると当然お客様も増えますし、 収入に反映するので大きなメリットとなりますが、 雨が降っていない時でも必ずタクシーを利用すると言ったお客様もいますので、 天候に左右されて毎月の収入が大きく変わってしまうと言ったような事は無いと言われています。

 

【参考】日本気象協会 tenki.jp【公式】HP 天気・地震・台風

 

他の交通機関の影響もある

ただ電車などの公共機関に支障があった場合には、 お客様が莫大に増えるため、そうした事があった場合には 給料もその分増えるのでは無いでしょうか。 あまり頻繁にある事ではありませんし、頻繁にあっては困る事と思いますが、 タクシードライバーをしていく上で毎日、天候を気にしながら 収入に不安を感じなければならないと言った事はありませんので、 以前に比べると非常に働きやすくなったと言えます。

 

【参考】NHK HP 鉄道運行情報

 

外国人観光客が増える今こそ転職に最適

最近、日本にいながらして「ここって海外だっけ?」と思うことも多くなっているのではないでしょうか?観光地はもちろん、まったく観光要素のないようなところにも外国人観光客の姿が見られるようになりました。外国人観光客のマナーの悪さに辟易している方も多いでしょうが、その一方でこの外国人観光客の増加をひとつのビジネスチャンスと考えているところも少なくありません。実はタクシー業界においても、外国人観光客の増加というのは大きなチャンスとなっているのです。

 

観光客に便利なのはタクシー

旅行の際に電車やバスといったものを使うことは多いでしょうが、海外の電車やバスというのは自分の住んでいる国とは事情が異なるものです。日本人にとっては便利な日本の電車やバスというのは、海外の方からするとわかりにくい部分もあるかもしれません。そういった中で便利なのがタクシーです。言葉がそこまで通じなくとも、目的地さえ伝わればその目的地までタクシーが連れて行ってくれるからです。

 

【参考】国際自動車HP 定額料金で利用できる観光ガイド付きタクシー観光「東京観光タクシー」

 

確かに電車やバスと比べるとお高くはなってしまうものの、外国人観光客にしてみるとタクシーほど便利なものはないのです。だからこそ、タクシーというのは外国人観光客からの需要が高まっています。おそらく今後外国人観光客が極端に減るということはないでしょうし、増加する一方でしょう。そう考えると、よりタクシーは求められますし、タクシーを運転するタクシードライバーも必要になってくるのです。つまり、タクシードライバーに興味を持っている方であれば、今こそ転職に最適なタイミングなのです。

 

外国人旅客接遇研修もあり

実は、タクシー業界はすでに外国人観光客の接遇面をさらに強化するためにさまざまな取り組みをおこなっています。例えば、東京では「外国人旅客接遇研修」といったものがおこなわれています。東京と言えばやはり日本の中心です。さまざまなものが集まっている東京だからこそ、外国人観光客も自然と集まってくるものです。東京で働くタクシードライバーは研修の際に江東区にある「東京タクシーセンター」に訪れることになるかと思うのですが、この東京タクシーセンターでは外国人旅行客の接遇面を強化するために「外国人旅客接遇研修」という研修を実施しているのです。
研修内容も実にさまざまです。いろいろなレベルが用意されている中で、ロールプレイング実習を取り入れた研修をメインにおこなっています。外国人の習慣を学ぶというだけではなく、普段タクシードライバーが営業で使う英語や緊急時の英語での対応などを習得していきます。外国人観光客により満足してもらえるように、タクシードライバーもさまざまなものを身につけていく必要があるのです。

 

【参考】東京タクシーセンター 研修について

 

ちなみに、レベルは初級から上級まで用意されていますし、研修内容を録音することも可能となっています。実際にこの研修を受けたタクシードライバーの多くが受講後に自分自身で改めて発音などのトレーニングをおこなっていると言われています。研修費用も1受講2,700円と良心的です。申込みも直接東京タクシーセンターへ電話連絡をして予約するだけです。学習教材なども用意されているそうなので、こういったところから積極的に勉強を進めていくと他のタクシードライバーと差をつけることができるでしょう。

 

英語講習もあり

また、英語講習会を取り入れているタクシー会社もかなり増えているようです。外国人旅行客の増加を受けて、特に東京観光事業に力を入れているタクシー会社のほとんどが英語講習会などの語学研修会をおこなっています。タクシー会社によっては、英語以外にも韓国語や中国語、フランス語などができるタクシードライバーも在籍しているようです。今はどのような仕事でも語学力が求められるものですが、タクシードライバーにもその波が来ていると言えるでしょう。

 

タクシー会社によっては語学力のレベルごとに配車先を振り分けるようなところまであり、思っている以上にタクシー会社のほうが外国人観光客を意識し、積極的に取り組みをおこなっているのです。言うまでもありませんが、やはり外国人観光客に対する取り組みを積極的におこなっているタクシー会社に入社すれば、研修や講座などには積極的に参加することになるでしょう。

 

【参考】 国際自動車(kmタクシー)求人採用サイト 【動画講義付き】タクシードライバーの英会話勉強会に潜入!「渋谷まで」と外国人のお客さまに言われたら、英語で何と答える!?

 

最大手「日本交通」も英語に注力

タクシー会社として有名なのが「日本交通」なのですが、やはり日本交通も外国人観光客向けの取り組みにはかなり力を入れているようです。特に、東京観光事業にはもっとも力を入れているタクシー会社といっても過言ではありません。例えば、1ヶ月のロンドン留学研修といったものはもちろん、独自のテキストを使った毎月2回の英語講習会などタクシードライバーの語学力の強化に積極的なのです。

 

【参考】ハイヤー業界シェアNo1の日本交通 英語・外国語対応

 

こういった研修や講習会だけではなく、外国人観光客を含めて多くの方がよりタクシーを利用してくれるような活動にも力を入れています。東京観光に関しては株式会社ぐるなびと提携して、旅情報誌「ぐるたび」内に特設ページを設置しています。ご存知の方も多いでしょうが、ぐるたびというのは旅先のグルメ体験や旅の楽しい情報を発信するサイトで、日本交通の特設ページが用意されています。そこでは東京観光ドライバーがタクシードライバーならではの観光スポットを紹介してくれています。

 

【参考】ぐるたび

 

正直なところ、今の日本は来るもの拒まずの状態です。外国人観光客が来るならいくらでも来てくださいというスタンスですし、実際に日本の主要な観光地では当たり前のように外国語での表記がなされています。タイミング的にも今から外国人観光客をターゲットにしたスキルというものを身につけておく必要があるのです。

 

外国人への対応が重要

すでにタクシードライバーとして働いているという方はもちろん、今からタクシードライバーを目指そうとしているという方もお客様のニーズに合わせた接遇が必要になってきます。日本人のお客様は当たり前で、今後は外国人観光客のお客様のことも考慮しなければいけません。日本のタクシーというのは、外国人観光客から評判がいいと言われています。実際に日本のタクシーだからこそできるサービスもあるでしょう。

 

【参考】日本交通EDS 東京観光タクシー

 

 

外国人観光客で盛り上がります

もともと日本の接客に関しては外国人観光客も期待を持っているのです。そういった部分もタクシーの利用につながってくるでしょう。ひとりひとりのタクシードライバーが外国人観光客を意識し、満足してもらえるようなサービスを提供することによって日本のタクシー業界はよりいっそう盛り上がっていくことになるのです。語学力を身につけて自分の売り上げをアップさせるのはもちろんですが、そういったところがタクシー業界全体の底上げをすることにもつながってくるのです。

 

タクシードライバーということで長く働くつもりの方がほとんどでしょうから、今だけに注目するのではなくもっと先を見据えて語学力も早めに身につけておきましょう。「タクQ」のようなタクシー転職サイトであれば、そのあたりの相談にも乗ってくれるでしょうし、アドバイスもしてくれるでしょう。積極的に活用していきたいところです。

 

【参考】内閣府 今後のインバウンド需要拡大への展望

 

タクシー運転手の運転技術はどれくらいなのか

タクシードライバーは安全運転も必要ですが、運転技術も必要でしょう。 お客様の中には、どうしても時間に間に合わせたい方も居ます。 勿論交通マナーの範囲内ですが、急いで運転をしなければいけない場合もあるでしょう。 そんな時に、希望の時間通りに目的地へ届けてくれると、とても心強いですよね。 お客様の為にも、ある程度の運転テクニックは身に付けましょう。

 

仕事とともに技術が上がる

タクシードライバーは勤務時間の殆どを車内で過ごします。 車を走行し、様々な道を走り、お客様を探しているのです。 運転しているだけでも通常以上の運転技術は身につくでしょう。 仕事中が仕事の練習時間にもなる仕事なのです。

 

空いた時間には抜け道等の探索を行っても良いのでは無いでしょうか。 通常通りの道を通っても良いですが、いざと言う時の抜け道を知っておくと タクシードライバーとしての技術向上にも繋がります。勤務時間中は暇な時間も多いでしょう。 ただ、お客様の居る可能性の有る道を走るだけよりは、 勤務中に沢山の勉強を行う事も充実した時間を過ごす為には必要でしょう。

 

【参考記事】 工夫次第の仕事

 

今はなくても問題なし

運転テクニックは勤務中に身につく物です。 1日の殆どを運転時間に費やすので1か月もすれば 通常以上の技術は身に付ける事が出来るでしょう。

 

狭い道でも、運転が大変な道でも、 日々重ねているタクシー運転手でしたら造作なく出来るのでしょう。運転技術は自然と身につく物なのです。

大手タクシー会社はしっかりと研修をやってくれるから心配いりません!

 

【参考】国際自動車株式会社HP ドライバーについて | 人財教育

 

タクQをご利用ください

 

 

本気で、転職をお考えの方はタクQをご利用ください。
タクQでは、高歩合、最低給与保障、寮完備などご希望の条件にあった会社を紹介してくれます。 フリーダイヤルやメール・LINEで相談でき、どんなことでも相談に乗ってくれます。 仕事に対する不安や質問などなんでも聞いてよいでしょう。親身になってすべてこたえてくれますで。

 

まずは使ってみよう!

【タクQ】タクシー転職相談のご案内【無料】LINEも対応

 

うれしい入社祝い金

また、入社する会社によってはうれしい入社祝い金を支給してくれます。使い道は自由です。お好きなように使うことができます。10万円や20万円ももらえるのでとてもうれしいですね! 面接に行く場合には旅費の支給もあります。こちらも利用して、転職、就職活動の負担を減らすことができます。すごく親身になって応援してくれるので、人気のようです。

 

入社祝い金について確認しよう

【タクQ】タクシー求人の入社祝い金について

▲ ページTOP