タクシー運転手は「地理試験」の合格が必須です 東京都・大阪・神奈川

タクシー運転手としての登竜門

タクシー運転手には地理試験が必要な場合があります。東京の特定指定地域と大阪府、神奈川県内でタクシー運転手を行う場合に必要になる物です。特定指定地域というのは、23区と武蔵野市、三鷹市です。 東京、大阪、神奈川は必要量も多く、道路も混み合い運転が難しい地域とされています。 他の地域では必要のない地理試験が必要になってしまうのです。 内容は、道路に関する事、地名の読み方等、署名建造物について、公園、名所、旧跡等の質問、鉄道駅の所在等の筆記試験です。 問題数は40問あり32問以上正解での合格となります。 正解率が80パーセント以上ですが、そこまで難しい試験でも無いです。 それぞれ地域のタクシーセンターで受ける事ができます。

 

地理試験は基本的にマークシートで行う事ができます。 マークシート方式なら感で当てる事が出来ると考える方も居るでしょう。 しかし、意外に難しい問題も紛れているのです。 勉強をせずに受験をすると、不合格に成る方も多いでしょう。 実際に受ける場合は、事前にしっかりと勉強をして置く事が大切です。

 

また、試験を合格する為ではなくタクシー運転手になる為に勉強をする事です。 人の多い地域だと、様々な地域へ運転の要請をされるでしょう。 しっかりと道路について知っておく事が要求されるでしょう。 地理試験に合格する為だけでは無くプロとして働く為にしっかりと勉強をしておきましょう。

 

仕事探しに「タクQ」


「業界最大の入社祝い金」合計で40万円!

タクシー求人サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。