タクシー運転手の一日の仕事の流れとは

タクシー運転手業務の仕事の流れについて

タクシー運転手は1日の流れが決まっています。 しっかりと流れを把握しつつ、仕事を行っていきましょう。 タクシー運転手の一日は、アルコール検査から始まります。 出社したら、まずは社内でアルコール検査です。 アルコールが検出された場合はその日は仕事を行う事が出来ません。 前日の飲酒量、飲酒時間には気を付けましょう。

 

次の車の点検を行います。 車に不備が有れば、お客様を乗せている途中で何か起こってしまう可能性もあるのです。 しっかりと点検をする事が、安全とサービス向上に繋がるのです。 しっかりと車両点検を行ったらまずは朝の声出しを行い出発します。 朝はおはようございます、ありがとうございます等接客に必要な挨拶で声だしを行います。 出社してからは基本的には自由にお客様を探します。 時間帯によってお客様の層も良くお客様が待っている場所も違うでしょう。 自分なりに良いルートを考えて回る様にしましょう。 合間に昼食や休憩をはさみつつ仕事をします。 決まった休憩時間、昼食時間が無く仕事の合間に自由に摂る事がタクシー運転手の特徴なのです。 勤務時間が終わったら会社に戻り入金をします。 タクシー運転手として稼いだ現金を会社に入金をするのです。

 

最後に車を洗車して終わりです。 常に綺麗な車にして置く事が大切な仕事なのです。 汚れている車には余り乗りたくありませんよね。 しっかりと綺麗にして置く事が、タクシー運転手には欠かせない事なのです。

 

タクシーの仕事探すなら「タクQ」


「業界最大級の入社祝い金」合計で40万円!

タクシー求人サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。