タクシー運転手として仕事するのに必要な資格「二種免許」

実際にタクシー運転手として必要な資格とは

タクシー運転手になる為に必要な資格は第二種自動車免許です
しかし、この第二種運転免許はタクシー運転手として採用された後でも取得する事が出来ます。 その場合は、取得を職場がサポートしてくれる事が多いのです。 タクシー運転手になりたいと思った場合は、通常の第一種自動車免許のみで良いでしょう。

 

他になにも必要無く、経歴が無くても採用され易いのがタクシー運転手の特徴なのです。 資格も経験も無いと言う方にはとても働き始めやすい環境だと思います。

 

地域によっては、地理試験に合格する事も必要になってきます。 東京、大阪、神奈川の一部では、この地理試験に合格しなければ タクシー運転手として働く事が出来ません。 しかし、この地理試験も採用された後に受ける事が出来る物なのです。 地理試験は言葉の通り地理についての試験です。 東京、大阪、神奈川は地理が複雑で様々な地名があります。 沢山の土地へ運転する事になるでしょう。 この地理試験に合格しなければタクシー運転手として働く事が出来ません。

 

勿論他の地域ではこの様な地理試験は必要無く、 第一種、第二種の免許さえ持っていれば働く事が出来るでしょう。 最近は業務の経験が無ければ働く事の出来ない職場も増えました。 しかし、タクシー運転手は資格を持っていない方にも働き易い環境なのでは無いでしょうか。 運転免許さえ持っていれば、後は入社した後に会社側がサポートをしてくれるのです。

 

タクシーの仕事探すなら「タクQ」


「業界最大級の入社祝い金」合計で40万円!

タクシー求人サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。