運転業務と天気 はじめてのタクシー転職ガイド

タクシー運転手の運転業務と天気との関係についてご案内します

タクシードライバーは運転業務を行っていく上で 常に天気を気にしていると言われています。

 

例えば雪が降ってしまったと言った場合などには雪用のタイヤに交換したり、 チェーンを巻いたりする必要があるため、天気によって大変な思いをしなければならないのかと 思っている人もいるようですが、基本的に急な天候の事情で雪が降ってしまった場合などは 自分だけでチェーンを付けたりするのでは無く、会社からフォロースタッフが 駆け付けてくれますのであまり不安を感じるような事はありません。

 

また、以前より頻繁に耳にするのは運転業務を行っていく中で お天気の良い日はあまりお客様が乗らないなどと言われているのですが、 これは以前の話になり、近年ではこうした天候による お客様の違いはほとんど無いと言われています。 ただ雨が降ったりすると当然お客様も増えますし、 収入に反映するので大きなメリットとなりますが、 雨が降っていない時でも必ずタクシーを利用すると言ったお客様もいますので、 天候に左右されて毎月の収入が大きく変わってしまうと言ったような事は無いと言われています。

 

ただ電車などの公共機関に支障があった場合には、 お客様が莫大に増えるため、そうした事があった場合には 給料もその分増えるのでは無いでしょうか。 あまり頻繁にある事ではありませんし、頻繁にあっては困る事と思いますが、 タクシードライバーをしていく上で毎日、天候を気にしながら 収入に不安を感じなければならないと言った事はありませんので、 以前に比べると非常に働きやすくなったと言えます。

 

タクシーの仕事探すなら「タクQ」


「業界最大級の入社祝い金」合計で40万円!

タクシー求人サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。