最終更新日 2021年3月8日

監修・著者 株式会社しごとウェブ 佐藤 哲津斗

 

タクシー運転手の勤務体系「隔勤」

タクシー運転手には様々な労働時間帯があります。 基本的には3パターンあり、大まかに時間帯が決められているのです。 その中でも隔勤とは21時間通しで1日中運転をする事なのです。 実はタクシー運転手の中では一番多い勤務と言われているのです。 21時間労働はとても大変だとお思いでしょう。 しかし、意外に自由時間も多く、暇な時間も多い仕事なのです。

 

隔勤となると、朝の7時前には仕事を始める事が多いです。 仕事を始めると行っても、営業車両を運転する前に様々な事を行う必要が有ります。 アルコールチェックをし、車の点検を行い、となると、6時頃には職場についている必要が有ります。 タクシー運転手としての仕事を始めるとまずは様々な営業所に向かったり適当に車を走らせます。 朝は通勤に向かうために使う事も多いのです。 駅前等の待合所で待機させている方も多いでしょう。

 

日中はそのまま待合場での待機や道路での走行を繰り返します。 合間に昼食や夕食を取るのです。 ご飯はコンビニで購入すると言う方が多いでしょう。

 

その後は夜の仕事になります。 隔勤となると、深夜3時までの勤務になるでしょう。 しかし、終電後は終電を逃した方が利用するので一番忙しい時間帯かも知れませんね。 3時頃仕事を終えて、職場に帰り、洗車等を終えて一日の業務が終了します。

 

タクQ


なんでもお気軽にご相談ください!

【タクQ】無料転職相談
●お電話:0120-5693-15 営業時間:平日9時から20時・土日9時から18時
●メール:相談フォーム
●LINE:友達追加

 

運営会社:株式会社しごとウェブ
〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷3丁目28番2号
TEL・FAX 03-5429-0603 / 03-5429-0604
【有料職業紹介事業】厚生労働大臣許可 13-ユ-306679

▲ ページTOP