タクシー運転手の勤務「夜日勤」について解説 転職する際にチェック

勤務体系のタクシー運転手で夜日勤とは

タクシー運転手は様々な時間帯勤務があります。 パターンとしては、昼日勤、隔勤、夜日勤の3パターンが多いでしょう。 これは大まかに決められている物ですが、多くの方は隔勤で働いている様です。

 

夜日勤と言う物は、言葉の通り夜に働く事です。 実は夜はタクシー運転手としてとても働き易い時間帯なのです。

 

夜になると電車も動いていない事も多いですよね。 タクシー運転手の勤務は深夜まで続きます。 深夜になると、駅のホーム等には 最終電車に乗る事が出来なかった人が多くいるでしょう。 その様な方々を自宅まで乗せる事がタクシー運転手の役目です。

 

自宅までなので、遠い距離を走行する方も多いでしょう。 また、夜なので夜間料金で3割増しになっています。 夜は運転手にとって一番働き易い時間帯なのです。 日中は暇な事が多いですが、終電過ぎ位の時間帯になると利用する方も増えています。 その分、駅前の乗合所には沢山の待合タクシーが駐屯しています。 しっかりと順番を守ってお客様を待ちましょう。

 

この乗合所で乗せるお客様は運が多いのです。運転手としては、出来るだけ長距離のお客様を乗せたいですよね。 1メーターや1000円未満だととして余り利益が出ないのです。 この様な部分は運に左右される事が多いでしょう。

 

深夜はお客様がつかまり易い時間帯です。 夜日勤は稼ぎやすくて昼日勤よりも良いと言う タクシー運転手も多いのでは無いでしょうか。

 

タクシーの仕事探すなら「タクQ」


「業界最大級の入社祝い金」合計で40万円!

タクシー求人サイト「タクQ」の無料転職相談ダイヤル0120-5963-15へお気軽にご相談ください。ご希望の条件にあったタクシー会社の求人をご案内します。

タクQについてわかりやすく説明している動画です。こちらをご覧ください。
※現在、入社祝い金は最大で合計40万円です。